LINEで送る
Pocket

東芝『dynabook AZ35/D』(2017夏Webモデル)の実機レビュー 後編です。

後編では、各種ベンチマーク、起動・シャットダウン時間計測などのレビューを行います。

dynabook AZ35/D 背面側(その3)

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
(後編)
ベンチマーク
Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

実機はメーカーからの貸出機です。
また、レビュー内容については 2017年8月14日時点のものになります。

 

ベンチマーク

『dynabook AZ35/D』の基本性能やトータルパフォーマンス、グラフィック性能、ストレージ、バッテリーについての性能を測定します。

基本性能

Windowsに搭載されているシステム評価ツール「WinSATコマンド」によるパソコン性能の測定です。

WinSAT スコア

「WinSAT」による測定は、PCの性能を相対的に数値化して表現したもので、各項目の説明は次のとおりです。

CPUScore CPU のスコア
D3DScore ゲーム用グラフィックスのスコア
ただし、従来のゲーム用グラフィックスのスコアのため Windows 10では計測対象外(9.9というスコアは無視)
DiskScore プライマリハードディスクのスコア
GraphicsScore グラフィックスのスコア
MemoryScore メモリのスコア
TimeTaken 前回の評価(「MostRecentAssessment」は直近の評価を表します)
WinSATAssessmentState 評価の状態を表す値(1:評価済み、2:要再評価)
WinSPRLevel 基本スコア(SPR:System Performance Rating)

総合的なパフォーマンス

「PCMark 8」を使用して、PCのアプリケーション実行における総合的なパフォーマンスを測定します。

Home Test

家庭での利用を想定したテスト内容です。

PCMark 8 Home Test スコア

PCMark 8 Home Test スコア比較
OpenCL対応の Accelerated にて測定

Creative Test

クリエイティブな利用を想定したテスト内容です。

PCMark 8 Creative Test スコア

PCMark 8 Creative Test スコア比較
OpenCL対応の Accelerated にて測定

総合的なパフォーマンスとしては、ミドルレンジクラスの性能です。

グラフィック性能

「3DMark」「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」、4つのベンチマークソフトを使ってグラフィック性能を測定します。

まず「3DMark」の測定結果です。

「ICE STORM」「CLOUD GATE」「SKY DIVER」「FIRE STRIKE」、各シーンの描画の滑らかさをもとにグラフィック性能を測定します。

スコアの高さは描画の快適性を表しています。

3DMark

測定前に流されるデモ映像を見たイメージとしては、次のような印象でした。

IceStrom なめらか描画
CloudGate なめらか描画
SkyDiver おおむね、なめらか描画。ときどきカクつくシーンもあったが問題ないレベル。
FireStrike コマ送り描画
FireStrike コマ送り描画

次が、「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」の測定結果。

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1280×720)
標準品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(最高品質、解像度 1280×720)
最高品質、解像度 1280×720

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」の測定結果。

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 標準品質(ノートPC)
標準品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

ファイナルファンタジー 高品質(ノートPC)
高品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

さいごに、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 標準品質(ノートPC)
標準品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 高品質(ノートPC)
高品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

4つのベンチマークソフトを使ったグラフィック性能の測定結果をみると、『dynabook AZ35/D』のグラフィック性能はミドルレンジ相応のレベルです。

趣味としての写真・動画編集やライトなゲームプレイなど、そこそこ快適に楽しめる性能を備えている印象です。

動作音については、グラフィックベンチマークなど、負荷のかかる処理中はファンがフル稼働します。動作音は少し大きくなりますが、耳ざわりに感じるほどではありませんでした。

ストレージ

ストレージのベンチマークです。

まず、ストレージのドライブ構成をチェックします。

ストレージのドライブ構成

ストレージは、HGST製の HDD で 容量は 1TB、回転数は 5,400 RPM です。

ストレージ情報
ストレージ情報

ストレージのデータ転送速度です。

ストレージのデータ転送速度
ストレージのデータ転送速度

データ転送速度のスコアは少し控えめですが、体感的には、回転数 5,400 RPM の HDD 相応の印象です。

バッテリー

『dynabook AZ35/D』に搭載されているバッテリーの性能を測定してみます。

測定は、次の条件で周期的にバッテリーの残量を測定しバッテリー駆動時間を算出します。
・無線LANでインターネットに接続
・YouTubeを全画面で連続再生
・画面の明るさ:最大レベル
・音量:最大レベル

バッテリー残量グラフ

バッテリーの残量は、大よその数字で 1時間当たり 15% くらいずつ減少しています。

バッテリーによる駆動は 6時間 16分経過後、Windows がバッテリー不足を検知し、パソコンはスリープ状態になりました。

実際の使用にあたっては、環境や条件などによりバッテリーの駆動時間は変動するので、参考値としてください。

 

Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)

『dynabook AZ35/D』の Windows起動時間とシャットダウン時間は、次のとおりです。

・起動  : 22.8秒
・再起動 : 20.0秒

Windowsの起動とシャットダウンの様子を動画に収録しています。起動・シャットダウン時間を感覚でイメージできるので参考にどうぞ!

 

搭載ソフトウェア

『dynabook AZ35/D』に搭載されている主なソフトウェアです。

スタートメニュー(その1)

スタートメニュー(その2)

Windows標準のソフトのほか、写真や動画編集などマルチメディアを楽しめる CyberLink製のソフトウェア、東芝のサポート関連ソフトウェア、スマートフォンの写真取り込みや整理・閲覧ができる「思い出フォトビューア」、ハガキ作成ソフト「筆ぐるめ24」など、趣味や実用に使えるソフトが豊富に搭載されています。

写真編集ソフトには「CyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBA」が、動画編集ソフトには「CyberLink PowerDirector 14 for TOSHIBA」がインストールされています。趣味としての写真や動画の編集も、気軽に楽しむことができます。

CyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBA
CyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBA

CyberLink PowerDirector 14
CyberLink PowerDirector 14 for TOSHIBA

「パソコンで見るマニュアル」や「動画で学ぶシリーズ」は、パソコン初心者にも優しく、とても分かりやすく作られています。

パソコンで見るマニュアル
【パソコンで見るマニュアル】

動画で学ぶシリーズ メニュー
【動画で学ぶシリーズ】メインメニュー

動画で学ぶシリーズ Excel 2016
【動画で学ぶシリーズ】Excel 2016

 

付属品

『dynabook AZ35/D』の本体ほか同梱品一式(電源アダプター、電源コード、ドキュメント類)です。

『dynabook AZ35/D』本体セット

付属しているドキュメント類です。

『dynabook AZ35/D』ドキュメント

【上記写真のドキュメント類について】
■上段右側から
・東芝PCあんしんサポート連絡先
・dynabook AZ55シリーズ、AZ25 シリーズをお使いのかたへ
・ウィルスバスターの紹介パンフレット
・技術基準適合 更新のお知らせ
■下段右側から
・U-NEXT プレミアムチケット
・スタートアップガイド
・安心してお使いいただくために
・dynabookガイド(取扱説明書)
※保証書は梱包箱に貼り付けられています。

 

まとめ

『dynabook AZ35/D』の性能レベルは、高すぎず低すぎないミドルレンジクラスです。

ふだん使いでも快適に使えるちょうど良い性能にくわえ、豊富なソフトウェアなど、充実した機能と使いやすさも兼ね備えています。

デザイン面では、マットなブラック調のボディに施されたヘアライン加工が、重厚感のなかにもスタイリッシュさを感じさせてくれます。

また、価格面では、東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」の会員なら 69,800円(税抜)~の価格で意外とリーズナブルで、性能・機能など価格とのバランスをみても、コストパフォーマンスに優れたモデルといえます。

ラインナップしているモデルや価格等の最新情報は、東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」でチェックしてみてください。

 


東芝ダイレクト公式サイト
⇒ 『dynabook AZ35/D』 製品詳細
icon

東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すると、おトクな会員価格で購入することができます。入会・年会費無料で登録できて、登録後スグに会員価格で購入することができます。
⇒ 『Room1048会員』 詳細
icon

 

 

LINEで送る
Pocket