LINEで送る
Pocket

■旧モデル クリアランス情報
『HP Spectre 13』モデルチェンジにより、旧モデルが 最大10,000円オフ!
さらにオフィスソフトが半額!送料無料!【12/12 (月)まで】

日本HP『HP Spectre 13』の実機レビュー 前編です。

『HP Spectre 13』は、思わず眼を惹きつけられそうな高級感あふれるラグジュアリーデザインのモバイルノートPC。

性能にも優れ、圧倒的所有感とパフォーマンスを兼ね備えたモデルです。

前編では、外観などのデザインや、スペック、ディスプレイ、キーボードについてのレビューを行います。

HP Spectre 13 正面

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
アクセサリー(レザークラッチバッグ&ワイヤレスマウス)
(後編)
ベンチマーク
BANG & OLUFSEN サウンド視聴(動画に収録)
起動時間・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

『HP Spectre 13』には、第6世代インテル Core i5 プロセッサー搭載モデル「HP Spectre 13-v006TU」と、第6世代インテル Core i7 プロセッサー搭載モデル「HP Spectre 13-v007TU」がラインナップしています。
ここでは「HP Spectre 13-v006TU」のレビューを実施しています。

 

外観について

『HP Spectre 13』は、ダークグレーのボディにブロンズゴールドのラインが印象的なプレミアムなデザインです。

HP Spectre 13 トップカバー(その1)

HP Spectre 13 トップカバー(その2)

CNC削り出しアルミニウムとカーボンファイバーのボディは、高級感のあるデザインのなかにも高い堅牢性を兼ね備えています。

HP Spectre 13 背面側

底面部には、軽量かつ剛性に優れたカーボンファイバー素材が使われています。

底面側

また、底面部には、効率よく本体を冷却する構造が採用されています。

効率よく本体を冷却する構造

デュアル・ファンで、吸気口から吸入し、本体内部を冷却後、背面側の排気口から排気される構造で、排気口からの熱が底面部に逆流しないよう、ゴム足の設計にも配慮されています。

冷却システム イメージ

ヒンジには、『HP Spectre 13』の特徴のひとつでもある「シリンダーヒンジ」が採用されています。

シリンダーヒンジ(その1)

シリンダーヒンジ(その2)

シリンダーヒンジの構造のイメージです。

HP Spectre 13-v000 シリンダーヒンジ(イメージ)

クルマやオートバイのシリンダーを連想させる構造から、「シリンダーヒンジ」の名称がつけられました。

シリンダーヒンジ(その3)

また、トップカバーの HPロゴには、ラグジュアリーデザインの象徴ともいえる、ブロンズゴールドの「スラッシュ・ロゴ」が採用されています。

HP スラッシュロゴ

前後左右の側面からはこんな感じ。

前後左右

背面側、ブロンズゴールドのラインには、「SPECTRE」の刻印が施されています。

背面側には「SPECTRE」の刻印

次に、インターフェースを見てみます。

インターフェース(背面側)

インターフェースポート類は、背面側に集中して実装されています。

写真の左側から、「USB Type-C 3.1」、「USB Type-C 3.1 Thunderbolt 3」×2、「ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート」が実装されています。

USB Type-C は、USB 3.0 まで採用されていた表裏のあるコネクタ形状とは異なり、左右対称になっているのが特徴です。

USB Type-C のいずれのポートでも、電源アダプターをつないで使用することができます。

Thunderbolt 3 のポートからは USB ポートよりも高い給電(バスパワー)が可能で、Thunderbolt専用ケーブルをつなげば、より高速なデータ転送も可能です。

また、HDMI出力ポートは搭載されていませんが、USB Type-C → HDMI変換アダプターをつなぐことで外部ディスプレイへ映像出力することができます。

『HP Spectre 13』には、USB A 変換アダプターが同梱されています。

このアダプターがあれば、USBメモリなど、従来からの USB機器を使うことができますが、ポート類が背面側だけなので少し使いにくさを感じます。

USB A 変換アダプター

スピーカーは、キーボードの左右両サイドに内蔵しています。

スピーカーはキーボードの左右に内蔵

電源スイッチは、キーボード面の左上にあります。

電源スイッチ

内蔵Webカメラ (HP TrueVision HD Webcam) とデュアルマイクです。

内蔵カメラ(内側)

次に、本体を閉じたときの高さを実測してみます。

本体の高さ

本体の高さは 約 13mm。とても薄いです。

本体の大きさは A4サイズより一回りくらい大きいサイズです。(本体の上にあるのは A4コピー用紙です)

本体の大きさは A4サイズより一回りくらい大きいサイズ

次が重さ。
本体の重さは 1,113g、USB A 変換アダプターが 13g、電源アダプターは 197g、電源コードは 109g です。

重さを実測

本体を持った感じも軽く、片手でラクにに持つことができます。

片手でもラクに持てる

電源アダプターはコンパクトサイズで、本体へのコネクタは左右対称の USB Type-Cコネクタです。

電源アダプター

また、電源アダプターに電源コードを挿し込むと、こんな感じになります。

電源アダプターにコードを挿し込む

『HP Spectre 13』本体は専用の化粧箱の中に入っており、ここでも高級感あふれるラグジュアリーさを感じさせてくれます。

梱包箱のなかに化粧箱
梱包箱のなかに化粧箱

『HP Spectre 13』の化粧箱
『HP Spectre 13』の化粧箱

化粧箱のなか
化粧箱のなかに本体が収納

 

スペックについて

レビューに使用した実機のスペックです。

OS Windows 10 Home (64bit)
CPU インテル Core i5-6200U プロセッサー
メモリ 8GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080/最大1677万色、IPS方式、Gorilla ガラス 4)
グラフィックス インテル HDグラフィックス 520 (プロセッサーに内蔵)
LAN なし
ワイヤレス IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2
Webカメラ HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)、内蔵デュアルマイク
本体サイズ(W×D×H) 約325×229×10.4(最薄部)-11.2(最厚部)mm
本体質量 約1.11 kg

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBoard)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(SPD #1)
メモリスロット#1

CPU-Z(SPD #2)
メモリスロット#2

CPU-Z(Graphics)
グラフィックス(CPU内蔵)

モバイルノートとして、高いレベルのスペック構成です。

使用感としても、レスポンスも良く、サクサク快適に動いてくれます。

 

ディスプレイ

『HP Spectre 13』のディスプレイは 13.3インチワイドディスプレイで、解像度はフルHD(1,920×1,080ドットです。

画面解像度
画面解像度

次に、ディスプレイの映り込み具合を見てみます。

画面映り込み(電源オフ時)

画面映り込み(電源オン時)

映り込みはあるものの、実際使っているときは、あまり気になりませんでした。

一眼デジカメで撮影した写真をディスプレイに描画してみました。

ディスプレイに描画された映像

次に、視野角を確認してみます。

正面
正面

右側 ディスプレイ面から45度の角度
右側 ディスプレイ面から45度の角度

右側 ディスプレイ面から30度の角度
右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から45度の角度
上側 ディスプレイ面から45度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度
上側 ディスプレイ面から30度の角度

視野角は広いです。

斜めから見ると発色が若干低下しますが、実用には全然問題ないレベルです。

次が、ディスプレイを開くことができる最大角度。

ディスプレイを開くことのできる最大角度

次は、ディスプレイに表示される文字の大きさを確認してみます。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさはこんな感じ。
『HP Spectre 13』の公式ページを表示したものです。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさ

ディスプレイの下にある「HP」のロゴの大きさと比較してみればわかると思いますが、小さな文字が苦手な管理人でもラクに読める大きさです。

ちなみに、Windows の設定では、ディスプレイに表示するテキストのサイズは 150% が推奨値となっていました。

Windows の設定でディスプレイに表示するテキストのサイズ

 

キーボード&タッチパッド

キーボードのレイアウトです。

レビュー機のキーボードは英語配列ですが、製品版は日本語配列です。

キーボード全体
英語配列のキーボード(製品版は日本語配列)

キートップの周囲もブロンズゴールドのカラーが施されていて、ここにもラグジュアリー感があふれています。

キートップの周囲もブロンズゴールド

キーストロークは深めで、とても打ちやすいです。

キーストローク

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 約18.5mm。キーボードは大きめでゆとりあるレイアウトです。

キーピッチはフルサイズ

キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

また、キーボードは、[F5]キー押下によりバックライトの点灯/消灯を切り替えられます。

キー操作でキーボードのバックライトが点灯

キーボードは、見た目のラグジュアリー感だけではなく、使いやすさも兼ね備えています。

次がタッチパッド。

タッチパッドの大きさは、キーボードとバランスが取れた、ちょうど良いサイズです。スベリも良くジェスチャー操作もやり易いです。

ちょうど良い大きさのタッチパッド

 

アクセサリー(レザークラッチバッグ&ワイヤレスマウス)

『HP Spectre 13』には、そのラグジュアリー感にマッチするアクセサリーとして、「レザークラッチバッグ」と「ワイヤレスマウス」もラインナップしています。

レザークラッチバッグ

レザークラッチバッグの外側は、レザーで質感も高いです。

レザークラッチバッグの外観レザークラッチバッグ

1枚仕立てで、縫製もシッカリしています。

レザークラッチバッグは1枚仕立て

レザークラッチバッグはシッカリとした縫製

ジッパーもブロンズゴールドのカラーで頑丈です。

レザークラッチバッグのジッパーもブロンズゴールド

レザーには「HP EST. 1939 CALIFORNIA USA」と刻印されています。

レザークラッチバッグに刻印されたロゴ

「HP、1939年 USA カリフォルニア州にて設立」といった意味でしょうか。

レザークラッチバッグの内側は マイクロスエード素材です。柔らかな質感で本体をやさしく包んでくれます。

レザークラッチバッグの内側はマイクロスエード素材

レザークラッチバッグは本体をやさしく包んでくれる

サイズも『HP Spectre 13』にピッタリです。

レザークラッチバッグのサイズは『HP Spectre 13』にピッタリ

ワイヤレスマウス

アクセサリのマウスは「HP Z5000 Bluetooth マウス」で、こちらのデザインも『HP Spectre 13』のラグジュアリーなデザインにマッチしています

ワイヤレスマウスの外観(その1)

ワイヤレスマウスの外観(その2)

本体と一緒に持ち歩くことも想定された、厚みの少ない形状で、厚みが少ない分、最初は手のひらへのフィット感に物足りなさを感じますが、慣れてくれば問題のないレベルです。

ワイヤレスマウスの外観(その3)

反応も良く、クリックの操作音も小さい作りになっています。

ちなみに、マウスの電池は単3乾電池1本です。

電池を交換するときは、マウスの「Hp」のロゴの下を爪などで押し上げると、簡単にマウスカバーを開けることができます。

マウスカバーは簡単に開けられる

マウス本体とカバーはマグネットで接合しているので、電池交換もラクにできます。

マウス本体とカバーはマグネットで接合

後編では、『HP Spectre 13』の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 


日本HP直販「HP Directplus」公式サイト
⇒ 『HP Spectre 13』 製品詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket