LINEで送る
Pocket

デル『Inspiron 13 7000 2-in-1』実機レビュー 後編です。

後編では、各種ベンチマーク、Windows 起動・シャットダウン時間計測などのレビューを行います。

Inspiron 13 7000 2-in-1 背面側(その3)

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
アクティブペン
(後編)
ベンチマーク
サウンド チェック
Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

レビュー内容は 2018年2月1日時点のものになります。

レビュー機のスペック構成については「スペックについて」の章をご覧ください。

 

ベンチマーク

『Inspiron 13 7000 2-in-1』の基本性能や総合的なパフォーマンスのほか、CPU、グラフィック、ストレージ、バッテリーの性能を測定します。

基本性能

Windowsに搭載されているシステム評価ツール「WinSATコマンド」によるパソコン性能の測定です。

WinSAT スコア

「WinSAT」による測定は、PCの性能を相対的に数値化して表現したもので、各項目の説明は次のとおりです。

CPUScore CPU のスコア
D3DScore ゲーム用グラフィックスのスコア
ただし、従来のゲーム用グラフィックスのスコアのため Windows 10では計測対象外(9.9というスコアは無視)
DiskScore プライマリハードディスクのスコア
GraphicsScore グラフィックスのスコア
MemoryScore メモリのスコア
TimeTaken 前回の評価(「MostRecentAssessment」は直近の評価を表します)
WinSATAssessmentState 評価の状態を表す値(1:評価済み、2:要再評価)
WinSPRLevel 基本スコア(SPR:System Performance Rating)

WinSAT のスコアの上限は 9.9です。

高いレベルでおおむねバランスの良いスコアです。

とくに CPUScore と MemoryScore は上限に近いスコアで、『Inspiron 13 7000 2-in-1』に搭載された CPU性能レベルの高さが分かります。
(レビュー機の CPU は 第8世代インテル Core i7-8550U プロセッサー)

総合的なパフォーマンス

「PCMark 8」を使用して、PCのアプリケーション実行における総合的なパフォーマンスを測定します。

Home Test

家庭での利用を想定したテスト内容です。

PCMark 8 Home Test スコア

PCMark 8 Home Test スコア比較
OpenCL対応の Accelerated にて測定

Creative Test

クリエイティブな利用を想定したテスト内容です。

PCMark 8 Creative Test スコア

PCMark 8 Creative Test スコア比較
OpenCL対応の Accelerated にて測定

総合的なパフォーマンスとしては、モバイルノートながら高いレベルのスコアです。

一般的なノートPC にくらべ格段に性能レベルが高く、自宅や外出先など、いろいろなシーンで快適に使える、高いレベルの性能を備えている印象です。

CPU性能

「CINEBENCH」を使って、CPU性能を測定します。

CINEBENCH 測定結果

レビュー機『Inspiron 13 7000 2-in-1』の CPU には、第8世代 インテル Core i7-8550U プロセッサーが搭載されています。

前世代(第7世代)のインテル Core i7-7500U プロセッサーの CPU スコアは 350cb くらいですので、ベンチマークのスコアを見る限り、CPU性能は およそ 57% アップしていることが分かります。

グラフィック性能

「3DMark」「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」、4つのベンチマークソフトを使ってグラフィック性能を測定します。

まず「3DMark」の測定結果です。

「Ice Storm」「Cloud Gate」「Sky Diver」「Fire Strike」「Time Spy」、各シーンの描画の滑らかさをもとにグラフィック性能を測定します。

スコアの高さは描画の快適性を表しています。

3DMark

測定前に流されるデモ映像を見たイメージとしては、次のような印象でした。

Ice Storm なめらか描画
Cloud Gate なめらか描画
Sky Diver おおむねなめらか描画。ときどきカクついたシーンもあったが問題ないレベル。
Fire Strike カクカクした描画
Time Spy カクカクした描画

次が、「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」の測定結果。

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1280×720)
標準品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(最高品質、解像度 1280×720)
最高品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1920×1080)
標準品質、解像度 1920×1080

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 標準品質(ノートPC)
標準品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

ファイナルファンタジー 高品質(ノートPC)
高品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

さいごに、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 標準品質(ノートPC)
標準品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 高品質(ノートPC)
高品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

4つのベンチマークソフトを使ったグラフィック性能の測定結果をみると、『Inspiron 13 7000 2-in-1』のグラフィック性能レベルは、CPU内蔵グラフィックスとしては高いレベルです。

モバイルノートしての快適性は充分で、ビジネスシーンでのビデオチャットやテレビ会議のほか、プライベートでも動画視聴や写真・動画の編集、ライトなゲームも、気軽に楽しむことができそうです。

動作音については、負荷のかかる処理中は排熱のためファンがフル回転し「サーッ」という音が聞こえます。さほど大きな音でもなく、負荷のかかる状態が終始続いているわけでもないので、とくに気にならないと思います。

また、本体内部の熱については、負荷のかかる処理中は本体の奥 排気口周辺が温かくなります。キーボードの奥側も若干温かく感じます。パームレストはヒンヤリとしたままでした。

ストレージ

ストレージのベンチマークです。

レビュー機の『Inspiron 13 7000 2-in-1』スプレマシーモデルのストレージは、Micron製の SSD(容量 512GB、SATA接続)です。

ストレージ情報
ストレージ情報

ストレージのドライブ構成は次のようになります。

ストレージのドライブ構成

SSD のデータ転送速度です。

ストレージのデータ転送速度
ストレージのデータ転送速度

SSD が搭載されていると、数字が示す通り Windows や アプリの起動も高速です。

バッテリー

『Inspiron 13 7000 2-in-1』に搭載されているバッテリーの性能(駆動時間と充電時間)を測定します。

■駆動時間
バッテリーでの駆動は、次の条件でバッテリーによる駆動時間を計測します。
・無線LANでインターネットに接続
・YouTubeを全画面で連続再生
・画面の明るさ:最大レベル
・音量:最大レベル

■充電時間
バッテリー充電時間の計測は以下の条件で行います。
・測定開始はバッテリー不足でWindowsがスリープしたときの残量
・電源アダプターを接続し Windows を起動
・スクリーンセーバー(ラインアート)でパソコンはアイドル状態
※スクリーンタイムアウトや PCスリープは設定しない。

バッテリーの駆動時間と充電時間の測定結果は以下のようになります。

バッテリー残量グラフ

バッテリーによる駆動は 3時間 31分経過後、Windows がバッテリー不足を検知し、パソコンはスリープ状態になりました。

通常よりもバッテリーを多く消費する使用条件というのもありますが、モバイルPC としては少し短い気がします。

とはいえ、ディスプレイの明るさや音量を適度に設定するなど、節電モードでの使用ならバッテリー駆動時間はもっと長くなるはずです。

また、バッテリー充電については、50%まで充電するのに 1時間4分、充電完了までの所要時間は 2時間55分でした。

なお、実際の使用にあたっては、環境や条件などによりバッテリーの駆動時間は変動するので、参考値としてください。

 

サウンド チェック

『Inspiron 13 7000 2-in-1』には、サウンドユーティリティソフト「Waves MaxxAudio Pro」が搭載されています。

Waves MaxxAudio Pro には、サウンドに合わせたプリセットがあらかじめ設定されているほか、スピーカーやヘッドフォンなどサウンドを再生する機器に合わせて、お好みのサウンドにチューニングすることもできます。

ちなみに、サウンドユーティリティソフトを開発した Waves MaxxAudio はイスラエルのデジタル音声&音響技術メーカーで、そのサウンドは パソコンやタブレット、スマートフォンなど幅広く採用されています。

Waves MaxxAudio Pro サウンドユーティリティソフト
Waves MaxxAudio Pro サウンド ユーティリティソフト

実際にサウンドを聴いてみた印象です。

■スピーカー
低音域から高音域まで音域が広く高音質。
臨場感もあり、パソコンながら迫力のあるサウンドを楽しめる。
ボリュームを最大にしても音割れはしない。(サウンドにもよるが)

■ヘッドフォン
低音域から中音域が増幅され、サウンド全体に厚みが増す。
サウンドに没頭できそうなくらいに高音質。

 

Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)

『Inspiron 13 7000 2-in-1』の Windows起動時間とシャットダウン時間は、次のとおりです。

・起動      : 14.5秒
・シャットダウン : 7.3秒

Windowsの起動とシャットダウンの様子を動画に収録しています。起動・シャットダウン時間を感覚でイメージできるので参考にどうぞ!

 

搭載ソフトウェア

『Inspiron 13 7000 2-in-1』に搭載されている主なソフトウェアです。

スタートメニュー

Windows標準のソフトのほか、Dell サポート関連ソフト、セキュリティソフト「マカフィー リブセーブ」などがインストールされています。

「Dell Help & Support」には、Windows 10 の操作方法、ワイヤレスや周辺機器への接続方法などを参照することができ、はじめて Windows 10 を使うときでもあんしんです。

Dell Help & Support

なお、動画再生ソフトや写真・動画編集ソフトはインストールされていませんでした。

 

付属品

『Inspiron 13 7000 2-in-1』の本体ほか同梱品一式(電源アダプター、電源コード、ドキュメント類)です。

『Inspiron 13 7000 2-in-1』本体セット

付属しているドキュメントは、「クイックスタートガイド」と「安全および認可機関に関する情報」でマルチ言語対応版です。

『Inspiron 13 7000 2-in-1』ドキュメント

いずれも、かんたんな内容が記載されている程度ですが、製品の使い方や取り扱いに関する詳細な情報は、デル公式サイトで公開しており、ブラウザで閲覧できるほか、PDF ファイルとしてダウンロードすることもできます。

 

まとめ

『Inspiron 13 7000 2-in-1』は軽快な動作でパフォーマンスも快適な 2in1 モバイルPC です。

SDカードスロットや USB、HDMI など必要なインターフェースも実装されており、いろいろなシーンで使うモバイルPC だけに利便性は高まります。

キーボードのタイプ感が筆者にとっては今ひとつでしたが、慣れることで解消されるものと思います。

価格面でみると 119,980円(税抜・配送料込) ~ という価格は、性能レベルが高いながらもリーズナブルな印象で、コストパフォーマンスに優れた 2in1 PC といえそうです。

ラインナップしているモデルの詳細や価格などの最新情報は、デル直販サイト「デルオンラインストア」でチェックしてください。

 


デル直販「デルオンラインストア」公式サイト
New_Inspiron_13_7000_2in1_7373(2017/9/29発売)
 

 

 

LINEで送る
Pocket