LINEで送る
Pocket

セール・キャンペーン情報
⇒選べるイチオシキャンペーン
icon『HP Spectre x360』が通常より 最大11,800円オフ!
3年マカフィーセットモデルやオプションもお買い得です。
【2017/5/25(木)まで】
パフォーマンスモデルの販売が再開されました!(2017/05/19)

日本HPの直販サイト「HP Directplus」に、プレミアムノート『HP Spectre x360』の新モデルがラインナップしています!

HP Spectre x360』は、ディスプレイ面を360度回転させることで、ノートパソコンとしてもタブレットとしてもスタイル自在に使える 2in1 モバイルノートです。

新しくなった『HP Spectre x360』は性能とデザインが進化!

最新CPU 第7世代インテル Core プロセッサーの搭載にくわえ、狭額ベゼルを採用し、性能・デザインともに進化したモデルです。

ここでは、新しくなった『HP Spectre x360』の特徴をメモしておきます。

なお、本サイトでは『HP Spectre x360』パフォーマンスモデルとベーシックモデルの実機レビューを実施しています。レビュー詳細はこちらの記事をご覧ください。
⇒ HP Spectre x360 実機レビュー

HP Spectre x360HP Spectre x360

 

主要スペック&価格

『HP Spectre x360』には、「ベーシックモデル」「スタンダードモデル」「パフォーマンスモデル」 3つのモデルがラインナップ。

本体カラーは「アッシュブラック」と「ナチュラルシルバー」の 2カラーから選べます。

それぞれのモデルの主要スペック&価格です。

モデル ベーシック スタンダード パフォーマンス
OS Windows 10 Home (64bit)
CPU 第7世代インテル Core i5-7200U プロセッサー 第7世代インテル Core i7-7500U プロセッサー
メモリ 8GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM) 16GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2) 512GB SSD (PCIe NVMe M.2) 1TB SSD (PCIe NVMe M.2)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080 / 最大1677万色 / 300nits / 166ppi) 13.3インチワイド・UHD(4K)ブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (3840×2160 / 最大1677万色 / 340nits / 331ppi)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 620 (CPU に内蔵)
ワイヤレス IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
Webカメラ HP TrueVision フルHD Webcam (約200万画素) / IR カメラ、内蔵デュアルマイク
インターフェース USB3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能対応)、USB Type-C 3.1 Gen2 ×2 (Thunderbolt 3 対応、電源オフUSBチャージ機能対応 )、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
アクティブペン なし 同梱
バッテリー駆動時間 約15時間 (MobileMark 2014にて計測) 約9時間 (MobileMark 2014にて計測)
本体カラー アッシュブラック / ナチュラルシルバー
本体サイズ(W×D×H) 約 307×219×13.9(最薄部)-14.9(最厚部)mm
本体質量 約 1.31 kg
Office なし(カスタマイズ可)
主な添付品 専用スリーブケース、速効!HPパソコンナビ特別版、スマートACアダプター、電源コード、ダックヘッド(コンセント直付け用)、保証書等
通常価格(税抜) 139,800円~ 159,800円~ 179,800円~

※価格は 2017年3月6日時点。

新モデルの『HP Spectre x360』は、最新 CPU の第7世代インテル Core プロセッサーの搭載により性能がアップし、狭額ベゼルの採用によりコンパクト化されています。

HP Spectre x360 スタンドスタイルとノートパソコンスタイル

 

おすすめのポイント

『HP Spectre x360』のおすすめのポイントです。

進化した性能

新モデルの『HP Spectre x360』は、コンピューターの頭脳ともいえる CPU に最新の第7世代インテル Core プロセッサーを搭載。

第7世代インテル Core プロセッサー(開発コード:Kaby Lake カビーレイク)は、ビデオエンジンに改良がくわえられており、5年前のPCと比較すると、一般的な処理は1.7倍速く、4K動画の編集と共有処理で 8.6倍高速化し、HD画質でゲームをプレイする場合も 3倍も高速なパフォーマンスを実現しています。

おもに画像処理系が進化していることで、映像も より快適なパフォーマンスで楽しむことができそうです。

ただ、メモリには従来の「LPDDR3」規格が採用されているのは少し残念なところですが、従来モデルよりもメモリの動作周波数が 1600MHz → 1866MHz へアップしています。メモリ内でデータを処理するタイミング(周期)が早くなるので、その分、処理能力もアップします。

最新CPU の搭載と、メモリの動作周波数のアップによって、システム全体として より快適なパフォーマンスが期待できるわけです。

進化したデザイン

新モデルの『HP Spectre x360』では、天板のロゴにはプレミアムノートの称号ともいえる「hp」のスラッシュロゴを採用。

本体カラーは「アッシュブラック」と「ナチュラルシルバー」の 2カラーがラインナップ。

HP Spectre x360 2カラーのトップカバー

デザイン的も洗練された印象で、圧倒的な所有感を得られそうです。

また、狭額ベゼルを採用により、本体サイズもコンパクトになっています。

本体サイズを前モデルと比較してみます。

■本体サイズ比較(W×D×H)
・前モデル:約326×219×15.5(最薄部)-17.0(最厚部)mm
・新モデル:約307×219×13.9(最薄部)-14.9(最厚部)mm

横幅で 約 2cm もコンパクト化されており、本体の厚みも 2mm くらい薄くなっています。

狭額ベゼルの採用により、ボディが格段にコンパクトになったことにくわえ、画面まわりがスッキリとして映像も見やすくなります。

また、質量についても、約1.45kg → 約1.31kg へと 140g もの軽量化が実現されています。

高いモバイル性

新モデルの『HP Spectre x360』は、よりコンパクトに、より軽くなったことで、モバイル性能も進化しています。

そのボディは、CNC削り出し加工により、アルミニウムの塊から削り出されて作られており、質感の高さにくわえ、たわみに強いボディに仕上げられています。

また、『HP Spectre x360』は、天面加圧試験 300kgf もクリアしているので、満員電車でも安心して持ち歩くことができる高い堅牢性も兼ね備えています。

ちなみに、単位の「kgf」は重量キログラムのことで、1kgの重さの物体から受ける重力の大きさを指します。

つまり、『HP Spectre x360』は 300kg の重さの物体が乗っても耐えられる堅牢性があるということです。

ただし、実際の使用において無故障、無破壊を保証するものではないので、大切に使いたいものです。

 

++++++++++

 

新モデルの『HP Spectre x360』、最新CPU 搭載による性能の進化にくわえ、狭額ベゼルで よりコンパクトに、より軽く、モバイル性能も進化しています。

進化した性能や高いモバイル性能にくわえ、洗練されたデザインも兼ね備えており、圧倒的な所有感を得られるモデルといえます。

詳細は、日本HPの直販サイト HP Directplus でチェックしてみてください。

 

日本HP直販「HP Directplus」公式サイト
⇒ 『HP Spectre x360』 製品詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket