LINEで送る
Pocket

デル『Inspiron 15 3000(3567)』の実機レビュー 後編です。

後編では、ベンチマーク、起動・再起動時間計測などのレビューを行います。

なお、レビューで使用する実機は『Inspiron 15 3000 スタンダード』です。

Inspiron 15 3000 背面側

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
(後編)
ベンチマーク
Windows の起動・再起動時間計測
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

※記事内容は 2017年2月7日時点のものになります。

 

ベンチマーク

パソコンの基本性能や、グラフィック性能、ストレージ、バッテリーについての性能を測定します。

基本性能

Windowsに搭載されているシステム評価ツール「WinSATコマンド」によるパソコン性能の測定です。

WinSat スコア

「WinSAT」による測定は、PCの性能を相対的に数値化して表現したもので、各項目の説明は次のとおりです。

CPUScore CPU のスコア
D3DScore ゲーム用グラフィックスのスコア
DiskScore プライマリハードディスクのスコア
GraphicsScore グラフィックスのスコア
MemoryScore メモリのスコア
TimeTaken 前回の評価(「MostRecentAssessment」は直近の評価を表します)
WinSATAssessmentState 評価の状態を表す値(1:評価済み、2:要再評価)
WinSPRLevel 基本スコア(SPR:System Performance Rating)

グラフィック性能

「3DMark」「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」、3つのベンチマークソフトを使ってグラフィック性能を測定します。

まず「3DMark」の測定結果です。

3DMark は、「ICE STORM」「CLOUD GATE」「SKY DIVER」「FIRE STRIKE」、4つのシーンの描画の滑らかさをもとにグラフィック性能を測定するソフトで、測定の前にはデモ映像が流されます。

スコアの高さは描画の快適性を表しています。

Win

デモ映像を見た印象としては、ICE STORM、CLOUD GATE は、スコアもまずまずで なめらか描画です。

SKY DIVER は、動きの速いシーンで少しカクカクとした描画でしたが、何とか我慢できるレベル。FireStrike は、ほぼ紙芝居のコマ送り描画でした。

次が、「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」の測定結果。

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1280×720)
標準品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 640×480)
標準品質、解像度 640×480

ドラクエベンチマーク(最高品質、解像度 640×480)
最高品質、解像度 640×480

ドラゴンクエストでは、解像度を落とせば快適にプレイができそうな結果です。

さいごに、「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 高品質(ノートPC)高品質(ノートPC)、解像度 1280×720

ファイナルファンタジー 標準品質(ノートPC)標準品質(ノートPC)、解像度 1280×720

ファイナルファンタジーでは、標準品質にすることで、何とか快適なプレイができそうな結果です。

3つのベンチマークソフトを使ったグラフィック性能の測定結果から、『Inspiron 15 3000 スタンダード』のグラフィック性能は、ヘビーなゲームには向かないものの、ライトなゲームなら何とか楽しめるレベルです。

YouTube などの動画鑑賞も、素早い動きの映像では快適性が低減するものの、気軽に楽しむことはできると思います。

また、写真や動画編集については、快適性は期待できないでしょう。ただ、日常の写真や動画の簡単な編集であれば、そこそこ楽しめると思います。(マシンのパワー不足は否めませんが)

ストレージ

ストレージのベンチマークです。

『Inspiron 15 3000 スタンダード』に搭載されているストレージは、東芝製のHDDで、容量は 1TB です。

ストレージ情報

ストレージのドライブ構成は次のようになります。

ストレージのドライブ構成

ストレージのデータ転送速度です。

ストレージのデータ転送速度

HDD(5,400rpm) のデータ転送速度としては平均的な数値です。

バッテリー

『Inspiron 15 3000 スタンダード』に搭載されているバッテリーの性能を測定してみます。

測定は、次の条件で周期的にバッテリーの残量を測定しバッテリー駆動時間を算出します。
・無線LANでインターネットに接続
・YouTubeを全画面で連続再生
・画面の明るさ:最大レベル
・音量:最大レベル

バッテリー残量グラフ

バッテリーの残量は、大よその数字で 1時間当たり 21% くらいずつ減少しています。

バッテリーによる駆動は 4時間 18分経過後、Windows がバッテリー不足を検知し、パソコンはスリープ状態になりました。

実際の使用にあたっては、測定環境や条件などによりバッテリーの駆動時間は変動しますので、参考値としてください。

 

Windows の起動・再起動時間計測

『Inspiron 15 3000 スタンダード』の Windows起動時間と再起動時間は、次のとおりです。

・起動  : 33秒
・再起動 : 1分56秒

起動は、それほど待たされる感覚はありませんが、再起動には意外と時間を要するようです。

およそ 2分の時間を長く感じるかは個人差がありますが、急いでいるときの再起動は避けた方が良いかもしれません。

 

搭載ソフトウェア

『Inspiron 15 3000 スタンダード』に搭載されている主なソフトウェアです。

スタートメニュー

Windows標準のソフトのほか、Dell サポート関連ソフト、マルチメディアコンテンツの統合パッケージ「CyberLink Media Suite Essentials」、セキュリティソフト「マカフィー リブセーブ」などがインストールされています。

「Dell Help & Support」には、Windows 10 の操作方法、ワイヤレスや周辺機器への接続方法などを参照することができ、はじめて Windows 10 を使うときでもあんしんです。

Dell Help & SupportDell Help & Support

また、「CyberLink Media Suite Essentials」には、動画・音楽などのメディア再生ソフト「Power Media Player」、動画編集ソフト「PowerDirector 14」、ライティングソフト「Power2Go」が入っています。

CyberLink Media Suite EssentialsCyberLink Media Suite Essentials

また、サウンド・チューニングソフト「WaveMaxxAudio」もインストールされています。

WAVES MaxxAudio コントロール画面WAVES MaxxAudio コントロール画面

WaveMaxxAudio サウンドの印象としては、サウンドが前面に出てくる感じで音の広がりも感じます。

とくに、ヘッドホンで聞くと音質、音域、迫力ともにアップします。

リーズナブルなノートPC のわりには、なかなかグッドなサウンドの印象です。

 

付属品

『Inspiron 15 3000 スタンダード』の本体ほか同梱品一式です。

『Inspiron 15 3000 スタンダード』本体セット

ドキュメント類としては、「クイックスタートガイド」「安全および認可機関に関する情報」が同梱されています。いずれもマルチ言語版です。

『Inspiron 15 3000 スタンダード』ドキュメント

また、デル公式サイトでは、製品マニュアルを公開しており、PDF ファイルとしてダウンロードすることができます。

 

まとめ

『Inspiron 15 3000』は、リーズナブルな価格で購入できるエントリーノートです。

リーズナブルな価格ながらも、シッカリとした基本性能を搭載している印象です。

今回レビューしたモデルは「スタンダード」モデルで、性能レベル面ではパワー不足を感じることもありましたが、エントリーノートとして使う分には満足できそうです。

また、『Inspiron 15 3000』シリーズで、もう少し性能レベルを求めるなら、第7世代インテル Core i5 プロセッサーを搭載した「プレミアム」モデルの選択もアリだと思います。

いずれのモデルもリーズナブル価格で、機能面や性能面、使いやすさなど、トータルバランスを鑑みても、コストパフォーマンスに優れたモデルといえます。

ラインナップしているモデルや価格などの最新情報については、デル直販サイト「デルオンラインストア」でチェックしてみてください。

 


デル直販「デルオンラインストア」公式サイト
New Inspiron 15 3000(2016/12/16発売)
 

 

おトクに購入できる「クーポン」はデルオンラインストアでチェックできます。

 

 

LINEで送る
Pocket