LINEで送る
Pocket

dynabook 2018夏 店頭モデルラインナップ

東芝 dynabook シリーズから、15.6型スタンダードノートの 2018年夏モデルが登場しました!

第8世代インテル Core プロセッサーや高速なデータ転送を可能としたメモリなど高いレベルの性能にくわえ、使いやすさとデザイン性もアップしたモデルもラインナップしています。

高画質&高音質で動画視聴もより快適に、また新デザインのキーボードにより視認性もアップ、天面やパームレストのデザインにはグラフィック(パターン)の組み合わせでよりオシャレなイメージに仕上げられています。(一部モデルを除きます)

ここでは、2018年夏モデルのチェックポイントと、東芝直販サイト「東芝ダイレクト」にラインナップしている新モデルの特徴を紹介します。

dynabook 2018夏 店頭モデルラインナップ

 

2018年夏モデルのチェックポイント

2018年夏モデルのチェックポイントは、つぎの3つ。

■高画質&高音質

■こだわりのデザインとキーボード

■生体認証モデル(顔認証)の拡充

動画視聴を高画質&高音質で

dynabook の液晶ディスプレイは、東芝が培ってきた映像技術で色補正を実施、色味のバラツキが抑えられています。

これにより、人肌や風景など、自然な色味を鮮やかにキレイに描画できるそうです。

また、2018年春モデルからは、高密度実装技術と高音質化技術で、ノートPC の限られた本体のなかに高音質スピーカーを実装し、大音量でもひずみの少ない高音質サウンドが再現できるようになっています。

動画視聴も より高画質な映像と より高音質なサウンドで快適に楽しむことができそうです。

こだわりのデザインとキーボード

天面には、カラーに合わせたグラフィック(パターン)を採用し、オシャレ感と上質感を兼ね備えています。

モデナレッドには「ユビキタスロゴパターン」

dynabook 2018夏 モデナレッド

プレシャスブラックには「ストライプパターン」

dynabook 2018夏 プレシャスブラック

リュクスホワイトには「ストライプパターン」

dynabook 2018夏 リュクスホワイト

サテンゴールドには「ヘアラインパターン」

dynabook 2018夏 サテンゴールド

ただ、直販モデルのカラーはサテンゴールドのみで、筆者としては残念な点。

店頭モデルなら上記 4つのカラーがラインナップしていますが、メモリ容量やストレージのタイプなど、スペック構成の幅が狭くなってしまいます。

サテンゴールドは人気・評価ともに一番高いカラーなので、使い方に合わせたスペック構成を重視するなら直販モデルがおススメです。

dynabook 2018夏 テラス席も似合う

また、2018年夏モデルではキーボードの見やすさにもこだわっています。

まず、キートップの文字デザインから見直し、アルファベットを中央に配置、ローマ字入力しやすいよう視認性がアップしています。

さらに、キートップの文字のプリント方法も見直され、文字のデザイン(とくに輪郭)をシャープにすることで、従来モデルにくらべクッキリ見やすくなっています。

新デザインのキーボード左側が新デザインのキーボード
右側が従来のキーボード
(クリックで拡大表示できます)

生体認証モデル(顔認証)の拡充

A4ノート(15.6型ノート)にも顔認証が搭載されました。(一部モデルを除く)

独自開発された赤外線カメラを採用しており、Webカメラによる顔認証よりも高い認証率を実現しています。

dynabook 2018夏 顔認証カメラ

持ち歩くことの少ない 15.6型ノートですが、たとえば、家族で 1台のパソコンを共用するときには、それぞれのユーザーアカウントを作成し顔認証登録をしておけば、パスワードを入力することなく Windows にサインインできて利便性がアップします。

 

東芝ダイレクトにラインナップする新モデルの特徴

東芝ダイレクトに登場した新モデルは dynabook AZ シリーズ 6機種。

新モデルでは、従来の dynabook AZ シリーズと同じように 2つのカテゴリーに分けられています。

一つはデザイン性を重視したカテゴリー、もう一つは先ほどのカテゴリーから性能レベルを維持しデザインをシンプルにしたカテゴリーです。

新モデルをそれぞれのカテゴリーに分けると以下のようになります。

<デザイン性を重視した機種>

■dynabook AZ65/G
■dynabook AZ45/G
■dynabook AZ25/G

<シンプルデザインの機種>

■dynabook AZ55/G
■dynabook AZ35/G
■dynabook AZ15/G

2018年夏モデルのチェックポイントで紹介した内容は、デザイン性を重視した機種に採用されています。
※AZ25/G に顔認証機能は採用されていません。

dynabook AZ65/G

dynabook 2018夏 サテンゴールドモデル

2018年夏モデルとして登場した dynabook AZシリーズの最上位モデル。

第8世代インテル Core i7-8550U プロセッサーを搭載し、メモリ容量、ストレージ(SSD / SSHD)については、スペック構成の組み合わせから使い方に合わせたモデルが選べます。

AZ65/G は dynabook AZシリーズの最上位モデルらしく、2018年夏モデルの大きな特徴でもある、液晶の色補正や、オンキヨーと共同開発の「2way 4speakers」や新デザインのキーボード、顔認証機能がすべて搭載されています。

全モデルにブルーレイディスクドライブを内蔵しており、写真・動画の編集にくわえ、ブルーレイディスクのハイビジョン映画も快適に楽しめます。

本体カラーはサテンゴールドのみ。

以下に、ラインナップしているモデルの主なスペックをリストアップします。

■Core i7、16GBメモリ、1TB SSD、BDドライブ

■Core i7、8GBメモリ、1TB SSHD、BDドライブ

Office Home and Business Premium搭載モデルもラインナップしています。

通常価格:174,000円(税込:187,920円)~
会員価格:126,800円(税込:136,944円)~

⇒ 『dynabook AZ65/G』 製品詳細
icon

dynabook AZ55/G

icon
icon

第8世代インテル Core i7-8550U プロセッサーに 8GBメモリを搭載した15.6型フルHD液晶スタンダードノート。

ストレージは 256GB SSD または 1TB HDD から選べます。

ブラックのボディカラーにヘアライン加工が施された重厚感のなかにオシャレな印象のデザインです。

また、ディスプレイについては、上位モデル AZ65/G に搭載されている「高輝度・高色純度」機能がないため、鮮やかさの点で及ばないものの、色補正を実施したフルHD液晶を搭載しているので、高精細でキレイな映像を楽しむことができます。

本体カラーはブラックのみ。

主なスペックは以下のとおりです。

■Core i7、8GBメモリ、256GB SSD、DVDドライブ

■Core i7、8GBメモリ、1TB HDD、DVDドライブ

Office Home and Business Premium搭載モデルもラインナップしています。

通常価格:164,000円(税込:177,120円)~
会員価格: 90,800円(税込: 98,064円)~

⇒ 『dynabook AZ55/G』 製品詳細
icon

dynabook AZ45/G

icon
icon

dynabook AZ シリーズのミドルレンジクラスに相当するスタンダードノート。

CPU、ストレージ、液晶解像度の組み合わせの組み合わせから、使い方に合わせたモデルがラインナップ。

メモリは、複数のアプリを並行して動かしても快適な 8GB を搭載しています。

液晶の色補正や、オンキヨーと共同開発の「2way 4speakers」や新デザインのキーボードを採用し、フルHD液晶には顔認証機能も搭載されています。

ちなみに、指紋センサーはすべてのモデルに搭載されているので、顔認証機能がなくてもパスワードを入力しなくても Windows にサインインできます。(指先をセンサーにタッチする必要はありますが)

本体カラーはサテンゴールドのみ。

以下に、ラインナップしているモデルの主なスペックをリストアップします。

■Core i5、8GBメモリ、1TB SSHD、フルHD液晶、顔認証あり、DVDドライブ

■Core i5、8GBメモリ、1TB HDD、HD液晶、顔認証なし、DVDドライブ

■Core i3、8GBメモリ、1TB SSHD、フルHD液晶、顔認証あり、DVDドライブ

■Core i3、8GBメモリ、1TB HDD、HD液晶、顔認証なし、DVDドライブ

Office Home and Business Premium搭載モデルもラインナップしています。

通常価格:130,000円(税込:140,400円)~
会員価格: 96,800円(税込:104,544円)~

⇒ 『dynabook AZ45/G』 製品詳細
icon

dynabook AZ35/G

icon
icon

dynabook AZ シリーズのミドルレンジクラスに相当するスタンダードノート。

CPU、メモリ、ストレージの組み合わせの組み合わせから、使い方に合わせたモデルがラインナップ。

こちらは、AZ45/G にくらべデザインと機能をチョット抑えたモデルです。AZ55/G の下位モデルに相当するモデルです。

本体カラーはブラックのみ。

以下に、ラインナップしているモデルの主なスペックをリストアップします。

■Core i5、8GBメモリ、256GB SSD、HD液晶、DVDドライブ

■Core i5、8GBメモリ、1TB HDD、HD液晶、DVDドライブ

■Core i5、4GBメモリ、1TB HDD、HD液晶、DVDドライブ

■Core i3、8GBメモリ、1TB HDD、HD液晶、DVDドライブ

■Core i3、4GBメモリ、1TB HDD、HD液晶、DVDドライブ

Office Home and Business Premium搭載モデルもラインナップしています。

通常価格:141,000円(税込:152,280円)~
会員価格: 73,800円(税込: 79,704円)~

⇒ 『dynabook AZ35/G』 製品詳細
icon

dynabook AZ25/G

icon
icon

dynabook AZ シリーズのエントリークラスに相当するスタンダードノート。

CPU にインテル Celeron プロセッサー 3865U、4GBメモリ や 500GB HDD、DVDドライブなど、基本性能をシッカリ搭載したモデルです。

また、オンキヨーと共同開発の「2way 4speakers」や新デザインのキーボード、指紋センサーも搭載されています。

本体カラーはサテンゴールドのみ。

主なスペックは以下のとおりです。

■Celeron 3865U、4GBメモリ、500GB HDD、HD液晶、DVDドライブ

Office Home and Business Premium搭載モデルもラインナップしています。

通常価格:103,000円(税込:111,240円)~
会員価格: 63,800円(税込: 68,904円)~

⇒ 『dynabook AZ25/G』 製品詳細
icon

dynabook AZ15/G

icon
icon

dynabook AZ シリーズのエントリークラスに相当するスタンダードノート。

CPU にインテル Celeron プロセッサー 3865U、4GBメモリ、DVDドライブを搭載、ストレージは 1TB HDD、500GB HDD から選べます。

こちらは、AZ42/G にくらべデザインと機能をチョット抑えたモデルながら、基本性能はシッカリ搭載しています。

本体カラーはブラックのみ。

以下に、ラインナップしているモデルの主なスペックをリストアップします。

■Celeron 3865U、4GBメモリ、500GB HDD、HD液晶、DVDドライブ

■Celeron 3865U、4GBメモリ、1TB HDD、HD液晶、DVDドライブ

Office Home and Business Premium搭載モデルもラインナップしています。

通常価格:101,000円(税込:109,080円)~
会員価格: 54,800円(税込: 59,184円)~

⇒ 『dynabook AZ15/G』 製品詳細
icon

 

++++++++++

 

会員価格で購入するには、東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すればOKです。入会・年会費無料で登録できて、登録後スグに会員価格で購入できます。
⇒ 『Room1048会員』 詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket

 

東芝ダイレクト 特設サイト情報

dynabook AZ 2018年夏モデル

当サイトでは 東芝ダイレクトの特設サイトをご案内しています。
東芝ダイレクト会員価格よりも さらにおトクに購入できる期間限定のサイトです。
(会員登録不要)
特設サイトの利用方法は こちらをご覧ください。
 
⇒ 東芝ダイレクト 特設サイトの利用方法