LINEで送る
Pocket

マウスコンピューターの「JFシリーズicon」は、13.3型のコンパクトサイズながら操作性を重視したモバイルノートです。

その「JFシリーズ」にラインナップしている『LB-J510S-SSD』は、第5世代インテルCoreプロセッサーと高速ストレージSSDが搭載されたモデルです。

LB-J510S-SSDicon』は、「Windwos 8.1 64ビット モデル」または「Windows 7 Home Premium 64ビット モデル」から選択可能で、価格はいずれのモデルも 89,800円(税別)で、自分の使い方に合わせたカスタマイズも可能です。

icon
icon

『LB-J510S-SSD』は、コンパクトなモバイルノートで、そのサイズは幅326×奥行231×高さ23.6mm、重さは約1.4kgとなっています。折りたたみ時の厚さ(高さ)は少しあるものの、重さが 1.4kgと軽量なので、持ち歩きがラクにできると思います。

スペック的にも、CPUに最新の第5世代インテル Core i5-5200U プロセッサー、メモリ 8GB、ストレージのSSD容量が240GBとなっています。

モバイルノートとして、スペックと価格を鑑みてもコストパフォーマンスに優れた構成になっていると思いますね。

そして、ディスプレイが13.3型フルHD(1920×1080)の非光沢液晶を採用しています。映り込みが少ない非光沢液晶なので、モバイルノートとしていろいろな場所で使っても映り込みをあまり気にすることなく使うことができます。ただし、日差しが当たる場所やディスプレイの角度によっては映り込みが気になる場合もありますよ。

タッチ対応していませんが、タッチパッドがジェスチャー機能に対応しています。タッチパッド上で縦横スクロールなどの操作ができます。

ちなみに、折りたたみ時の厚さは、LANケーブル端子や、古いタイプのプロジェクターに接続するためのD-sub端子も搭載していることから、チョット厚めになったのかもしれないですね。もちろん、HDMI端子やUSB3.0/2.0ポートも搭載しています。

icon
icon

ところで、CPUに搭載している第5世代インテルCoreプロセッサーは、2015年の新モデルから各メーカーで数多く採用され始めた最新CPUです。

第5世代インテルCoreプロセッサーは、パフォーマンス・アップと省電力化を両立させ、持ち歩きの多いモバイルPCには適したCPUです。

『LB-J510S-SSD』の場合、バッテリー駆動時間は約5.6時間。JEITA測定法 2.0での駆動時間なので、モバイル・フルHDなど最近の実機に近い使用環境での測定なので、日中の外出でも電源コンセントを気にせず使える時間だと思います。

出張で移動しているときでも、ほぼバッテリーで利用できるので、移動時間を有効に活用することができます。

ただ、仕事でもよく使われているオフィスソフトは、互換ソフトの「KINGSOFT Office 2013 60日間トライアル版」です。使用期間 60日間を過ぎれば使えなくなるので、継続してオフィスソフトを利用するユーザーさんには、「Microsoft Office Premium」または「KINGSOFT Office 2013 Standard」へのカスタマイズをおススメします。

無料で使えるオフィス互換ソフト「Googleドライブ」の利用もアリだと思いますし、「KINGSOFT Office 2013 Standard」へのカスタマイズも安価にアップグレードできますが、「Microsoft Office Premium」には、このパソコンを使っているあいだは、オフィスがバージョンアップしても無料でアップグレードできるメリットがあります。オフィスソフトを搭載する際には、Microsoft Officeとの互換性や操作性などの検討をおススメします。

また、ストレージ SSD 240GBでは容量が少し少ないかも?とお考えのユーザーさんには、マイクロソフトの「OneDrive」や、グーグルの「Googleドライブ」、そして「DropBox」など無料で使えるクラウドサービスの利用をおススメします。インターネットがつながる場所ならどこからでもクラウド上に、ファイルやデータの保存・呼び出しができる便利なサービスです。

クラウドサービスの利用を予定されているユーザーさんには、無線LANのカスタマイズで「インテル Dual Band Wireless-AC 7265」へのアップグレードをおススメします。高速無線LANの規格「IEEE802.11ac」の環境ならば、無線LANでも高速にデータ転送ができるので、クラウドサービスをより快適に使うことができます。

なお、高速無線LANの規格に対応していない環境でもインターネット接続はできますし、今後、高速データ転送が可能なIEEE802.11acが主流になっていくと思います。

この『LB-J510S-SSD』、高いレベルでコストパフォーマンスに優れたスペック構成のモバイルノートです。

高いレベルでコスパの良いモバイルノートをお探しのユーザーさんは、ぜひチェックしてみてください。

 

■『LB-J510S-SSDicon』スペック&価格

OS Windows 8.1 Update 64ビット または Windows 7 Home Premium 64ビット
CPU インテル Core i5-5200U プロセッサー
メモリ 8GB (4GB×2/デュアルチャネル、空きスロットなし)、メモリ仕様:PC3-12800 DDR3L SODIMM
ストレージ SSD 240GBB Kingston V300 シリーズ
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3型 フルHD(1,920×1,080)ノングレア (LEDバックライト)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 5500
ワイヤレス IEEE 802.11 b/g/n・ Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
Webカメラ 100万画素、モノラル デジタルマイク (内蔵)
バッテリー駆動時間 約5.6時間 (JEITA測定法 2.0)
本体サイズ(W×D×H) 326×231×23.6mm
本体質量 約1.4kg
Office KINGSOFT Office 2013 60日間トライアル版(キャンペーン中)
*カスタマイズ可能。
価格(税別) 89,800円

*価格は 2015年5月18日時点。

⇒『LB-J510S-SSD』詳細はコチラ
icon

 

LINEで送る
Pocket