LINEで送る
Pocket

東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」に 2016年冬モデル「dynabook VZシリーズ」が登場しました!

新しく登場した dynabook VZ シリーズは、12.5型サイズの2in1コンバーチブルPC 3機種。

ディスプレイ部が360度回転することで、ノートパソコンとしてもタブレットとしてもスタイル自在に使える 2in1 ノートPCでです。

最新版OS「Windows 10 (Anniversary Update適用済)」をプレインストール、最新CPU 第7世代インテル Core プロセッサーを搭載し、パワフルにパフォーマンスが期待できるモデルです。

ここでは、2016年冬モデルとして登場した dynabook VZ シリーズの特徴をメモしておきます。

なお、以下で掲載している「会員価格」は、東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すればスグに利用できます。
入会・年会費無料です。

【目 次】
dynabook VZ シリーズの特徴
ラインナップ
 dynabook VZ72/B
 dynabook VZ62/B
 dynabook VZ42/B

icon
icon

 

dynabook VZ シリーズの特徴

dynabook VZ シリーズの特徴です。

第7世代インテル Core プロセッサー搭載

dynabook VZ シリーズの CPU には、最新の第7世代インテル Core プロセッサーが搭載されています。

動画編集など負荷が高い作業やゲームでも、快適なパフォーマンスが期待できます。

Windows 10 Anniversary Update 適用済

OS の Windows 10 は、「Windows 10 Anniversary Update」が適用されています。

当然のことながら、標準搭載されているアプリの動作検証も行われているので、アップデートの新機能やアプリも、あんしんして使うことができます。

また、指紋センサーも搭載されており、Windows Hello の指紋認証機能で、わずらわしいパスワードを入力することなくセキュリティーを確保できます。

薄型・軽量・高い堅牢性

本体は約15.4mm薄さと約1,099gの軽さを実現しながらも、移動中のさまざまな衝撃や振動に耐える高い堅牢性も兼ね備えています。

タフネスバッテリー

バッテリー駆動時間は約17時間 (JEITA Ver2.0) のタフネスバッテリーを搭載してます。

また、急速充電機能も搭載されており、わずか30分の充電で約7時間もバッテリー駆動が可能です。

さらに、専用のソフトウェアで、バッテリーの状態を監視しながら段階的に電流をコントロール、バッテリーの劣化を防止する機能も搭載されています。

充実のインターフェース

インターフェースには「Thunderbolt 3」に対応した USB Type-C も搭載。

最大40Gbpsの高速データ転送ができ、またコネクタ一つで電源供給とディスプレイ出力の兼用が可能になります。

また、付属のUSB Type-Cアダプターには HDMI や USB3.0、RGB、有線LANが実装されており、このアダプターを本体につなぐことで、さまざまな周辺機器を接続することができます。

こだわりのサウンド

サウンド機能には、harman/kardonステレオスピーカーが搭載されています。

スピーカーの構造や配置を最適化することで、低音域から高音域まで幅広い音域で、迫力のあるサウンドが楽しめます。

icon
icon

 

ラインナップ

2016年冬モデル「dynabook VZシリーズ」にラインナップしているモデルです

dynabook VZ72/B

dynabook VZシリーズの最上位モデルです。

インテル Core i7-7500U プロセッサーに、8GBメモリを搭載。

デジタイザーペンも標準搭載しています。

512GB SSD搭載モデルと 256GB SSD搭載モデルがラインナップ。

Office Home and Business Premium搭載モデルもラインナップしています。

通常価格:181,000円(税込 195,480円)~
会員価格:158,500円(税込 171,180円)~

出荷開始は 12/20前後からの予定。

⇒ 『dynabook VZ72/B』 製品詳細
icon

dynabook VZ62/B

dynabook VZシリーズのミドルレンジのモデルです。

インテル Core i7-7500U プロセッサーに、8GBメモリ、128GB SSDを搭載。
(デジタイザーペンは搭載されていません。)

Office Home and Business Premium搭載モデルもラインナップしています。

通常価格:166,000円(税込 179,280円)~
会員価格:146,500円(税込 158,220円)~

出荷開始は 12/20前後からの予定。

⇒ 『dynabook VZ62/B』 製品詳細
icon

dynabook VZ42/B

dynabook VZシリーズのエントリークラスのモデルです。

インテル Core i3-7100U プロセッサーに、8GBメモリ、128GB SSDを搭載。
(デジタイザーペンは搭載されていません。)

Office Home and Business Premium搭載モデルもラインナップしています。

通常価格:146,000円(税込 157,680円)~
会員価格:131,500円(税込 142,020円)~

出荷開始は 12/20前後からの予定。

⇒ 『dynabook VZ42/B』 製品詳細
icon

 

++++++++++

 

会員価格で購入するには、東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すればOKです。入会・年会費無料で登録できて、登録後スグに会員価格で購入できます。

東芝ダイレクトの会員登録はコチラ
Room1048会員

※掲載している価格は 2016年12月1日時点の価格です。

 

LINEで送る
Pocket