LINEで送る
Pocket

デル『Inspiron 24 5000 (5475)』の実機レビュー 後編です。

後編では、各種ベンチマーク、RAWデータ現像・動画エンコード処理時間計測、起動・シャットダウン時間計測などのレビューを行います。

Inspiron 24 5000 正面側(その3)

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&マウス
(後編)
ベンチマーク
RAWデータ現像・動画エンコード処理時間計測
サウンド チェック
Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

※記事内容は 2017年9月27日時点のものになります。

今回レビューを行うのは、第7世代 AMD A10-9700E APU 搭載の「プレミアムモデル」です。

スペックについては、「スペックについて」の章をご覧ください。

 

ベンチマーク

パソコンの基本性能や、グラフィック性能、ストレージについての性能を測定します。

基本性能

Windowsに搭載されているシステム評価ツール「WinSATコマンド」によるパソコン性能の測定です。

WinSATコマンドによる測定

「WinSAT」による測定は、PCの性能を相対的に数値化して表現したもので、各項目の説明は次のとおりです。

CPUScore CPU のスコア
D3DScore ゲーム用グラフィックスのスコア
ただし、従来のゲーム用グラフィックスのスコアのため Windows 10では計測対象外(9.9というスコアは対象外)
DiskScore プライマリハードディスクのスコア
GraphicsScore グラフィックスのスコア
MemoryScore メモリのスコア
TimeTaken 前回の評価(「MostRecentAssessment」は直近の評価を表します)
WinSATAssessmentState 評価の状態を表す値(1:評価済み、2:要再評価)
WinSPRLevel 基本スコア(SPR:System Performance Rating)

総合的なパフォーマンス

「PCMark 8」を使用して、PCのアプリケーション実行における総合的なパフォーマンスを測定します。

Home Test

家庭での利用を想定したテストです。

PCMark 8 Home Test スコア

PCMark 8 Home Test スコア比較
OpenCL対応の Accelerated にて測定

Creative Test

クリエイティブな利用を想定したテストです。

PCMark 8 Creative Test スコア

PCMark 8 Creative Test スコア比較
OpenCL対応の Accelerated にて測定

総合的なパフォーマンスとしては、エントリークラスを多少上回る性能と言ったところでしょうか。

グラフィック性能

「3DMark」「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」、4つのベンチマークソフトを使ってグラフィック性能を測定します。

まず「3DMark」の測定結果です。

「ICE STORM」「CLOUD GATE」「SKY DIVER」「FIRE STRIKE」「Time Spy」、各シーンの描画の滑らかさをもとにグラフィック性能を測定します。

スコアの高さは描画の快適性を表しています。

Win

測定前に流されるデモ映像を見たイメージとしては、次のような印象でした。

IceStrom なめらか描画
CloudGate なめらか描画
SkyDiver おおむねなめらか描画。ときどきカクつく感じもあったが問題ないレベル。
FireStrike コマ送り描画
TimeSpy コマ送り描画

次が、「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」の測定結果。

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1280×720)
標準品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(最高品質、解像度 1280×720)
最高品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1920×1080)
標準品質、解像度 1920×1080

ドラクエベンチマーク(最高品質、解像度 1920×1080)
最高品質、解像度 1920×1080

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 高品質(デスクトップPC)、DirectX 11
高品質(デスクトップPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

ファイナルファンタジー 最高品質、DirectX 11
最高品質、解像度 1280×720、DirectX 11

さいごに、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 高品質(デスクトップPC)
高品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 最高品質
最高品質、解像度 1280×720、DirectX 11

4つのベンチマークソフトの測定スコアから、『Inspiron 24 5000』プレミアムモデルのグラフィックス性能は、エントリークラスの上位相当のレベルといえます。

ライトなゲームや趣味としての写真・動画編集も、そこそこ快適に楽しめそうです。

ストレージ

ストレージのベンチマークです。

まず、ストレージのドライブ構成をチェックします。

ストレージのドライブ構成
ストレージのドライブ構成

ストレージは、HGST製の HDDで 容量は 1TB、回転数は 7,200rpm です。

ストレージ情報
ストレージ情報

ストレージのデータ転送速度です。

データ転送速度
データ転送速度

7,200回転/分の HDD としては、数値上、若干低めですが、体感的にはデータの読み書きが遅いといった印象はありませんでした。

 

RAWデータ現像・動画エンコード処理時間計測

『Inspiron 24 5000』プレミアムモデルで、RAWデータ現像と動画エンコードの処理時間を計測してみます。

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PhotoDirector 7

■条件等
・RAWデータ 50ファイルを一括書き出し
・プリセット等 編集は適用しない
・撮影カメラ SONY NEX-5

■処理時間

処理時間 メモリ使用量
2分13秒 4.3GB

※メモリ使用量は処理中の「コミット済みメモリ」を計測。
 (パソコンがシステム全体で実際に使用しているメモリの使用量)

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PowerDirector 15

■条件等
・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力
(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)
・動画再生時間 10分間

■処理時間

処理時間 メモリ使用量
7分00秒 4.2GB

※メモリ使用量は処理中の「コミット済みメモリ」を計測。
 (パソコンがシステム全体で実際に使用しているメモリの使用量)

 

サウンド チェック

『Inspiron 24 5000』のサウンドには Waves MaxxAudio Pro が搭載されています。

Waves MaxxAudio はイスラエルのデジタル音声&音響技術メーカーで、そのサウンドは パソコンやタブレット、スマートフォンなど幅広く採用されています。

Waves MaxxAudio Pro コントロール画面
Waves MaxxAudio Pro コントロール画面

実際に聴いてみた印象は次のとおりです。

■スピーカー
音の広がりがあり高音質。
個人的には低音域がもう少し強調したほうが良いかも。
イコライジング機能もあり、お好みのサウンドに調整することも可能。

■ヘッドフォン
各音域が強調(増幅)され、とくに低音域が増幅されサウンド全体に厚みが増し、迫力あるサウンドになる。
通常のヘッドホンで十分楽しめる。

 

Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)

『Inspiron 24 5000 (5475)』プレミアムモデルの Windows起動時間とシャットダウン時間は、次のとおりです。

・起動     :41.0秒
・シャットダウン:15.9秒

Windowsの起動とシャットダウンの様子を動画に収録しています。起動・シャットダウン時間を感覚でイメージできるので参考にどうぞ!

 

搭載ソフトウェア

『Inspiron 24 5000』に標準搭載されているソフトウェアは、Windows標準のソフトのほか、Dell サポート関連ソフト、セキュリティソフト「マカフィー リブセーブ」などがインストールされています。(写真・動画編集ソフトはインストールされていませんでした。)

各種アプリケーション

「Dell Help & Support」には、Windows 10 の操作方法、ワイヤレスや周辺機器への接続方法などを参照することができ、はじめて Windows 10 を使うときでもあんしんです。

Dell Help & Support

また、プロセッサー内蔵のグラフィックス機能を使い方に合わせて設定できる「AMD Radeon Settings」も入っています。ゲーム環境の最適化や、ディスプレイ映像の描画調整などが可能です。

AMD Radeon Settings

 

付属品

『Inspiron 24 5000』には、本体、キーボード、マウスのほか、電源アダプター、電源コード、ドキュメント類が同梱されています。

『Inspiron 24 5000 (5475)』電源アダプター、電源コード、ドキュメント類

電源アダプターの出力ワット数は 130W。その分、サイズも大きめです。

電源アダプターの出力ワット数

電源アダプターの大きさ

なお、電源アダプターには、コードを束ねておくゴムバンドが付いています。

電源アダプターのゴムバンド

ドキュメント類としては、クイックスタートガイドや、安全および認可機関に関する情報など、かんたんなマニュアルが同梱されていますが、製品の使い方や取り扱いに関する詳細な情報は、デル公式サイトで公開しており、ブラウザで閲覧できるほか、PDF ファイルとしてダウンロードすることもできます。

 

まとめ

『Inspiron 24 5000 (5475)』は、第7世代 AMDプロセッサーを搭載し、快適なパフォーマンスで映像もキレイな大画面オールインワンPCです。

Windows 起動に多少時間がかかりますが、立ち上げ後はモッサリ感もなく動作も軽快です。

とくに、フレームレスで描画される映像はキレイで、映像への没入感がとても高いのが印象的です。

また、HDMI ポートが入力用と出力用、両方実装されているのは意外と大きなアドバンテージで、2画面ディスプレイに拡張することや専用ゲーム機をつないでプレイすることも可能です。

趣味としての写真・動画編集やゲームなど、エンターテイメントも快適に楽しめるオールインワンPCといえます。

ラインナップしているモデルや価格などの最新情報は、デル直販サイト「デルオンラインストア」でチェックしてみてください。

 


デル直販「HP Directplus」公式サイト
New_Inspiron 24 5000(5475)(2017/6/13発売)
 

 

 

LINEで送る
Pocket