LINEで送る
Pocket

日本HP『HP 14-ac100』ベーシックモデルの実機レビュー 後編です。

『HP 14-ac100』は、最新OS Windows 10 を搭載し、基本性能を凝縮したホワイトシルバーのボディがオシャレな14.0型ノートです。

後編では、ベンチマーク、dts Studio Sound、起動・シャットダウン時間などのレビューを行います。

HP 14-ac100 ベーシックモデル デスクトップ画面

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード
(後編)
ベンチマーク
dts Studio Sound 視聴(動画に収録)
起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

 

ベンチマーク

パソコンのストレージ、バッテリーについての性能を測定します。

まず、ストレージのデータ転送速度を計測してみます。
ストレージは、HGST(日立グローバルストレージテクノロジーズ)製のHDDで、容量は 500GB、回転数 5400RPMです。

前モデル「HP 14-ac000 (Windows 8.1)」の 500GB HDD モデルに搭載されていたストレージと同じです。

ストレージ情報

ストレージのドライブ構成は次のようになります。

ストレージのドライブ構成

ストレージのデータ転送速度を「CrystalDiskMark」で測定してみました。

ストレージのベンチマーク

前モデル「HP 14-ac000 (Windows 8.1)」スタンダードモデルの実機レビューしたときのストレージのデータ転送速度と比較してみます。

HP 14-ac000 (Windows 8.1)」スタンダードモデル ストレージのデータ転送速度

前モデルの結果が良かったのは、CPUの性能差によるものと推察します。

前モデルの CPUは「第4世代インテル Core i3-4005U プロセッサー」、今回のレビュー機『HP 14-ac100』ベーシックモデルの CPUは「インテル Celeron プロセッサー N3050」です。

Windows 10 によりパフォーマンスがアップしたとはいえ、CPU の性能差は、データ転送速度に意外に大きな影響があるということになります。

次に、バッテリーの性能を「BatteryInfoView」を使用して測定してみます。
測定方法としては、無線LANでインターネットに接続し、YouTubeを連続して全画面で視聴したときのバッテリーの消費量で、バッテリー駆動時間を算出します。
※画面の明るさ、及び音量は最大レベルに設定しています。

バッテリー残量グラフ

バッテリーの残量は、なだらかに減少し、大よその数字で、1時間当たり20%くらいずつ減少しています。

バッテリーによる駆動は 4時間47分経過後、Windows がバッテリー不足を検知し、パソコンはスリープ状態になりました。

参考までに、前モデル「HP 14-ac000 (Windows 8.1)」スタンダードモデルの実機レビューしたときのバッテリー残量グラフと比較してみます。

「HP 14-ac000 (Windows 8.1)」スタンダードモデル バッテリー残量グラフ「HP 14-ac000 (Windows 8.1)」スタンダードモデル

同じようなバッテリー消費量ですが、最終的には、前モデルの方が 30分くらい持続する結果となっています。

おそらく、バッテリーの個体差によるものだと推察します。

なお、実際の使用にあたっては、測定環境や条件などによりバッテリーの駆動時間は変動しますので、参考値としてください。

 

dts Studio Sound 視聴(動画に収録)

『HP 14-ac100』のサウンド機能には「dts Studio Sound」が搭載されています。

「dts Studio Sound」は、コントロール画面でお好みのサウンドに調整することができます。

サウンド調整で使用する主なメニューのキャプチャーです。

dts Studio Sound(ボリューム)dts Studio Sound(ボリューム)

dts Studio Sound(リスニング体験)dts Studio Sound(リスニング体験)
グラフィックイコライザーのプリセットが組み込まれています

dts Studio Sound(録音体験)dts Studio Sound(録音体験)

dts Studio Sound(高度な設定)dts Studio Sound(高度な設定)

「dts Studio Sound」から流れるサウンドを動画に収録した。参考にどうぞ!

 

起動・シャットダウン

「ベーシックモデル」で測定した Windowsの起動時間とシャットダウン時間は、次のとおりです。

・起動     :47秒
・シャットダウン:23秒

Windowsの起動とシャットダウンの様子を動画に収録しました。
起動・シャットダウン時間を感覚でイメージできるので参考にどうぞ!

 

搭載ソフトウェア

標準搭載されているソフトウェアは、Windows標準のソフトのほか、HPヘルプ&サポートソフト、CyberLink各種ソフト、セキュリティソフト「マカフィー リブセーブ」など、数多くのソフトウェアがインストールされています。

HPヘルプ&サポートソフトとしては、PCのメンテナンスや問題の回避/解決に役立つ機能が搭載された「HP Support Assistant」、節電に有効なピークシフト機能が搭載された「HP AC Power Control」、パソコンのバックアップ・リカバリーに便利な「HP Recovery Manager」などがインストール。

HPヘルプ&サポートソフトHPヘルプ&サポートソフト

また、CyberLinkのソフトとしては、動画再生や編集、画像編集などがインストールされており、マルチメディアも楽しめます。
HPで公開しているスペック上では、「Cyberlink Power Media Player 14」や「Cyberlink YouCam」がインストールされるようです。

CyberLink各種ソフトCyberLink各種ソフト

ただし、今回レビューした実機は、ペック構成が高くないため、高解像度の動画や写真の編集には不向きです。

最近のデジカメやビデオカメラは高解像度がほとんどです。編集した動画をチェックする場合でもカクカクした再生となり、編集作業に快適性はなかったです。

インターネットやメール、あるいはオフィスソフト(別途カスタマイズが必要です)などで使うならフツウに使えますが、『HP 14-ac100』で写真や動画の編集をするなら、インテル Core i5を搭載した上位モデル「スタンダードモデル」以上のスペックは必要です。

 

付属品

『HP 14-ac100』の付属品としては、「セットアップ手順」「パソコン生活まるごと ガイドブック」などが添付されています。

前モデル「HP 14-ac000 (Windows 8.1)」をレビューしたときに同梱されていた「速効!HPパソコンナビ 特別編」は添付されていませんでした。

『HP 14-ac100』一式『HP 14-ac100』一式

『HP 14-ac100』の付属品『HP 14-ac100』の付属品

セットアップ手順セットアップ手順

 

まとめ

『HP 14-ac100』のシンプルな作りながら、その使いやすさは健在です。

最新OS Windows 10 搭載により、個人的には、さらに使いやすくなった印象です。

そして、14.0インチのサイズは、大きすぎず小さすぎず、気軽に使うにはちょうど良いサイズです。

デザイン的にも、ホワイトシルバーのカラーとダイヤモンドパターンのテクスチャ加工されたトップカバー、パームレストの「クロスブラッシュパターン」が質感を高めてくれます。

今回、レビューした実機「ベーシックモデル」のスペックは、インターネットやメール、ドキュメント作成には向いていますが、高解像度の写真や動画の編集、YouTubeのハイビジョン動画にはパワー不足です。

ただ、『HP 14-ac100』には、4つのモデル「ベーシックモデル」「エントリーモデル」「スタンダードモデル」「第6世代スタンダードモデル」がラインナップしており、使い方に合わせたモデルを選択することができます。

価格的にも「ベーシックモデル」は 37,800円(税抜)~、最上位モデルの「第6世代スタンダードモデル」は 62,800円(税抜)~ と手の届きやすい価格で、コストパフォーマンスに優れたモデルといえます。

※価格は 2015年12月17日時点。
※最新価格は日本HPの直販サイト HP Directplus でチェックしてください。

 


日本HP直販「HP Directplus」公式サイト
⇒ 『HP 14-ac100』 製品詳細
icon
 キャンペーン情報
 ⇒ おひとり様1台まで!限界突破!キャンペーン
icon ⇒ オフィスがお得!キャンペーン
icon

 

 

LINEで送る
Pocket