LINEで送る
Pocket

日本HP『HP EliteBook x360 1030 G2』の実機レビュー 前編です。

『HP EliteBook x360 1030 G2』は、快適パフォーマンスにくわえ、高度なセキュリティ機能を搭載した 13.3型モバイルノートです。

のぞき見を防止できる「内蔵型プライバシースクリーン」や、スマートフォンアプリを使ってPCを管理できる「HP WorkWise」など多彩なセキュリティ機能で、ビジネスシーンをしっかりサポートしてくれるモデルです。

前編では、外観などのデザインや、スペック、ディスプレイ、キーボードについてのレビューを行います。

HP EliteBook x360 1030 G2 正面

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
(後編)
ベンチマーク
セキュリティ機能
BANG & OLUFSEN サウンド
Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

レビュー内容については 2017年10月10日時点のものになります。

<参考>
『HP EliteBook x360 1030 G2』には、CPU / メモリ / ストレージのスペック内容により、3つのモデルがラインナップしています。

■Core i5 / 4GBメモリ / 128GB SSD 搭載モデル
 Windows 10 Pro (64bit)(日本語)
 インテル Core i5-7200Uプロセッサー
 4GBメモリ DDR4 (オンボード)
 128GB M.2 SSD(SATAⅢ)

■Core i5 / 8GBメモリ / 256GB SSD 搭載モデル
 Windows 10 Pro (64bit)(日本語)
 インテル Core i5-7200Uプロセッサー
 8GBメモリ DDR4 (オンボード)
 256GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)

■Core i7 / 16GBメモリ / 512GB SSD 搭載モデル
 Windows 10 Pro (64bit)(日本語)
 インテル Core i7-7600Uプロセッサー
 16GBメモリ DDR4 (オンボード)
 512GB Turbo ドライブ(M.2 SSD、PCIe Gen3x4 NVMe)

今回レビューを行うのは、「Core i5 / 8GBメモリ / 256GB SSD 搭載モデル」です。

 

外観について

『HP EliteBook x360 1030 G2』は、洗練されたデザインで上質なイメージです。

HP EliteBook x360 1030 G2 正面(向かって斜め左)

HP EliteBook x360 1030 G2 背面側(その1)

HP EliteBook x360 1030 G2 背面側(その2)

本体にはアルミニウムにMg(マグネシウム)とSi(シリコン)を添加したAl-Mg-Si系合金が採用されており、堅牢性にも優れてます。

手で触れた感触としてはサラリとした質感で手触りも良好です。

天面を見てみます。

HP EliteBook x360 1030 G2 天面(その1)

HP EliteBook x360 1030 G2 天面(その2)

ヒンジ側 中央には「ELITEBOOK」のロゴが刻印されています。

HP EliteBook x360 1030 G2 天面ロゴ(その1)

HP EliteBook x360 1030 G2 天面ロゴ(その2)

底面部をみてみます。

底面側(その1)

底面側(その2)

底面部は「ユニボディ」といわれる一つのユニットで構成されています。パーツの継ぎ目を極力排除し剛性を重視した構造で、見た目もスッキリしています。

底面部のゴム足は、正面側左右に丸い形状のゴム足が 2つ、背面側に直線状のゴム足が実装されています。安定性は良好ですが、滑らすように動かすこともできます。

底面側ゴム足

なお、バッテリーは本体内蔵のため、取り外し不可となっています。

次に、ヒンジをみてみます。

ヒンジ(ノートタイプ・拡大)

ヒンジ(ノートタイプ・全体)

ヒンジ(ノートタイプ・内側)

ヒンジ(ノートタイプ・180度オープン)

ヒンジ(テントモード)

ヒンジ(タブレットモード)

ヒンジは若干緩めで動かしやすいのですが、ディスプレイ面のグラつきを感じるかもしれません。

前後左右の側面からみてみます。

前面側
前面側

背面側
背面側

左側面
左側面

右側面
右側面

次に、インターフェース等を見てみます。

左側面には、「電源ボタン」、「USB3.1ポート(パワーオフUSB充電対応)」、「コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック」、「音量大小ボタン」、「スマートカードリーダー」が実装されています。

インターフェース(左側面)

電源ボタンは LED 内蔵です。

電源ボタン

右側面は、「Micro SDカードスロット」、「USB Type-C ポート」、「セキュリティロックケーブル用スロット」、「HDMIポート」、「USB3.1ポート」、「電源コネクター」が実装されています。

インターフェース(右側面)

microSDカードスロットは、プッシュロック式です。microSDカードを挿入するときは押し込んでロックさせ、取り出すときはもう一度押し込むことでカードが飛び出す構造です。

microSDカードスロット
右側が装着した状態。microSDカードは出っ張りません。

スピーカーについて、公式ページでは「クアッドスピーカー」と記載されていますが、底面部 前面側左右のスピーカーは確認できるものの残りの2基は? おそらくキーボード面 奥側の左右に実装されているかと思われます。

スピーカー
底面部スピーカー

通気口です。

通気口

底面の通気口から吸気し、ヒンジのあいだの通気口から排気する仕組みです。

内蔵カメラ(720p HD Webカメラ)とデュアルマイクです。

Webカメラとマイク

IRカメラが搭載されているので、Windows Hello の顔認証機能により、わずらわしいパスワード入力をしなくても Windows に かんたんにサインインできます。

Windows Hello の顔認証機能

また、指紋センサーも搭載されています。

指紋センサー

Windows Hello の指紋認証機能により、パスワード入力することなく Windows にサインインできます。IRカメラと併用することもできます。

Windows Hello の指紋認証機能

顔認証機能にくわえ、指紋認証機能を搭載しているのは、「HPマルチファクタ認証(多要素認証)」と言われるセキュリティをより高度なレベルで確保することが目的で、パスワード/指紋/PIN/近接型カード(NFCカード)などのなかから 2つの要素を組み合わせて本人認証を強化することができます。

次に、『HP EliteBook x360 1030 G2』のスタイルを切り替えてみます。

ノートパソコン
ノートパソコン

スタンド
スタンド

テント
テント

タブレット
タブレット

次に、本体を閉じたときの高さを実測してみます。

本体の高さ

ゴム足を含めた高さの実測値は 約 15~17 mm。

本体の大きさのイメージです。本体の上には A4コピー用紙と B5版ノートを 載せています。

本体の大きさイメージ

次に、電源アダプターを見てみます。

電源アダプターの最大消費電力は 65W(19.5V, 3.33A)です。

電源アダプターの最大消費電力

省電力タイプなので大きさは手のひらサイズです。

電源アダプターの大きさ比較

また、電源アダプターは、電源コードでのコンセント接続のほか、ウォールマウントプラグでコンセントに直付けすることもできます。

ウォールマウントプラグ

ウォールマウントプラグをアダプターに接続

次に、本体や電源アダプターなどの重さを計測してみます。

本体の重さは 1,342g。電源アダプターと電源コード、ウォールマウントプラグの重さは、それぞれ 221g、110g、41gです。

本体一式の重さ

外出するときの持ち歩きも、ラクにできそうです。

 

スペックについて

レビューに使用した『HP EliteBook x360 1030 G2』のスペックです。

OS Windows 10 Pro (64bit)(日本語)
CPU 第7世代 インテル Core i5-7200Uプロセッサー
メモリ オンボード8GB DDR4
ストレージ 256GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチワイド(16:9)フルHD 液晶 タッチディスプレイ(1920×1080ドット、マルチタッチ、最大1677万色、IPS方式)、LEDバックライト
グラフィックス インテル HDグラフィックス620 (CPU に内蔵)
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 8265 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
Webカメラ 720p HD Webカメラ、、内蔵ステレオマイク
本体サイズ(W×D×H) 316×218×14.9(最厚部分、突起部含まず)mm
本体質量 約 1.28kg

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBoard)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(Graphics CPU内蔵)
グラフィックス(CPU内蔵)

モバイルノートとして、快適なパフォーマンスが期待できるスペック構成です。

また、ストレージは、PCIe接続 / NVMe対応の SSD です。

NVMe は、高速ストレージ SSD の読み書きの速さを活かしてくれる、より高速なデータ転送が可能なインタフェースです。

SATA接続の SSD よりも さらに高速なデータアクセスが可能なので、Windows や アプリの起動も さらに高速化され快適度がアップします。

なお、メモリはオンボードのため増設は基本的に不可となっています。メモリはあらかじめ余裕をもった容量を搭載していた方がよいでしょう。

ELITEBOOK ロゴ

 

ディスプレイ

『HP EliteBook x360 1030 G2』のディスプレイは 13.3インチワイド・フルHD液晶・IPSディスプレイです。

フルHDディスプレイは、高精細な描画で映像がキレイです。

ディスプレイに描画された映像(ハイビスカス)

ディスプレイに描画された映像(コスモス)

ディスプレイに描画された映像(花束)

ディスプレイの映り込み具合を見てみます。

画面映り込み(電源オフ時)

画面映り込み(電源オン時)

電源オフ状態では映り込みが目立つものの、映像が描画されている状態では映り込みが少し低減されています。

とはいえ、光沢液晶は描画がキレイな反面、非光沢液晶にくらべれば、それほど映り込みは低減されないため、使う場所によっては照明などの映り込みが気になるかもしれません。

次に、視野角を確認してみます。

正面
正面

右側 ディスプレイ面から45度の角度
右側 ディスプレイ面から45度の角度

右側 ディスプレイ面から30度の角度
右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から45度の角度
上側 ディスプレイ面から45度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度
上側 ディスプレイ面から30度の角度

水平方向、垂直方向ともに視野角は広く、斜めからも鮮明な映像を見ることができます。

次は、ディスプレイに表示される文字の大きさを確認してみます。

下の画像は、インターネットエクスプローラーに HP EliteBook x360 1030 G2 の公式ページを表示したものです。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさ

インターネットエクスプローラーの拡大設定ではデフォルト値が 150% となっており、筆者のように小さい文字が苦手でもラクに見ることができる大きさです。

なお、Windows 設定のディスプレイに表示するテキストスケーリングの推奨値も 150% となっています。(基本的には Windows 設定のテキストスケーリングがインターネットエクスプローラーの拡大設定に反映されます。)

Windows の設定でディスプレイに表示するテキストのスケーリング

 

キーボード&タッチパッド

『HP EliteBook x360 1030 G2』のキーボードのレイアウトです。

キーボード全体(真上)

キーボード全体(右斜め)

キーボード全体(左斜め)

キーボード面にもアルミ素材が採用されており質感も良好です。指紋や皮脂の跡も目立ちません。

キートップ(キーの表面)はわずかに湾曲しており、表面はマットな仕上がりでシットリなじむ感じです。指先のフィット感はとても良好です。

キーボードトップ

キーストロークも浅くなく、打鍵感もシッカリとしています。

キーストローク

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は およそ18.5mm。

キーピッチ

キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

キーボードに両手を置いたときのイメージです。

キーボードに両手を置いたときのイメージ

キーピッチは実測値のわりに少し窮屈な感じがするかもしれませんが、すぐになれると思います。

ファンクションキーは、ディスプレイの明るさ調整やボリュームコントロールなどのマルチメディア系の制御と、カタカナや英字に変換する標準的なファンクションキーの切り替えをかんたんに行うことができます。

左側の[shift]キー → [fn]キー → 左側の[shift]キーの順番に押下することで切り替えられます。

ファンクションキー切り替え
[fn]キーのLED点灯時(左側の画像)は標準的なファンクションキー

また、キーボードにはバックライトが搭載されています。[F9]キー(標準的なファンクションキーの場合、[fn]+[F9]キー)押下によりバックライトの点灯(明)→点灯(暗)→消灯の切り替えが可能です。

キーボードバックライト消灯時
キーボードバックライト消灯時

キーボードバックライト点灯時(明)
キーボードバックライト点灯時(明)

キーボードバックライト点灯時(暗)
キーボードバックライト点灯時(暗)

キーボードの全体的な使用感としては、モバイルノートながらタイピングしやすい印象です。

ただ、上下のカーソルキーはサイズが小さく、多少の扱いにくいさを感じるかもしれません。

次がタッチパッド。

タッチパッドはクリックボタンが一体化したタイプで、タッチパッドの大きさも狭さを感じさせないちょうど良いサイズです。

ちょうど良い大きさのタッチパッド

タッチパッドの淵にはダイヤモンドカットが施されていて質感も高く、滑らかなスベリで全体的に扱いやすい印象です。

タッチパッドの淵にはダイヤモンドカット

また、タッチパッド右上には NFC が搭載されており、スマートフォンと連携することもできます。

タッチパッド右上には NFC 搭載

レビュー前編は以上です。

後編では、『HP EliteBook x360 1030 G2』の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 


日本HP直販「HP Directplus」公式サイト
⇒ 『HP EliteBook x360 1030 G2』 製品詳細
icon

※『HP EliteBook x360 1030 G2』は法人向けモデルですが、個人ユーザーも購入できます。

 

LINEで送る
Pocket

 

HP Directplus 特別クーポン情報

HP Spectre & HP ENVY

本サイトでは 日本HP直販サイト「HP Directplus」で使える 7%オフ特別クーポン を提供中です。
特別クーポンの使い方は こちらをご覧ください。
⇒ HP Directplus 特別クーポン情報