LINEで送る
Pocket

デル『New Inspironスモールデスクトップ (3268)』の実機レビュー 前編です。

『New Inspironスモールデスクトップ』は、スリムな筐体で省スペースにも置けるデスクトップPCです。

スリムな筐体に第7世代インテル Core プロセッサーを搭載、エントリークラスからミドルレンジクラスまでカバーできるラインナップで、コストパフォーマンスにも優れたモデルです。

前編では、外観などのデザインや、スペック、本体内部についてのレビューを行います。

New Inspironスモールデスクトップ 正面側(モニタ付き)

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
インターフェース
本体内部
キーボード&マウス
(後編)
ベンチマーク
Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

※レビュー内容は 2017年10月3日時点のものになります。

<参考>
『New Inspironスモールデスクトップ』は、CPU、メモリなどのスペック構成により、「スタンダード」「プレミアム」「プラチナ」など、いくつかのモデルがラインナップしています。

今回レビューを行うのは、「スタンダード」(Core i3 / 4GBメモリ / 1TB HDD)です。

 

外観について

『New Inspironスモールデスクトップ』のデザインは、マットなブラックのボディに、光沢のフロントパネルとシルバーのエッジがスタイリッシュさを感じさせてくれる印象です。

正面(向かって右斜め)

正面(向かって左斜め)

前後から見てみます。

正面&背面側

左右から見た画像です。

本体正面に向かって左側
本体正面に向かって左側

本体正面に向かって右側
本体正面に向かって右側

上面側と底面側です。

本体上面側と底面側

ゴム足は細長い形状で、前後2箇所ずつ、四隅に実装されています。

ゴム足(正面側)
正面側ゴム足

ゴム足(背面側)
背面側ゴム足

本体の大きさのイメージです。ティシューボックスと大きさを比べてみます。

本体の大きさイメージ(その1)

本体の大きさイメージ(その2)

比較画像で分かるように、本体の大きさはスリムでコンパクトです。

 

スペックについて

レビューに使用した実機『New Inspironスモールデスクトップ』(スタンダード)のスペックです。

OS Windows 10 Home 64ビット 日本語
CPU 第7世代 インテル Core i3-7100 プロセッサー
メモリ 4GB, DDR4, 2400MHz
ストレージ 1TB HDD (64MB キャッシュ) 7200RPM SATA 6Gb/s
光学ドライブ Tray load DVD ドライブ (Reads and Writes to DVD/CD)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 630
ワイヤレス 802.11bgn + Bluetooth 4.0, 2.4 GHz, 1×1
インターフェース ■正面側
Multi-Cardリーダー、オーディオ・コンボ・ジャック、USB 3.0ポート×2、光学ドライブ(DVD ドライブ)
■背面側
ライン入力/出力およびマイク入力、VGAポート、HDMIポート、USB 2.0ポート×4、ネットワークポート、拡張カードスロット、電源コネクター
キーボード&マウス Dell KB216 マルチメディア キーボード (日本語)ブラック(USB接続)、デル 光学 マウス-MS116 ブラック(USB接続)
本体サイズ(W×D×H) 約92.6×314.5×290 mm(縦置き)
本体質量 約 4.4 kg

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBorad)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(SPD #1)
メモリスロット#1

CPU-Z(Graphics)
グラフィックス(GPU)

レビュー機の「スタンダード」モデルのスペック構成はエントリークラスですが、全体的には、基本性能がシッカリと搭載されている印象です。

 

インターフェース

『New Inspironスモールデスクトップ』のインターフェース類を見てみます。

前面側には、「Multi-Cardリーダー」、「オーディオ・コンボ・ジャック」、「USB 3.0ポート」、「光学ドライブ(DVD ドライブ)」が実装されています。

正面側インターフェース

電源ボタンは LED 内蔵です。

電源ボタン

また、光学ドライブへメディアをセットする向きは左側になります。

光学ドライブへのメディアセット

つぎに、背面側のインターフェースを見てみます。

背面側インターフェース

背面側に実装されているインターフェース類は、次のとおりです。

・ライン入力
・ライン出力
・マイク入力
・VGAポート
・HDMIポート
・USB 2.0ポート×4
・ネットワークポート
・拡張カードスロット
・電源コネクター

 

本体内部

『New Inspironスモールデスクトップ』の本体内部を見てみます。

サイドカバーは、2本のネジを外せば簡単に開けることができます。

サイドカバーのネジ

サイドカバーを外す
ネジを外した後、サイドカバーを後ろ側へ軽く引き上げます。

サイドのカバーを外した後の本体内部の全体写真です。

本体内部の全体イメージ(その1)

CPU の実装エリアです。

CPU実装エリア

拡張カードの実装エリアです。

拡張スロット実装エリア
上段:PCI Express x1、下段:PCI Express x16

電源ユニットです。

電源ユニット

電源の最大出力ワット数は 180Wです。

電源最大出力ワット

サイドカバーの裏には、3.5インチ HDD や光学ドライブへのアクセス手順が記載されています。

本体内部へのアクセス手順

手順に沿って、HDD や光学ドライブを取り外すと、メモリの実装エリアへアクセスできます。

メモリ実装エリア

レビュー機の「スタンダード」のメモリ搭載量は 4GB。1スロット空いており、自身でのメモリ増設や、ストレージを HDD から SSD へ換装することもできそうです。(ストレージの増設はベイがないため基本的に不可)

なお、メモリ増設やストレージの換装については自己責任でお願いします。

 

キーボード&マウス

『New Inspironスモールデスクトップ』に同梱されているキーボードとマウスは、標準構成ではUSB有線接続です。

キーボードのレイアウトです。

キーボード全体(その1)

キーボード全体(その2)

キーボード全体(その3)

キーボードは、ゆるやかな傾斜が付いていますが、折りたたみ式のスタンドを立てることで、さらに傾斜をつけることができます。

キーボード傾斜

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 約19mm。

キーボード キーピッチ

フルサイズで、ゆとりあるレイアウトです。

なお、キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

キーボードに両手を置いたときのイメージです。キーピッチにゆとりがあり、両手をホームポジションに置いたときの感覚も良好です。

キーボードに両手を置いたときのイメージ

キーストロークは深めで、シッカリとした打鍵感がありタイピングしやすいです。

キーストローク

キートップ(キー表面)の形状は指先に合わせて少し湾曲しており、少しザラザラとした感触です。指先のフィット感は良好です。

キーボードトップ

続いて、マウス。

マウス

マウスは丸みのある形状で、手のひらにフィットします。

マウスは手のひらにフィット

キーボードとマウスの全体的な使用感はおおむね良好です。タイピングもしやすいですし、マウスも扱いやすいです。

ただ、有線接続の場合、デスク上の物にケーブルが引っかかったりするので、個人的にはわずらわしさを感じます。キーボードとマウスは、ワイヤレスにしたいところです。

レビュー前編は以上です。

後編では、『New Inspironスモールデスクトップ』(スタンダード)の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 


デル オンラインストア 公式サイト
inspiron-3268-desktop(2017/4/18発売)
 

 

LINEで送る
Pocket