LINEで送る
Pocket

NEC『LAVIE Direct HZ(D)』2016年春モデルの実機レビュー 前編です。

『LAVIE Direct HZ(D)』は、タブレットとキーボードを着脱することで、ノートパソコンとしてもタブレットとしても使える超軽量・薄型の 11.6型 2in1 モバイルノートPC。

ノートパソコンとしてもタブレットとしても、とにかく軽く、実際に持ってみるとその軽さに驚きます。

動作も軽快で、使い勝手の良さも兼ね備えたモデルです。

前編では、外観などのデザインや、スペック、ディスプレイ、キーボードについてのレビューを行います。

LAVIE Direct HZ(D) 正面

※レビュー機は、NEC Direct オリジナルカラーの「プレシャスゴールド」です。
 (NEC Direct からの貸出機です)

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
(後編)
ベンチマーク
起動時間・再起動時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

 

外観について

NEC Direct オリジナルカラーの「プレシャスゴールド」は、落ち着いた雰囲気のゴールドです。

LAVIE Direct HZ(D) 天板(その1)

全体的なイメージとして、さりげないオシャレ感がある印象です。

LAVIE Direct HZ(D) 天板(その2)

背面側(ロゴ)

底面部です。ネジ一つひとつもゴールドです。

底面部

ヒンジもシッカリとした作りです。タブレット面のグラつきはありません。

ヒンジ

タブレットとキーボードは、マグネット式で接合されているだけです。フックなどのロックがないので着脱はラクにできます。

タブレットをキーボードから外す

タブレットとキーボードの接続面

なお、タブレットをキーボードに装着するときに、タブレットのディスプレイ面と天面を反対にしての装着はできません。

タブレット下部の左右に位置するキーボード取り付け穴が、表裏反対の装着はできないような形状になっています。

タブレット下部のキーボード取り付け穴

次に、『LAVIE Direct HZ(D)』のタブレットをキーボードから着脱させて、モード(スタイル)を切り替えてみます。

まず、ノートパソコンモード。

ノートパソコンモード

タブレットモード。

タブレットモード

次に、上下左右の側面から見てみます。(ノートパソコンモードでカバーを閉じた状態)

前後左右

次に、インターフェースを見てみます。

左側面は、タブレットに「音量ボタン」「電源スイッチ」が実装されています。

インターフェース(左側面)

右側面は、タブレットに「nano SIMカードスロット」「micro SDカードスロット」「ヘッドフォン/ヘッドフォンマイク端子」「USB3.0(Type-C)コネクタ」「DCコネクタ」が、キーボードには「USB3.0コネクタ(パワーオフUSB充電機能対応)」「USB3.0コネクタ」「HDMI出力端子」「DCコネクタ」が実装されています。

インターフェース(右側面)

タブレット正面のフレームには「Webカメラ」「スピーカー」「内蔵マイク」「充電中LED」が実装されています。

インターフェース(正面)

「Webカメラ」は、タブレット背面側にも実装されています。

インターフェース(背面側)

『LAVIE Direct HZ(D)』のバッテリーは、タブレットのほか、キーボードにも搭載されています。

下の写真は、タブレット側とキーボード側のバッテリー、両方に充電している状態での写真です。両方の「充電中LED」が点灯しています。

バッテリー充電中

高さを計測してみます。

タブレットの高さは 約 7.5mm。

タブレットの高さ

タブレットをキーボードに装着したときの高さは 約 17~23(最厚部) mm です。

タブレットをキーボードに装着したときの高さ

本体の大きさは A4サイズです。本体の下には A4コピー用紙(分かりにくいですが)がおいてあり、本体の上に載せているのは B5サイズのノートです。

本体は A4サイズ

次が重さ。
タブレット+キーボードは 795g、内訳として、タブレットは 408g、キーボードは 387g です。

重さを実測(本体)

また、電源アダプタは 153g、電源コードは 37g、USB変換アダプタ(Type-C → Type-A 変換)は 15g です。

重さを実測(コード類)

ちなみに、USB変換アダプタは同梱されています。

電源アダプターはコンパクトサイズです。

電源アダプター

本体はとても軽く、実際に『LAVIE Direct HZ(D)』本体を持つと、その軽さに驚きます。

片手でもラクに持てる

こんな持ち方もできるこんな持ち方もできます

 

スペックについて

レビューに使用した『LAVIE Direct HZ(D)』実機のスペックです。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU 第6世代 インテル Core m5-6Y54 プロセッサー
メモリ 8GB(LPDDR3 SDRAM/オンボード 8GB、デュアルチャネル対応)
ストレージ 約128GB 内蔵フラッシュメモリ
光学ドライブ なし
ディスプレイ 11.6型ワイド LED液晶 (広視野角・高色純度・ノングレア・タッチパネル)(Full HD)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 515(CPUに内蔵)
LAN 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応(USB-LAN変換アダプタ装着時)
ワイヤレス 11ac(867Mbps)対応ワイヤレスLAN本体内蔵(IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠、Wi-Fi Direct準拠) + Bluetooth テクノロジー本体内蔵(Ver.4.0)
Webカメラ 本体前面:Full HD解像度(1080p)対応カメラ、有効画素数 約200万画素
本体背面:WQHD解像度(1440p)対応カメラ、有効画素数 約500万画素
ステレオマイク内蔵
本体サイズ(W×D×H) タブレット:292×192.5×7.6mm
タブレット+キーボード:294×206.5×13.4.~17.9mmmm
本体質量 タブレット:約410g
タブレット+キーボード:約798g

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細情報です。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBoard)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(Graphics)
グラフィックス(CPU内蔵)

CPU に搭載されている「第6世代 インテル Core m プロセッサー」は、2in1 デバイスや ノートブック PC 向けに開発された CPUです。

超低電圧設計で、快適なパフォーマンスを発揮してくれます。

使用感も良く、素早いレスポンスで、サクサク快適に使えます。

 

ディスプレイ

『LAVIE Direct HZ(D)』のディスプレイは 11.6型ワイド タッチ対応ディスプレイで、タッチの反応も良く、快適に使えます。

解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)です。

画面解像度
画面解像度

次に、ディスプレイの映り込み具合を見てみます。

画面映り込み(電源オフ時)

画面映り込み(電源オン時)

映り込みは、ほとんど気になりません。

一眼デジカメで撮影した写真もキレイに描画されます。

ディスプレイに描画された映像

次に、視野角を確認してみます。

正面
正面

右側 ディスプレイ面から45度の角度
右側 ディスプレイ面から45度の角度

右側 ディスプレイ面から30度の角度
右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から45度の角度
上側 ディスプレイ面から45度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度
上側 ディスプレイ面から30度の角度

視野角は広いです。

斜めから見ると発色が若干低下しますが、実用には全然問題ないレベルです。

次が、ディスプレイを開くことができる最大角度。

ディスプレイを開くことのできる最大角度

次は、ディスプレイに表示される文字の大きさを確認してみます。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさはこんな感じ。『LAVIE Direct HZ(D)』の公式ページを表示したものです。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさ

小さな文字が苦手な管理人でもラクに読める大きさです。

ちなみに、Windows の設定では、ディスプレイに表示するテキストのサイズは 150% が推奨値となっていました。

Windows の設定でディスプレイに表示するテキストのサイズ

 

キーボード&タッチパッド

『LAVIE Direct HZ(D)』のキーボードのレイアウトです。

キーボード全体

[Fn]キーと[Ctrl]キーの配置は、好みが分かれるところです。

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 約18mm。

キーピッチ

フルピッチサイズのキーボードよりは若干狭い感じがしますが、スグに慣れると思います。

なお、キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

コンパクトなモバイルノートながら、キーストロークはペタペタとした感じもなく、使用感としては、シッカリとした打鍵感があります。

キーストローク

キーボード全体

次がタッチパッド。

タッチパッドのサイズは、本体がコンパクトなこともありますが、若干小さいです。ジェスチャー操作は可能ですが、サイズが小さいので、やりにくさを感じるかもしれません。

タッチパッド

タッチパッドでジェスチャー操作がやりにくいときは、Bluetooth マウスも使えますし、ディスプレイのタッチ操作も可能です。

なお、マウスを使うときは、[Fn]+[スペース]キーで、タッチパッド有効/無効を簡単に切り替えることができます。

後編では、『LAVIE Direct HZ(D)』の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 


NEC直販「NEC Direct」公式サイト
⇒ 『LAVIE Direct HZ(D)』 製品詳細
icon

NEC Direct のメルマガ会員に登録すると、通常クーポンより割引率の高い「スペシャル割引クーポン」を利用できます。メルマガ会員の入会・年会費は無料、入会後スグにスペシャル割引クーポンを利用できます。
⇒ 『メルマガ会員』 詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket