LINEで送る
Pocket

レノボ『Lenovo YOGA 700』の実機レビュー 前編です。

『Lenovo YOGA 700』は、ディスプレイ面がクルリと 360度回転することにより、ノートパソコンとしてもタブレットとしても使える 11.6インチサイズの 2in1 モバイルノートPCです。

第6世代インテル Core プロセッサー (開発コード名:Skylake) のモバイル向けプロセッサーでもある、インテル Core m3-6Y30 プロセッサーを搭載し、2in1 モバイルノートPCとしてスペックの高いモデルです。

前編では、外観などのデザインや、スペック、ディスプレイ、キーボードについてのレビューを行います。

※『Lenovo YOGA 700』はレノボ・ショッピング限定販売です。

Lenovo YOGA 700 ノートPCモード

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
(後編)
ベンチマーク
DOLBY AUDIO サウンド視聴(動画に収録)
起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

 

外観について

『Lenovo YOGA 700』のカラーは、ピュアなイメージのチョークホワイト。

Lenovo YOGA 700 の背面

Lenovo YOGA 700 の天板

底面もチョークホワイト。

Lenovo YOGA 700 の底面

サイドラインのブラックカラー部分は少し柔らかめの素材でできており、アクセントとともにプロテクトの役割があるようです。

Lenovo YOGA 700 のサイドライン

パームレストにはヘアライン加工されていて、指紋や汚れが付きにくくなっています。

Lenovo YOGA 700 のパームレストにはヘアライン加工

ヒンジもシッカリとした作りで、グラつきはないです。

Lenovo YOGA 700 のヒンジ

スピーカーは、手前側の左右に搭載されています。

Lenovo YOGA 700 のスピーカー

前後左右の側面からはこんな感じ。

Lenovo YOGA 700 の前後左右

次に、インターフェースを見てみます。

左側面は、写真の左から「電源コネクター」、「USB3.0」、「Micro HDMI」、「メモリカードスロット」が実装されています。

左側面インターフェース

右側面は、写真の左から「電源ボタン」、「OneKey Rescue Systemボタン」、「画面回転ロックボタン」、「ボリュームボタン」、「マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック」、「USB 2.0」が実装されています。

右側面インターフェース

内蔵Webカメラと内蔵マイクです。

内蔵カメラとマイク

次に、『Lenovo YOGA 700』のディスプレイ面を回転させて、モード(スタイル)を切り替えてみます。

まず、ノートPCモード。

ノートPCモード

スタンドモード。

スタンドモード

テントモード。

テントモード

タブレットモード。

タブレットモード

ディスプレイ面を 180度以上回転させたとき、キートップがキーボード面に沈み込むことはありませんが、キー入力は無効化されます。

テントモードのときのキーボード

次に、本体を閉じたときの高さを実測してみます。

Lenovo YOGA 700 の高さ

測定値は、およそ 17 mm。
スペック上では 15.8mm なので、ほぼスペック通りといえます。

次が重さ。
本体の重さは約1.094kg。

Lenovo YOGA 700 の重さ

軽いです。外出時の持ち歩きもラクです。

電源アダプターの重さは 111gです。

電源アダプターの重さ

電源コードの重さは 78gです。

電源コードの重さ

電源コードは USB ポートからの給電も可能です。

また、電源アダプターは、コンパクトな手のひらサイズで、プラグは収納できるようになっています。

電源アダプターはコンパクトサイズ電源アダプターはコンパクトサイズ

電源アダプターのプラグは収納可能電源アダプターのプラグは収納可能

本体の大きさのイメージです。本体の上に載っているのは B5版ノートです。

本体の大きさ比較

画面の大きさ比較です。比較対象は 8型 タブレット「MIIX 2 8」です。(写真の上側)

画面の大きさ比較

ちなみに、梱包箱の大きさのイメージはこんな感じです。

梱包箱の大きさイメージ

 

スペックについて

レビューに使用した実機のスペックです。

OS Windows 10 Home 64bit
CPU 第6世代インテル Core m3-6Y30 プロセッサー
メモリ 4GB オンボード (PC3-14900 LPDDR3)
ストレージ 128GB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ LEDバックライト付 11.6型 FHD IPS液晶 (1920×1080ドット、1,677万色以上) 、マルチタッチ対応(10点)、光沢あり
グラフィックス インテル HD グラフィックス 515 (CPUに内蔵)
LAN なし
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 3165 IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0
Webカメラ HD 720p カメラ、デジタルマイクロフォン内蔵
本体サイズ(W×D×H) 約 290×197×15.8 mm
本体質量 約 1.1kg
Office なし
※オフィスインストールモデルもラインナップしています。(Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス)

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBoard)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(Graphics)
グラフィックス(CPU内蔵)

CPU の第6世代インテル Core m3-6Y30 プロセッサーは、薄型ノートPCやタブレットに最適な超低電圧設計で「Surface Pro 4」にも採用されており、基本スペックともいえる CPU、メモリ、ストレージは、モバイルノートとして高いレベルの構成です。

 

ディスプレイ

ディスプレイは 11.6型フルHD(1920×1080)液晶。

画面解像度
画面解像度

次に、ディスプレイの映り込み具合を見てみます。

画面映り込み(電源オフ時)

画面映り込み(電源オン時)

光沢液晶なので、ある程度の映り込みはありますが、実際使っているときは、あまり気になりませんでした。

次に、視野角を確認してみます。

正面
正面

右側 ディスプレイ面から45度の角度
右側 ディスプレイ面から45度の角度

右側 ディスプレイ面から30度の角度
右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から45度の角度
上側 ディスプレイ面から45度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度
上側 ディスプレイ面から30度の角度

視野角は広いです。

斜めからは、やや発色が低下しますが、2in1 PC の特性を考慮すれば、許容範囲だと思います。

次は、ディスプレイに表示される文字の大きさを確認してみます。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさはこんな感じ。

『Lenovo YOGA 700』の製品紹介ページを表示したものです。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさ

ディスプレイの左上にある「lenovo」のロゴの大きさと比較してみればわかると思いますが、小さな文字が苦手な管理人でもラクに読める大きさです。

ちなみに、このマシンの Windows の設定では、ディスプレイに表示するテキストのサイズは 150% が推奨値となっていました。

Windows の設定でディスプレイに表示するテキストのサイズ

 

キーボード&タッチパッド

キーボードのレイアウトです。

キーボード全体

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 約18mm。チョット狭めですがキー入力にあまり影響はないです。

キーピッチは狭め

キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

キートップ

キーストロークも浅くなくペタペタ感はありません。

キーストローク

また、ファンクションキーについては、標準的なファンクションキーとして動作させるためには、キーボード左下の[fn]キーを押しながら、該当するファンクションキーを押す必要があります。

ひらがな入力モードで、カタカナや英字に変換するときには、[fn]キーを押しながらファンクションキーを押さなければなりません。

キーボードレイアウト #2

次がタッチパッド。

タッチパッドは広めなので、ジェスチャー操作もやり易いです。

広めのタッチパッド

後編では、『Lenovo YOGA 700』の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 

レノボ直販「レノボ・ショッピング」公式サイト
⇒ 『Lenovo YOGA 700』 製品詳細
※こちらで最新クーポンもチェックできます。

 

LINEで送る
Pocket