LINEで送る
Pocket

日本HPの直販サイト「HP Directplusicon」には、2015年夏モデル『HP ENVY 750-080jp/CT』がラインナップしています。

HP ENVY 750-080jp/CT

HP ENVY 750-080jp/CTicon』は、HPのデスクトップPCのなかでハイエンドのカテゴリーにラインナップする高性能なタワー型PCです。

これまでのHPのデスクトップは、どこかゴツイ・無骨なイメージでしたが、今回の新型モデルではデザインが一新されました。

マテリアルにもこだわったデザインで、素材にはアルミニウムがふんだんに使われており、質感を高めたアルミニウムのライトシルバーでヘアライン加工が施されています。まさにインテリアにもなじむ、上質なデザインだと思います。

性能的にも、ハイエンドモデルの名のとおり、高いスペックで構成されています。

『HP ENVY 750-080jp/CT』には、「東京生産カスタムモデル」と「東京生産鉄板モデル」、2つのモデルがラインナップ。

そのなかで標準構成となる「東京生産カスタムモデル」の基本スペックを見てみると、OS Windows 8.1 64ビット、CPU インテル Core i5 -4590 プロセッサー、メモリ 4GB、ストレージ 1TB HDDで、光学ドライブに DVDスーパーマルチドライブを内蔵しています。

光学ドライブはセンターラインに配置光学ドライブはセンターラインに配置

しかも、高性能グラフィックス「NVIDIA GeForce GTX 730」を搭載しているので、グラフィック処理にスグレ、素早い動きの映像も滑らかに再生してくれます。本体にはモニターは付属していませんが、フルHDのモニターをつなげば、その滑らかな映像が体感できると思います。

また、高性能グラフィックスを搭載していれば、これまでCPUが処理してきたグラフィック処理の負荷が低減されるので、システム全体としてのパフォーマンス・アップが期待できます。

『HP ENVY 750-080jp/CT』は高い基本スペックとパフォーマンスを持っており、高い拡張性でフルカスタマイズが可能です。CPUやメモリをアップグレードしたり、ストレージの容量を増やしたりすることもできます。これらのスペック構成は自分の好みに合わせて、さらに高いレベルにカスタマイズすることができるので、まさに好みに合った自分仕様のハイ・パワーなマシンに仕上げることができます。

たとえば、高速データ転送ができるSSDと大容量のデータを保存できるHDDをデュアルに搭載することで、SSDに Windowsやアプリをセットアップするシステムドライブを割り当て、HDDをデータやファイル保存用のドライブとして割り当てておけば、Windowsやアプリの起動を高速化できますし、写真や動画などサイズの大きいデータやファイルをHDDに保存しておくことができます。ストレージとして、高速&大容量の2つを備えた、効率の良い使い方にカスタマイズすることができるわけです。

また、『HP ENVY 750-080jp/CT』は、実装設計でも、効率性や使い勝手の面から見直しが図られているようです。

ひとつは、排熱機構。
吸気孔が大型化され、エアフロー(筺体内部の空気の流れ)を最適化し、効率の良く排熱してくれます。電源ユニットやCPUなどからの発せられた熱を、エアフローから最適化することで効率よく排熱し、ファンの回転数を抑えるなど、静音性にもつなげています。

もうひとつが、メディアカードリーダーやUSBなどの実装箇所で、普段からよく使われるインターフェースを本体上部に集中配置しています。タワー型PCの設置場所の多くは床面であることを考慮しての実装設計だそうです。

インターフェースを本体上部に集中配置インターフェースを本体上部に集中配置

サウンドシステムにも、かなりのこだわりが入っています。
『HP ENVY 750-080jp/CT』には、「Bang & Olufsen(バング&オルフセン)」との提携により「B&O Play」オーディオが搭載されています。「Bang & Olufsen」は、90年の歴史をもつ、デンマークのプレミアムオーディオの老舗メーカーです。

HPとBang & Olufsenが共同で上質なオーディオ追及し、このモデルに適したサウンドがチューニングされているので、PCとは思えないようなサウンドの体感が期待できそうです。

この『HP ENVY 750-080jp/CT』、インテリアにもなじむ上質な新デザインで高いパフォーマンスと拡張性がある高性能デスクトップです。

東京生産なので、品質面での安心度が高く、そして、国内配送なので、注文から届けられるまでの期間も短いということもメリットだと思います。

 

■『HP ENVY 750-080jp/CT』初期構成スペック&価格

項目 東京生産カスタムモデル 東京生産鉄板モデル
OS Windows 8.1 Update (64bit)
CPU インテル Core i5 -4590 プロセッサー インテル Core i7 -4790 プロセッサー
メモリ 4GB (4GB×1) 16GB (8GB×2)
ストレージ 1TB HDD (SATA, 7200回転) 2TB HDD (SATA, 7200回転)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)
モニター なし(カスタマイズ可)
グラフィックス NVIDIA GeForce GT 730 (4GB / DDR3) NVIDIA GeForce GTX 960 (2GB / GDDR5)
ワイヤレス なし(カスタマイズ可)
本体サイズ(W×D×H) 約165×405×401mm (縦置き)
本体質量 約9.4kg
Office なし(カスタマイズ可)
価格(税抜) 89,800円~ 129,800円~

*フルカスタマイズ可能です。
*価格は 2015年6月8日時点。

⇒『HP ENVY 750-080jp/CT』詳細はコチラ
icon

 

LINEで送る
Pocket