LINEで送る
Pocket

キャンペーン情報
⇒ 秋の駆け込みキャンペーン
icon『HP Slimline 260-p010jp』が通常より4,100円オフ! 45,700円(税抜)~
さらにオフィスのアップグレードが半額!モニターが半額!

日本HPの直販サイト「HP Directplusicon」に、スリムデザインのデスクトップPC『HP Slimline 260』が新登場!

HP Slimline 260icon』は、「HP Slimline 450-120jp」の後継となるモデルで、基本性能がシッカリおさられた、仕事からプライベートまで快適な動作が期待できるスリムPCです。

新モデル『HP Slimline 260』の特徴などをメモしておきます。

なお、本サイトでは『HP Slimline 260-p050jp』 の実機レビューを実施しています。レビュー詳細については、こちらの記事をご覧ください。
⇒ 『HP Slimline 260-p050jp』レビュー

HP Slimline 450-120jp/CTHP Slimline 260 と HP 24er 23.8インチ モニター

 

主要スペック&価格

『HP Slimline 260』には、「260-p010jp ベーシックモデル」「260-p030jp エントリーモデル」「260-p050jp スタンダードモデル」、3つのモデルがラインナップ。

それぞれのモデルの主要スペック&価格は、次のようになります。

モデル 260-p010jp
ベーシック
260-p030jp
エントリー
260-p050jp
スタンダード
OS Windows 10 Home (64bit)
CPU インテル Celeron プロセッサー G3900T インテル Core i3-6100T プロセッサー インテル Core i5-6400T プロセッサー
メモリ 標準 4GB(4GB×1) / 最大 16GB、仕様 PC4-17000 (2133MHz)
※カスタマイズ可
■12GB(4GB×1 + 8GB×1)
ストレージ 500GB ハードドライブ (SATA, 7200回転) 1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)
モニター なし
※カスタマイズ可
■HP 22er 21.5インチ モニター
■HP 23er 23インチ モニター
■HP 24er 23.8インチ モニター
■HP 27er 27インチ モニター
■【2画面セット】HP 22er 21.5インチ 非光沢モニター ×2
■【2画面セット】HP 23er 23インチ 非光沢モニター ×2
グラフィックス インテル HD グラフィックス 510 インテル HD グラフィックス 530
ネットワーク 10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
ワイヤレス IEEE 802.11b/g/n 、 Bluetooth 4.0
キーボード & マウス USB日本語(109A)キーボード (コンパクトタイプ) & USB光学スクロールマウス
拡張スロット PCI Express x16×1スロット(空1)、M.2×1スロット(空0)
※実装するカードの奥行き、高さに制限があります。
インターフェース ■前面
USB2.0×2、メディアカードリーダー×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
■背面
USB3.0×2、USB2.0×2、マイク入力×1、ライン入力×1、ライン出力×1、アナログRGBミニD-sub15ピン×1、HDMI×1、セキュリティロックケーブル用ホール、セキュリティループ用ホール
本体サイズ(W×D×H) 約100×325×335mm (縦置き)
本体質量 約4.0 kg
Office なし
※カスタマイズ可
■Office Personal Premium プラス Office 365 サービス
■Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス
■オフィス互換ソフト KINGSOFT Office2016 Standard (ダウンロード版)
価格(税抜) 49,800円~ 62,800円~ 69,800円~

※価格は 2016年6月29日時点。

各モデルの大きな違いは CPU の性能で、使い方や予算に合わせての選択となります。

CPU のパワーの違いがありますが、全体的にはバランスよく仕上げられている印象です。

メモリの標準搭載量が 4GB なので、写真や動画のようなメモリを多く使用するソフトや、複数のアプリをたくさん並行して動かすようなマルチタスク環境で使うときは、
カスタマイズでメモリ容量をアップしておくことをおススメします。

自分でメモリ増設するのもアリだと思います。(ただし自己責任で)

また、光学ドライブには DVDスーパーマルチドライブが搭載されていますが、ブルーレイディスクドライブを使うなら、市販の外付けドライブを利用するのもアリです。5,000円 ~ 10,000円くらいの価格で、ほかのパソコンでも使いまわしができるメリットもあります。

 

ここがおすすめ!

『HP Slimline 260』のおすすめのポイントです。

最新 CPU 搭載

『HP Slimline 260』には、最新の第6世代(Skylake世代)の CPU が搭載されています。

Skylake世代の Core プロセッサー は、Windows 10 向けに最適化された CPU で、性能もアップし消費電力も低減されています。

ただ、ベーシックモデルの CPU は、Celeron プロセッサーですが、こちらも第6世代(Skylake世代)のプロセッサーなので、従来の Celeron プロセッサーより性能のアップが期待できます。

また、メモリも最新の DDR4 を採用。

「DDR4」はメモリへのデータ転送速度が さらに高速になっており、写真や動画の編集などメモリを多く使用するようなソフトを使うときに、その効果が期待できます。

スリムデザイン

『HP Slimline 260』のサイズは、横幅が約 10cm のスリムなデザイン。

高さが 約1.6cm 高くはなっていますが、奥行きは 従来モデル「HP Slimline 450-120jp」よりも 約7cmもコンパクトになりスッキリと置くことができます。

dts サウンドも楽しめる

『HP Slimline 260』には、映画のデジタル音響システムで利用される「dts」の dts Sound+ テクノロジが搭載されています。

スピーカーは搭載されていませんが、スピーカーをつなげることで、臨場感ある dts サウンドを楽しむことができそうです。

使い勝手も考慮された拡張性

USBポート 6ポートで周辺機器を増設したり、拡張スロットでアップグレードしたり、システム全体の拡張も可能です。

拡張スロットは、従来モデル「HP Slimline 450-120jp」にくらべ、PCI Express x1、PCI Express Mini Card の各スロットがなくなっていますが、必要最低限に絞り込まれた印象です。

また、USBポートやカードリーダー、ヘッドフォン端子などを前面のセンターラインに実装。従来モデルを継承し使い勝手も考慮されています。

 

++++++++++

 

『HP Slimline 260』は、基本性能をシッカリ搭載したスリムデザインのデスクトップPC。場所を取らずスッキリと置くことができ、仕事からプライベートまで快適に楽しめるモデルです。

詳細は、日本HPの直販サイト「HP Directplus」でチェックしてみてください。

 

HP Directplus 公式サイト
⇒ 『HP Slimline 260』 製品詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket