LINEで送る
Pocket

日本HP『HP Pavilion 510-p100jp』の実機レビュー 前編です。

『HP Pavilion 510-p100jp』は、フロントパネルの緻密なドットテクスチャーがオシャレなスタイリッシュ・ミニタワーPC。

フロントパネルのセンターラインがシルバーになったことで、スタイリッシュ感がさらにアップしています。

前編では、外観などのデザインや、スペック、本体内部についてのレビューを行います。

HP Pavilion 510-p100jp 正面側

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
インターフェース
本体内部
キーボード&マウス
(後編)
ベンチマーク
Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

<参考>
『HP Pavilion 510-p100jp』には、CPU、メモリ、ストレージのスペック構成により、「エントリーモデル(Core i3:510-p131jp)」「スタンダードモデル(Core i5:510-p151jp)」「パフォーマンスモデル(Core i7:510-p171jp)」がラインナップしています。
今回レビューを行うのは、パフォーマンスモデルです。

 

外観について

『HP Pavilion 510-p100jp』のカラーは清潔感のある「ブリザードホワイト」。

フロントパネルに施されている緻密なドットテクスチャーとシルバーのセンターラインがデザイン性を高めている印象です。

フロントパネルのドットテクスチャー

正面側から見てみます。

正面

背面側を見てみます。

背面側

本体の正面に向かって左側の写真です。

本体正面に向かって左側

本体の正面に向かって右側の写真です。

本体正面に向かって右側

本体上面側です。

本体上面側

電源ボタンは、本体上面のフロント側に実装されています。なお、電源ボタンには LEDが付いており、電源オンすると電源ボタンが点灯します。

本体底面側です。

本体底面側

底面のゴム足は、前面側の左右 2箇所に実装されています。背面側は底面部分を突起させただけですが、とくに滑りやすいといった印象はありませんでした。

本体の大きさのイメージです。22インチサイズのモニターと並べてみます。

本体の大きさイメージ(22インチモニター)

 

スペックについて

レビューに使用した実機『HP Pavilion 510-p171jp』のスペックです。

OS Windows 10 Home (64bit)
CPU 第6世代インテル Core i7-6700T プロセッサー
メモリ 8GB(8GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
ストレージ 2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 530 (プロセッサーに内蔵)
ネットワーク 10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
ワイヤレス IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェース ■前面側
USB2.0×2、メディアカードリーダー、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート
■背面側
USB3.0×2、USB2.0×2、アナログRGBミニD-sub15ピン、HDMI、ライン出力、ライン入力、マイク入力、セキュリティロックケーブル用ホール、セキュリティループ用ホール
キーボード&マウス USB日本語 (109A) キーボード (コンパクトタイプ) & USB光学スクロールマウス
本体サイズ(W×D×H) 約164 × 322 × 322 mm(縦置き)
本体質量 約 5.3 kg

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBorad)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(SPD #1)
メモリスロット#1

CPU-Z(Graphics)
グラフィックス(CPU内蔵)

第6世代インテル Core i7-6700T プロセッサーに、8GBメモリを搭載し、パフォーマンスモデルらしいスペック構成です。

ストレージは大容量の 2TB HDD、写真や動画などサイズの大きいファイルやデータも、たくさん保存することができます。

スペック構成としては、写真や動画編集も、快適なパフォーマンスが期待できる内容です。

 

インターフェース

『HP Pavilion 510-p100jp』のインターフェースを見てみます。

正面側インターフェース

正面側には、「DVDスーパーマルチドライブ」、「ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート」、「メディアカードリーダー」、「USB2.0」が実装されています。

DVDドライブにメディアをセットする際は DVDドライブの右側にセットするようになります。

正面側インターフェース(DVDドライブ)

つぎに、背面側のインターフェースを見てみます。

背面側インターフェース

背面側には、「電源コネクター」、「ライン入力(水色)」、「ライン出力(緑)」、「マイク入力(ピンク)」、「LANポート」、「USB2.0」×2、「USB3.0」×2、「HDMI 端子」、「アナログRGBミニD-sub15ピン」が実装されています。

 

本体内部

『HP Pavilion 510-p100jp』の本体内部を見てみます。

本体を開けるには、背面側にある 1本のネジを外した後、側面パネルを後ろ側にスライドさせれば、側面パネルを外すことができます。ドライバー(ネジ回し)は必要ありません。

側面パネルのネジを外す

サイドカバーを引いて外す

本体内部の全体イメージです。

本体内部の全体イメージ

CPU、メモリ、PCI Express x16 拡張スロットです。

CPU、メモリ、拡張スロット

HDD と DVDドライブです。

HDDとDVDドライブ

電源ユニットは、180W ATX電源を採用しています。

180W ATX電源

 

キーボード&マウス

『HP Pavilion 510-p100jp』に同梱されているキーボードとマウスは USB有線接続です。

キーボードのレイアウトです。

キーボード全体(その1)

キーボードは、ゆるやかな傾斜があって打ちやすいです。

キーボード全体(その2)

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 約19mm。ちょうど良い感じです。

キーボード キーピッチ

キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

[enter]キーや[back space]キーの左隣りのキーのサイズは若干小さめになっているのでチェックが必要です。個人的にはほとんど違和感なく使えましたが、右手の小指の可動範囲を考慮すれば、小さめでも良いように思えます。ただ、好みが分かれるところかもしれません。

キーストロークは深めで、シッカリとした打鍵感がありタイピングしやすいです。

キーストローク

続いて、マウス。

マウス

マウスは軽めで、手のひらにフィットしますが、少し平べったい感覚があり、個人的にはホイールを使ったスクロールに少しやりにくさを感じました。好みがわかれるところです。

マウスは手のひらにフィットするが・・・

キーボードとマウスが有線接続の場合、個人的にはわずらわしさを感じますが、全体的な使用感としては、まずまずの印象です。

後編では、『HP Pavilion 510-p100jp』の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 


日本HP直販「HP Directplus」公式サイト
⇒ 『HP Pavilion 510-p100jp』 製品詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket