LINEで送る
Pocket

NECの直販サイト「NEC Direct」に、大画面オールインワンPC『LAVIE Direct DA(H)』2016年秋冬モデルがラインナップしています。

『LAVIE Direct DA(H)』は、TV機能を搭載すればテレビや映像を快適に楽しめる、高性能な23.3型液晶一体型PCです。

もちろん録画も OK、4チューナーの搭載も可能で 4番組同時録画も可能です。

従来モデルからスペック的に大きな変更はないものの、パソコン・テレビ・録画・迫力のサウンドがこれ1台で楽しめるのは『LAVIE Direct DA(H)』の大きな特徴の一つです。

ここでは、『LAVIE Direct DA(H)』2016年秋冬モデルの特徴をメモしておきます。

icon
icon

 

主要スペック&価格

『LAVIE Direct DA(H)』には、ベースとなる3つのモデル「大画面コストパフォーマンスモデル」「ハイスペック大画面モデル」「高性能CPU搭載モデル」がラインナップ。

それぞれのモデルのスペック構成は次のようになります。

モデル コストパフォーマンス ハイスペック大画面 高性能CPU搭載
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU 第6世代 インテル Core i5-6200U プロセッサー 第6世代 インテル Core i7-6500U プロセッサー 第6世代 インテル Core i7-6567U プロセッサー
メモリ 標準 8GB / 最大16GB、DDR4 SDRAM/SO-DIMM 8GB×1、PC4-17000対応、デュアルチャネル対応可能、スロット数 2 (空き 1)
※カスタマイズ可能
■16GB(8GB×2)
ストレージ HDD 約3TB(Serial ATA、5400回転/分)
※カスタマイズ可能
■HDD 約4TB(Serial ATA、5400回転/分)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD-RAM/R/RW with DVD+R/RW)[DVD-R/+R 2層書込み]
※カスタマイズ可能
■ブルーレイディスクドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能付き)(BDXL 対応)
ディスプレイ 23.8型ワイド狭額縁 スーパーシャインビューLED IPS液晶(広視野角・高色純度)(Full HD)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520(CPUに内蔵) インテル Iris グラフィックス 550(CPUに内蔵)
TV機能 なし
※カスタマイズ可能
■地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル放送対応(ダブルチューナ搭載)
■地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル放送対応(4チューナ搭載)
LAN 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応
ワイヤレス 11ac(867Mbps)対応ワイヤレスLAN本体内蔵(IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠、Wi-Fi Direct準拠)、Bluetooth テクノロジー本体内蔵(Ver.4.1)
Webカメラ HD解像度(720p)対応カメラ、有効画素数92万画素/ステレオマイク内蔵
本体サイズ(W×D×H) 544×220×418 mm (ディスプレイ最小傾斜(直立)、カメラ収納時)
544×220×434 mm (ディスプレイ最小傾斜(直立)、カメラ利用時)
本体質量 約9.6kg 約9.7kg
本体カラー ■ファインホワイト/ホワイト
■ファインブラック/ブラック
■クランベリーレッド/レッド
■ファインブラック/ブラック
■クランベリーレッド/レッド
Office なし
※カスタマイズ可能
■Office Personal Premium プラス Office 365 サービス
■Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス
主な添付品 ■TVを選択した場合:
マニュアル、ACアダプタ、miniB-CASカード、無線リモコン、乾電池(単三アルカリ:6本 キーボード・マウス、リモコン用)
■TVを選択しない場合:
マニュアル、ACアダプタ、乾電池(単三アルカリ:4本 キーボード・マウス用)
通常価格(税抜) 163,800円 184,800円 191,800円
通常クーポン価格(税抜) 145,700円 164,400円 170,700円
スペシャルクーポン適用価格(税抜) 139,200円 157,000円 163,000円

※スペシャルクーポン適用で 15%オフ!(通常クーポンは 11%オフ)
※価格およびクーポン割引率は 2016年10月17日時点。

オールインワンPC として、高いレベルのスペック構成です。

レベルの高い大画面オールインワンPCだけに、ブルーレイディスクドライブとTV機能はカスタマイズしておきたいところ。

TV機能があれば、テレビを楽しむことはもちろんのこと、テレビ番組の録画や、録りためた連続ドラマなども、まとめてブルーレイディスクドライブにダビングすることもできるからです。

カスタマイズ価格も意外と安価ですし、カスタマイズ価格にもクーポンを適用できるのでおトクです。

参考までに、2016年10月17日時点のカスタマイズ価格をメモしておきます。

ブルーレイディスクドライブ   +2,000円
地上・BS・CS ダブルチューナー  +13,000円
地上・BS・CS 4チューナー    +18,000円

なお、スペシャルクーポン適用価格で購入するには、メルマガ会員iconに登録すればOKです。登録後スグに、スペシャルクーポンを利用できます。メルマガ会員は、無料で登録・利用できます。

 

ここがおすすめ!

『LAVIE Direct DA(H)』のおすすめのポイントです。

パソコン・テレビ・録画・迫力のサウンドがこれ1台で楽しめる!

『LAVIE Direct DA(H)』に TV機能を追加することで、パソコン・テレビ・録画・サウンドが、これ1台で快適に楽しむことができます。

とくに、テレビ・録画機能には、通常のレコーダー以上に、便利で快適な機能が搭載されています。

パソコン作業をしながらの裏番組の録画や同時録画のほか、録画番組やライブ放送を SmartVision/PLAYER搭載のパソコンに配信して視聴できたり、スマートフォン/タブレットからもリモート視聴できたりなど、テレビ連携機能が充実しています。
※テレビ連携できるパソコンには制限もあるのでチェックをおススメします。

また、サウンドには、YAMAHA の 2.1ch サウンドシステムを搭載!

高音質なスピーカと、NEC PC向けに専用設計された音質と音響効果で臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

管理人も、以前の展示会で『LAVIE Direct DA(H)』を観たとき、低音域の効いた臨場感あふれる迫力のサウンドが印象に残っています。

サウンドや快適性を求めるなら『LAVIE Direct DA(H)』

『LAVIE Direct DA(H)』の姉妹モデルには「LAVIE Direct DA(S)」がラインナップしています。

DA(S) とのおもな違いは、CPU、メモリ、ストレージ、そしてスピーカー。

CPU は、DA(H) のほうがパワーのあるCPUを採用している点や、メモリやストレージについては標準搭載容量に違いがあるなど、基本スペックを見ると、DA(H) のほうがパワフルです。

さらに、スピーカーについても、出力ワットやウーファの搭載有無など、DA(H)は迫力のあるサウンドが期待できます。

迫力のあるサウンドや快適性の点からも、『LAVIE Direct DA(H)』には大きなアドバンテージがあります。

 

++++++++++

 

『LAVIE Direct DA(H)』2016年秋冬モデル、高性能な23.3型液晶一体型PCです。

リビングにおいて家族みんなで使うことも、書斎において仕事や 写真・動画の編集などエンターテイメントも楽しめます。

TV機能を搭載すれば、パソコン・テレビ・録画・迫力のサウンドがこれ1台で快適に楽しめる、まさにオールインワンPCといえるモデルです。

詳細は、NECの直販サイト「NEC Direct」でチェックしてみてください。

 

NEC Direct 公式サイト
⇒ 『LAVIE Direct DA(H)』2016秋冬モデル 製品詳細
icon
⇒ 『メルマガ会員』 詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket