LINEで送る
Pocket

セール・キャンペーン情報
⇒ HP Pavilion Wave 600 キャンペーン
icon■Pavilion Wave 600 が通常より最大24,000円オフ!
【2017/ 4/10(月)まで】
⇒ まるっとセットキャンペーン
icon■27インチモニターとプリンターのセット価格が通常より最大23,600円オフ!送料無料!
■27インチモニターと TVチューナーのセット価格が通常より最大23,600円オフ!送料無料!
【2017/ 3/27(月)まで】

日本HP『HP Pavilion Wave 600-000jp』の実機レビュー 後編です。

『HP Pavilion Wave 600-000jp』は、これまでに見たこともない「トライアングラーフォーム」と呼ばれる三角柱の形状のデスクトップPCです。

後編では、ベンチマーク、サウンド、起動・シャットダウン時間計測などのレビューを行います。

なお、今回レビューを行う実機は、スタンダードモデル『HP Pavilion Wave 600-a051jp』です。

HP Pavilion Wave 600-000jp と HP 27er モニター

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
インターフェース
キーボード&マウス
(後編)
ベンチマーク
BANG & OLUFSEN サウンド視聴
起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

 

ベンチマーク

パソコンの基本性能や、グラフィック性能、ストレージについての性能を測定します。

基本性能

Windowsに搭載されているシステム評価ツール「WinSATコマンド」によるパソコン性能の測定です。

WinSATコマンドによる測定

「WinSAT」による測定は、PCの性能を相対的に数値化して表現したもので、各項目の説明は次のとおりです。

CPUScore CPU のスコア
D3DScore ゲーム用グラフィックスのスコア
DiskScore プライマリハードディスクのスコア
GraphicsScore グラフィックスのスコア
MemoryScore メモリのスコア
TimeTaken 前回の評価(「MostRecentAssessment」は直近の評価を表します)
WinSATAssessmentState 評価の状態を表す値(1:評価済み、2:要再評価)
WinSPRLevel 基本スコア(SPR:System Performance Rating)

グラフィック性能

「3DMark」「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」、3つのソフトを使ってグラフィック性能を測定します。

まず「3DMark」の測定結果です。

3DMark は、「ICE STORM」「CLOUD GATE」「SKY DIVER」「FIRE STRIKE」、4つのゲームシーンの描画の滑らかさをもとにグラフィック性能を測定するソフトで、測定の前にはデモ映像が流されます。

スコアの高さは描画の快適性を表しています。

3DMark 測定結果

デモ映像を見た印象としては、「ICE STORM」「CLOUD GATE」は、なめらか描画です。「SkyDiver」では、ときどき少しカクカクとした感じはあるものの我慢できるレベル。「FireStrike」にいたっては、スコアの示す通りコマ送り描画でした。

「SkyDiver」レベルのゲームまでは快適にプレイできそうです。

次が、「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」の測定結果。

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1280×720)
標準品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(最高品質、解像度 1280×720)
最高品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1920×1080)
標準品質、解像度 1920×1080

さいごに、「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 標準品質(デスクトップPC)標準品質(デスクトップPC)、解像度 1280×720

ファイナルファンタジー 高品質(デスクトップPC)高品質(デスクトップPC)、解像度 1280×720

解像度 1280×720 の標準品質なら、快適にプレイできる結果です。

3つのベンチマークソフトの測定スコアから、グラフィックス性能はまずまずといった印象です。高度なグラフィック処理を伴わない、通常クラスのゲームなら、快適にプレイできそうです。

ストレージ

ストレージのベンチマークです。

『HP Pavilion Wave 600-a051jp』のストレージのドライブ構成は次のようになります。

ストレージのドライブ構成

ストレージは、SEAGATE 製のHDDで、容量は 1TB です。

ストレージ情報

ストレージのデータ転送速度です。

ストレージのデータ転送速度

参考データとして、以前レビューを行ったエントリーデスクトップ『HP Slimline 260-p050jp』(Windows 10 Home 64bit、インテル Core i5-6400T、4GBメモリ)のストレージ(Western Digital 製 1TB HDD、7200回転)のデータ転送速度を掲載します。

『HP Slimline 260-p050jp』ストレージ・データ転送速度
『HP Slimline 260-p050jp』ストレージ・データ転送速度

メモリ容量が違いますが、同じ CPU を搭載しています。ストレージの性能としては ほぼ同じといえます。

 

BANG & OLUFSEN サウンド視聴

『HP Pavilion Wave 600-000jp』のスピーカーは、本体の中心部上方向にむけて配置されており、天板のパラボリック・リフレクターを経由したサウンドは 360度全方向に広がる構造になっています。

パラボリック・リフレクター

実際に聴くそのサウンドは、低音域から高音域まで、音域が広く音の広がりも感じます。パソコンのサウンドとは思えない高音質のサウンドです。

また、BANG & OLUFSEN サウンドは、自分好みにイコライジングできるコントロール画面があり、そこでお好みのサウンドに調整することもできます。

以下は、BANG & OLUFSEN コントロール画面のイメージになります。

BANG & OLUFSEN サウンド コントロール画面(出力・プリセット)
プリセット一覧

BANG & OLUFSEN サウンド コントロール画面(出力・プリセット)
イコライザーで好みの音質に調整可能

ヘッドフォンで聴くサウンドもかなりグッドで、サウンド性能として質の高さを感じました。

 

起動・シャットダウン(動画に収録)

Windowsの起動時間とシャットダウン時間は、次のとおりです。

・起動     :23.9秒
・シャットダウン:11.7秒

Windowsの起動とシャットダウンの様子を動画に収録しています。起動・シャットダウン時間を感覚でイメージできるので参考にどうぞ!

 

搭載ソフトウェア

『HP Pavilion Wave 600-000jp』に標準搭載されているソフトウェアは、Windows標準のソフトのほか、HPヘルプ&サポートソフト、動画再生ソフト「CyberLink Power Media Player 14」、動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector」、セキュリティソフト「マカフィー リブセーブ」などがインストールされています。

各種アプリケーション

HPヘルプ&サポートソフトとしては、PCのメンテナンスや問題の回避/解決に役立つ機能が搭載された「HP Support Assistant」、パソコンのバックアップ・リカバリーに便利な「HP Recovery Manager」などがインストール。リカバリメディアを作成するツール「Recovery Media Creation」も入っています。リカバリメディアを作成しておけばコンピューターを出荷時の状態に復元することができます。

また、24インチサイズ以上の大画面モニターをつなげば、迫力の映像とサウンドで動画鑑賞や動画編集を楽しむことができます。

動画編集ソフト「CyberLink PowerDirector」

 

付属品

『HP Pavilion Wave 600-000jp』には、本体一式(本体、キーボード、マウス、電源アダプター/コード)のほか、以下の付属品が同梱されています。

『HP Pavilion Wave 600-0001jp』付属品一式

マニュアル類としては、「セットアップ手順」「速攻!HPパソコンナビ 特別編」などが添付されています。

『HP Pavilion Wave 600-000p』ドキュメント類

セットアップ手順
セットアップ手順

速攻!HPパソコンナビ 特別編
速攻!HPパソコンナビ 特別編をチラ見

 

まとめ

『HP Pavilion Wave 600-000jp』は、「トライアングラーフォーム」と呼ばれる、これまでに見たこともない三角柱の形状のデスクトップPCで、ファブリック素材で覆われた本体はインテリアにもマッチするデザインです。

デザイン性の高さもさることながら、シッカリとした性能とパワーが詰め込まれている印象です。

また、サウンドも低音域から高音域まで幅広い音域をカバーしており、パソコンとは思えないサウンドを体感することができます。

これまでのパソコンのイメージを一新させ、パソコンは楽しむものへと再定義したモデルといえます。

なお、『HP Pavilion Wave 600-000jp』には、今回レビューを行ったスタンダードモデルのほか、エントリーモデル、スタンダード(グラフィックス/SSD搭載)モデル、パフォーマンス(グラフィックス/SSD搭載)モデルなどがラインナップしています。

ラインナップしているモデルの詳細や価格などの最新情報は、日本HPの直販サイト「HP Directplus」でチェックしてみてください。

 


日本HP直販「HP Directplus」公式サイト
⇒ 『HP Pavilion Wave 600-000jp』 製品詳細
icon

 

 

LINEで送る
Pocket