LINEで送る
Pocket

レノボ直販サイト「レノボ・ショッピング」に、新モデル『ThinkPad T470s』が登場しました!

新モデルの『ThinkPad T470s』は性能が進化!

性能を進化させながらも、そのスリムなボディと軽さはシッカリと継承された 14.0型モバイルノートです。

ここでは、『ThinkPad T470s』の特徴をメモしておきます。

割引クーポンも発行されているので、14.0型サイズのノートをお探しのユーザーさんは、ぜひチェックしてみてください。

 

主要スペック&価格

『ThinkPad T470s』には、スペック構成により、ベーシックパッケージ、バリューパッケージ、ハイパフォーマンスパッケージなど、いくつかのパッケージがラインナップしていますが、
ここでは、2つのキャンペーンパッケージ「おすすめキャンペーンパッケージ」「高性能キャンペーンパッケージ」のスペックを掲載します。

パッケージ おすすめ 高性能
OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i5-7200U プロセッサー【カスタマイズ可】 インテル Core i7-7600U プロセッサー
メモリ 8GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+4GB (1スロット使用))【カスタマイズ可】 12GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+8GB (1スロット使用))【カスタマイズ可】
ストレージ 256GB SSD PCIe-NVMe (OPAL対応)【カスタマイズ可】
光学ドライブ なし
※USB対応の外付けDVDドライブやブルーレイディスクドライブが使えます。
ディスプレイ 14.0型 FHD液晶 (1920×1080 IPS 光沢なし タッチ非対応)【カスタマイズ可】
グラフィックス インテル HD グラフィックス 620
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 8260(2×2)、Bluetooth 4.1【カスタマイズ可】
Webカメラ カメラなし、マイクロフォンあり【カスタマイズ可】
キーボード 日本語キーボード (バックライト付)【カスタマイズ可】
NFC なし【カスタマイズ可】
指紋センサー なし【カスタマイズ可】 あり【カスタマイズ可】
バッテリー駆動時間 最大 約11.1時間 (JEITA 2.0)
本体サイズ(W×D×H) 約331×226.8×16.9-18.8mm (本体構成により変化します)
本体質量 約1.32kg (本体構成により変化します)
本体カラー ブラック
Office なし【カスタマイズ可】
価格(税込) 通常価格:184,680円
クーポン適用価格:142,204円
通常価格:228,960円
クーポン適用価格:176,299円

※クーポン利用で 23%オフ!
※価格およびクーポン割引率は 2017年2月15日時点。
※送料無料。

高いレベルのスペック構成で、前世代より、さらに性能が進化している印象です。

とくに、CPU には最新の第7世代インテル Core プロセッサーを、メモリには高速データ転送が可能な DDR4メモリを、そしてストレージには高速ストレージ SSD の性能をより活かしてくれる NVMe対応 SSD を搭載しています。

モバイルノートとして快適なパフォーマンスが期待できますし、本体は薄くて軽いので、持ち歩きもラクにできそうです。

 

ここがおすすめ!

『ThinkPad T470s』のおすすめのポイントです。

進化した性能

『ThinkPad T470s』は、コンピューターの頭脳ともいえる CPU に最新の第7世代インテル Core プロセッサーを搭載しています。

第7世代インテル Core プロセッサー(開発コード:Kaby Lake カビーレイク)は、ビデオエンジンに改良がくわえられており、5年前のPCと比較すると、一般的な処理は1.7倍速く、4K動画の編集と共有処理で 8.6倍高速化し、HD画質でゲームをプレイする場合も 3倍も高速なパフォーマンスを実現しています。

おもに画像処理系が進化しているので、フルHD液晶や WQHD液晶の高精細でキレイな映像を より快適なパフォーマンスで楽しむことができそうです。

また、メモリには最新規格の「DDR4」を採用。

「DDR4」はメモリへのデータ転送速度が さらに高速になっており、とくに、たくさんのメモリを使う写真・動画編集ソフトなどのアプリを動かしたときに、その効果が期待できます。

そして、ストレージは、高速ストレージ SSD を搭載。Windows や アプリの起動も高速なので、快適に使うことができます。

とくに、「おすすめキャンペーンパッケージ」や「高性能キャンペーンパッケージ」には、NVMe 対応の SSDが搭載されています。

NVMe は、SSD の読み書きの速さを活かしてくれる、より高速なデータ転送が可能なインタフェースです。

SATA接続の SSD よりも さらに高速なデータアクセスが可能なので、Windows や アプリの起動も より高速化されるわけです。

薄い、軽い、スリムボディ

『ThinkPad T470s』のボディは、最薄部で 約16.9mm、最厚部でも 約18.8mm のスリムボディです。

また、質量は 約1.32kg と、前モデルよりも 40g 軽量化されています。

外出するときのモバイルもラクにできそうです。

さらに、『ThinkPad T470s』では新開発のバッテリーを搭載しています。

長時間のモバイルするときでも、バッテリーによる駆動を確保してくれます。

高い信頼性

『ThinkPad T470s』は、ビジネスPC として、実際の使用状況を想定した厳しい品質テストをクリアしています。

落下テストや気温・気圧の変化、信号やディスプレイ部の開閉耐久性など、過酷なテストをクリアした高い品質と信頼性も兼ね備えています。

指紋認証でかんたんサインイン

『ThinkPad T470s』は、指紋センサーの搭載も可能です。

初期構成で、指紋センサーが未搭載なら、カスタマイズしておきたいところ。

指紋センサーが搭載されていれば、Windows 10 のセキュアな認証機能「Windows Hello」による指紋認証が使えます。

わずらわしいパスワード入力をしなくても指先をセンサーにスライドするだけで Windows に かんたんにサインインできます。

とくに、モバイルノートは、持ち歩くことも多く、セキュリティ対策も必要になってきます。

パスワードによる対策も良いのですが、パスワードの入力は意外とわずらわしいものです。

指紋認証なら、パスワードを入力する必要もなく すばやくサインインでき、セキュリティも確保できるメリットがあります。

入力しやすいキーボード

ThinkPad シリーズのキーボードは、入力のしやすさで定評があり、長時間のパソコン入力でも快適に使えます。

『ThinkPad T470s』にはテンキーは搭載されていませんが、フルサイズ・キーボードを搭載しています。

ゆとりのキーピッチで快適なタイピングができると思います。

管理人は、「ThinkPad X1 Carbon」や「ThinkPad E560」など、ThinkPad シリーズのノートPCをレビューしてきましたが、ThinkPad シリーズのキーボードはとにかく扱いやすいです。

 

++++++++++

 

『ThinkPad T470s』は、モバイル性に優れたスリムボディに、進化した性能を搭載した 14型モバイルノートです。

性能とクーポン適用後の価格とのバランスを鑑みても、高いレベルでコストパフォーマンスに優れたモデルといえます。

詳細は、レノボ・ジャパンの直販サイト「レノボ・ショッピング」をチェックしてみてください。

 

レノボ・ショッピング公式サイト
⇒ 『ThinkPad T470s』 製品詳細
⇒ クーポンはこちら

 

LINEで送る
Pocket