LINEで送る
Pocket

ASUSの Windowsタブレット・VivoTab 8 の新モデル『VivoTab 8 (M81C)』が、2014年10月18日より発売されます。カラーは「ブラック」と「ホワイト」の2種類です。


VivoTab 8 (M81C・ブラック)


VivoTab 8 (M81C・ホワイト)

新モデルの『VivoTab 8(M81C)』は、インテル Atom プロセッサー Z3745 を搭載し処理性能がアップしています。OSには、Windows 8.1 with Bing 32ビットを採用することで、前モデル「VivoTab 8 (M80TA)」よりも発売時の価格を抑えています。
前モデルの発売当時の市場価格は約5万円でしたが、新モデルの発売前予約価格は「ASUS Shop」で 36,990円。かなりお安くなった印象があります。

主なスペックについて前モデルと比較してみました。

スペックVivoTab 8 (M80TA)VivoTab 8 (M81C) ← New
CPUインテル Atom プロセッサー Z3740インテル Atom プロセッサー Z3745
OSWindows 8.1 32ビットWindows 8.1 with Bing 32ビット
ディスプレイ8型ワイドTFTカラータッチスクリーンIPS液晶
(LEDバックライト)
8型ワイドTFTカラータッチスクリーンIPS液晶
(LEDバックライト)
解像度1,280×800ドット(WXGA)1,280×800ドット(WXGA)
グラフィックインテル HD グラフィックス(CPU内蔵)インテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
メモリ2GB2GB
ストレージ64GB32GB
Webカメラ126万画素Webカメラ内蔵(インカメラ)
500万画素Webカメラ内蔵(アウトカメラ)
200万画素Webカメラ内蔵(インカメラ)
200万画素Webカメラ内蔵(アウトカメラ)
サウンドインテル ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
ステレオスピーカー内蔵
インテル ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
スピーカー内蔵(1.5W×2)
サイズ幅220.9mm×奥行133.8mm×高さ10.95mm幅211.7mm×奥行124.9mm×高さ8.8mm
重さ約380g約330g
バッテリー
駆動時間
約11.8時間
JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver1.0)
約8.3時間
JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)
OfficeMicrosoft Office Home and Business 2013Microsoft Office Home and Business 2013
無線LANIEEE802.11a/b/g/nIEEE802.11a/b/g/n
BluetoothBluetooth 4.0Bluetooth 4.0

*背景色が黄色の部分はスペックが異なる部分です。

スペック項目で異なる部分を少し詳しく見てみます。

まず、CPU はグラフィックスの周波数がアップしているのでディスプレイのスムーズな描画が期待できます。

次がOS。「Windows 8.1 with Bing」を採用することで、OSの価格を安くおさえていますが、OS の機能としては「Windows 8.1」とほとんど変わりはありません。

ストレージの容量が半分になってしまいましたね。これは少し残念な点だと思います。使い方を工夫すれば、32GB + microSDカードで対応はできるとは思いますが、SDカードを利用するときは高速転送ができるカードを使用した方が良いです。

Webカメラのスペックは微妙ですね。正面のカメラの解像度を上げて、背面カメラの解像度を下げています。ビデオチャットなどでカメラを利用するときには良いかもしれませんが、ネット上の混雑状況によって解像度を落としてチャットした場合には、解像度を上げた効果が薄くなるかもしれませんね。

サウンドについて、新モデルの表記が「1.5W×2」となっているのは、おそらくステレオスピーカー内蔵という意味だと思います。(たぶん・・・)

そして、一番のポイントが、サイズは薄く小さくなり、重さも50gも軽くなった点です。これはかなりの驚きです。

最後のバッテリー駆動時間の比較は微妙ですね。測定法のバージョンが異なっているので・・・。「Ver2.0」は実際の使い方に近い測定方法です。「Ver1.0」の測定方法の場合、実使用レベルに換算すると7,8割程度ですから、バッテリーの性能はほぼ同じとみてよいと思います。

あと、新モデルのスペック表には、前モデルでウリのひとつだった「スタイラスペン」の記載がありません。「スタイラスペン」を期待するユーザーさんは、よくよく確認した方がよさそうです。

こうしてみてみると、新モデルの『VivoTab 8 (M81C)』は、前モデルを実使用に近いレベルにスペックを調整し、かつコストダウンによって低価格を実現したモデルといえそうです。

⇒『VivoTab 8 (M81C) 』詳細はコチラ

 

LINEで送る
Pocket