LINEで送る
Pocket

レノボ・ジャパンでは、2014年8月28日(木)までの期間限定で《決算利益還元!大特価セール》を実施中です。

さらに、『ThinkPad X240/X240s』のSSDへのアップグレードが期間限定の特別価格で利用できる大幅割引キャンペーンも同時開催しています。キャンペーンを利用することで、SSDへのアップグレードが最大3万円もおトクになります。
2014年8月28日(木)までの限定企画なので、SSDを搭載したパソコン購入を検討しているユーザーさんは早めのチェックをおススメします。
*SSDアップグレードキャンペーンは『ThinkPad X240/X240s』を対象としたキャンペーンです。


ThinkPad X240


ThinkPad X240s

『ThinkPad X240/X240s』のスペックについては、コチラの記事をご覧ください。
⇒12.5型のコンパクトなThinkPad X240/X240s!買うならどっち!?

ちなみに、SSDとは「Solid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)」の略で、イメージとしては、見た目はハードディスクドライブと似ていますが、中味はUSBメモリと同じような作りになっていてメモリチップにデータが読み書きされます。

ハードディスクが磁気を帯びた円盤にデータが読み書きされるので円盤を回すためのブーンというモータ音しますが、SSDの場合はメモリチップにデータが読み書きされるので、円盤を回すためのモータがありません。そのためSSDを搭載しているパソコンはブーンというモータ音がなく静かです。

また、ハードディスクは円盤を回しながらデータを読み書きする場所を探すのに対して、SSDはメモリチップのデータを読み書きする場所へ直接アクセスするので、動作が速くなります。

先日、モニターしたレノボのウルトラブック『ThinkPad X1 Carbon』のストレージのベンチマーク結果を見ると、その差は歴然としていました。実際に使ってみても、キビキビ、サクサク動作し、とても快適にモニターすることができました。

詳細はコチラのレビュー記事をご覧ください。
⇒【PCレビュー】レノボの高性能ウルトラブック『ThinkPad X1 Carbon』の軽さと動きの速さに驚きました!

SSDはハードディスクに比べてデータの読み書きが高速にできますが、反面、価格も高いです。

価格が高いSSDにアップグレードするには、今回のような「SSDアップグレード大幅割引キャンペーン」を利用するとおトクにカスタマイズできます。

さらに、レノボ広告限定ストアで発行している「Web広告限定Eクーポン」を利用するとカスタマイズ後の購入価格が最大20%オフになります。

SSD搭載パソコンの購入を検討しているユーザーさんは早めのチェックをおススメします。Web広告限定ストアで2014年8月28日(木)までの期間限定です。

 

LINEで送る
Pocket