LINEで送る
Pocket

マウスコンピューターの「m-Book W シリーズ」は、専用グラフィックス GeForce GTX 960Mを搭載した、17.3型サイズの大画面ノートのシリーズ。

その「m-Book W シリーズ」が、最新規格のメモリ「DDR4」を搭載しリニューアルしました!

「DDR4」はメモリへのデータ転送速度が さらに高速になっており、マシン全体としてのパフォーマンスアップも期待できるメモリ規格です。

そして、ここで紹介する『MB-W870S-SH2』は、m-Book W シリーズのなかでも、高速ストレージ SSD と大容量ストレージ HDD をデュアルドライブで搭載したモデルです。

『MB-W870S-SH2』の特徴をメモしておきます。

なお、本サイトでは、前モデル「MB-W831X-SH2」の実機レビューを実施しています。レビュー詳細はこちらをご覧ください。
⇒「MB-W831X-SH2」実機レビュー

MB-W831X-SH2 の正面から撮影

 

主要スペック&価格

『MB-W870S-SH2』の主要スペックと価格です。

OS Windows 10 Home 64ビット
※ Windows 7 Professional 64ビット モデルは +5,000円
CPU 第6世代インテル Core i7-6700HQ プロセッサー
メモリ 標準 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル) / 最大 32GB (16GB×2)、仕様 PC4-17000 DDR4 SODIMM、スロット数 2 (空き 0)
ストレージ 256GB (M.2規格/SerialATAIII 接続) & HDD 1TB SerialATAII 5400rpm (SerialATAIII 接続)
※HDD は SATAIII 接続ですがデータ転送速度/機能はSATAIIとなります。
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
※ブルーレイディスクドライブへのカスタマイズも可能です。
ディスプレイ 17.3型 フルHD(1,920×1,080) ノングレア (LEDバックライト)
グラフィックス GeForce GTX 960M / インテル HD グラフィックス 530
LAN 1000Base-T/100Base-TX/10BASE-T(RJ-45)
ワイヤレス IEEE 802.11ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth V4.2 + LE 準拠モジュール (M.2)
Webカメラ 200万画素カメラ、モノラル デジタルマイク (内蔵)
バッテリー駆動時間 約 5.2 時間 (JEITA測定法 2.0)
本体サイズ(W×D×H) 413×285×31.9 mm (折り畳み時)
本体質量 約2.9 kg
Office なし(カスタマイズ可)
価格(税別) 129,800円

※価格は 2016年9月6日時点。

高いレベルのスペックでバランスよく仕上げられています。

今回のモデルでは、最新規格のメモリを採用したことにより、前モデルの「MB-W831X-SH2」にくらべ、マシン全体のパフォーマンス・アップが期待できます。

価格は、前モデルから変動はなく据え置きとなっています。

ちなみに、前モデル「MB-W831X-SH2」との違いはメモリ規格のみですが、新規格のメモリ搭載により システム全体のパフォーマンスアップが期待できる内容です。(詳細は後述します)

MB-W831X-SH2 背面から撮影

 

ここがおすすめ!

『MB-W870S-SH2』のおすすめのポイントです。

よりパワフルなハイスペック構成

『MB-W870S-SH2』は、パワフルなハイスペック構成で、快適なパフォーマンスを発揮してくれます。

CPU には、第6世代インテル Core i7 プロセッサーを搭載。第6世代インテル Core プロセッサー (開発コード名:Skylake) は、Windows 10 向けに最適化された CPU で、5年前の PC との比較では、約2.5倍のパフォーマンスと 約3倍のバッテリー駆動時間を達成しています。(インテルの公式サイトより)

とくに、『MB-W870S-SH2』に搭載されている CPU は、スピード重視の「HQ」プロセッサーで、クアッドコアにより処理性能が格段にアップした CPU です。

Windows 10 と第6世代インテル Core i7-6700HQ プロセッサーの組み合わせで、より高いパフォーマンスが期待できます。

そして、メモリは、今回のモデルから採用された最新規格の「DDR4」メモリ。

「DDR4」は、メモリへのデータ転送速度が さらに高速になっており、写真や動画の編集ソフトのようにメモリをたくさん使用するようなソフトを使うときに、その効果が期待できます。

また、「DDR4」メモリを採用したことにより、最大搭載容量も 2倍にアップ。

これまで、16GB の最大容量が 2倍の 32GB にアップしています。

メモリの搭載量が増えれば、写真や動画の編集ソフトのようにメモリをたくさん使用するようなソフトを動かすときでも、パソコンは余裕を持ってデータを処理することができ、より快適なパフォーマンスが期待できます。

デュアルストレージ 搭載

『MB-W870S-SH2』に搭載されているストレージは、高速ストレージ SSD 256GB と 大容量ストレージ HDD 1TB をデュアルで搭載。

Windows や アプリの起動は SSD から高速起動が可能です。

また、写真や動画などサイズの大きいファイルやデータは、大容量の HDD にたくさん保存しておくことができます。

高速ストレージ SSD と 大容量ストレージ HDD、デュアルでの構成は、ストレージとして、高速&大容量を兼ね備えた効率の良い構成です。

高精細フルHD & 高性能グラフィックス

『MB-W870S-SH2』は 17.3インチの大画面ディスプレイで高精細に描画できるフルHD液晶を搭載しています。

表示される文字も大きめサイズでクッキリと描画され、また、写真や動画もキレイな映像で楽しめます。

そして、高性能グラフィックス「GeForce GTX 960M」も搭載されており、素早い動きの映像もなめらかに描画できます。

とくに高性能グラフィックスの搭載は、CPU内蔵のグラフィックス機能の負荷が低減されるので、CPUのパワーに余裕ができてシステム全体のパフォーマンスアップも期待できます。

前モデル「MB-W831X-SH2」のレビューを実施したときも、3Dベンチマークソフト「3DMark」を使用したグラフィック性能のベンチマークでは、非常に高いスコアを挙げており、性能の高さが実証されています。

迫力のサウンド

『MB-W870S-SH2』のサウンドシステムには、Creative社の「Sound Blaster CINEMA2」が採用されています。

迫力のサウンドを楽しむことができ、コントロール画面で簡単に好みのサウンドに調整することもできます。

大画面フルHD 画面と迫力のサウンドで、気軽の映画を楽しむことができます。

ところで、光学ドライブには DVDスーパーマルチドライブが標準で搭載されていますが、ここはブルーレイディスクドライブへカスタマイズしておきたいところ。

ブルーレイディスクドライブなら、ブルーレイのハイビジョン映画も気軽に楽しめますし、ハイビジョンのビデオカメラで撮影した動画をブルーレイディスクへ保存しておくこともできます。カスタマイズ価格も安価です。

 

++++++++++

 

マウスコンピューター『MB-W870S-SH2』、最新規格のメモリ「DDR4」を採用したことにより、前モデルよりも さらにパワーアップした大画面ノートです。

写真・動画の編集やゲームなど負荷のかかる処理も、快適なパフォーマンスで軽快にこなしてくれるモデルです。

詳細は、マウスコンピューター公式サイトをチェックしてみてください。

 

マウスコンピューター公式サイト
⇒ 『MB-W870S-SH2』 製品詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket