LINEで送る
Pocket

『MB-W831X-SH2』が訳あり特価品コーナーにラインナップしています。
web販売価格:114,800円(税別)
⇒ 訳あり特価品コーナー
icon全て新品でカスタマイズ可能!1年間無償保証や24時間×365日電話サポートも標準で付属しています。

マウスコンピューター『MB-W831X-SH2』の実機レビュー 前編です。

『MB-W831X-SH2』は、m-Book W シリーズにラインナップする高性能な17.3型の大画面ノートPCです。

クアッドコア CPU に、大容量メモリ、高速ストレージ SSD &大容量ストレージ HDD のデュアルドライブ、専用グラフィックス GeForce GTX 960M も搭載したハイパフォーマンスモデルです。

前編では、外観、スペック、ディスプレイ、キーボードについてのレビューを行います。

MB-W831X-SH2 の正面から撮影

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
 
(後編)
ベンチマーク
Sound Blaster CINEMA2 サウンド視聴(動画に収録)
起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

実機はマウスコンピューターからの貸出機です。また、レビュー内容については 2016年6月20日時点のもので、実機の製品仕様・販売価格については変更される場合があります。

 

外観について

『MB-W831X-SH2』のカラーはマットなブラック、頑強そうなイメージです。

背面側

天板を見てみます。

天板

底面部を見てみます。

底面部

次に本体内部を見てみます。

本体内部

※メーカーからの許可を取っています。

ヒンジはシッカリしており、グラつきはないです。

シッカリとした作りのヒンジ

次に、前後左右の側面から見てみます。

前後左右

次に、インターフェースを見てみます。

左側面には、写真の左から「ケンジントンロック」、「USB3.0端子」×2、「S/PDIF出力端子」、「マイクロホン端子」、「ステレオヘッドホン端子」、「光学ドライブ」が実装されています。

左側面インターフェース

ちなみに、「S/PDIF出力端子」とは、ソニーとフィリップスが共同で開発した、音源をデジタルで転送するための規格です。出力側の機器(たとえばスピーカーなど)やケーブルも「S/PDIF」に対応していているモノを使用する必要があります。

右側面は、写真の左から「マルチカードリーダー」、「USB3.0 端子」、「VGA 端子」、「ネットワーク(LAN) 端子」が実装されています。

右側面インターフェース

また、背面側には、左右に「通気口」、中央部には写真の左から「USB3.0 端子」、「HDMI 端子」、「miniDisplay Port 端子」、「電源端子」が実装されています。

背面側インターフェース

正面左側には、ステータスLED が実装されています。

写真の左から「電源ランプ」、「バッテリーランプ」、「機内モードランプ」、「ハードディスクアクセスランプ」、「NumLock ランプ」、「CapsLock ランプ」、「ScrollLock ランプ」。

ステータスLED

内蔵Webカメラと内蔵マイクです。

内蔵Webカメラとマイク

電源スイッチはキーボード面の中央上部にあります。

電源スイッチ

光学ドライブとして DVDスーパーマルチドライブが内蔵されています。(ブルーレイディスクドライブへのカスタマイズもOKです)

DVDスーパーマルチドライブのトレイ

本体を閉じたときの高さを実測してみました。

MB-W831X-SH2 の高さ

測定値は、およそ 32 ~ 35 mm です。

本体の大きさのイメージです。本体の下には A4サイズのコピー用紙 2枚、本体の上には B5版ノート 2冊を載せています。イメージとしては A3サイズと同等です。

本体の大きさ比較

次が重さ。
本体の重さを実測すると約3.1kg。

本体の重さ

外出するときの持ち歩きは さすがキビシイですが、家のなかなら持ち運びもラクにできます。

電源アダプターと電源コードの重さは、それぞれ 467g と 106g です。

電源アダプターの重さ

電源コードの重さ

電源アダプターの大きさは、ハイパワーノートだけに大きめサイズです。

電源アダプターの大きさ比較

 

スペックについて

『MB-W831X-SH2』レビュー用の実機のスペックです。

OS Windows 10 Home (64bit)
CPU インテル Core i7-6700HQ プロセッサー
メモリ 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
ストレージ 256GB SSD (M.2規格/SerialATA接続)
1TB HDD SerialATAII 5400rpm
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 17.3型 フルHDノングレア (LEDバックライト)、解像度 1,920×1,080
グラフィックス GeForce GTX 960M / インテル HD グラフィックス 530
ネットワーク 1000Base-T/100Base-TX/10BASE-T(RJ-45)
ワイヤレス IEEE 802.11ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth V4.2 + LE 準拠モジュール (M.2)
Webカメラ 200万画素カメラ、モノラル デジタルマイク(内蔵)
本体サイズ(W×D×H) 413 x 285 x 31.9 mm (折り畳み時)
本体質量 約3.0 kg
Office なし

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBoard)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(SPD #1)
メモリスロット#1

CPU-Z(SPD #2)
メモリスロット#2

CPU-Z(Graphics1)
グラフィックス(CPU内蔵)

CPU-Z(Graphics2)
グラフィックス(専用グラフィックス)

基本スペックともいえる CPU、メモリ、ストレージは、ハイパワーノートにふさわしい、高いレベルのスペック構成です。

CPU はスピード重視の「HQ」プロセッサー。クアッドコア CPUです。

メモリは大容量の 16GB、ストレージは高速ストレージ SSD 256GB と大容量ストレージ 1TB HDD のデュアルドライブ構成です。

SSD には、より高速なデータ転送速度を実現してくれる「M.2規格」の SSD が採用されています。

 

ディスプレイ

ディスプレイは 17.3型フルHD(1,920×1,080)のノングレア(非光沢)液晶です。

画面解像度画面解像度

写真もキレイに描画できます。

ディスプレイに描画された写真の映像

15.6型ノートと並べてみると画面の大きさの違いがイメージできると思います。

ディスプレイに大きさ比較

ディスプレイの映り込み具合を見てみます。

画面映り込み(電源オフ時)

画面映り込み(電源オン時)

映り込みはほとんど気になりません。

次は、視野角を確認してみます。

正面正面

右側 ディスプレイ面から45度の角度右側 ディスプレイ面から45度の角度

右側 ディスプレイ面から30度の角度右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から45度の角度上側 ディスプレイ面から45度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度上側 ディスプレイ面から30度の角度

水平方向、垂直方向ともに視野角は広いです。

斜めからは、やや発色が低下するようですが、実際にはあまり気になりません。

次が、ディスプレイ面を開くことのできる最大角度。

ディスプレイ面を開くことのできる最大角度

次は、ディスプレイに表示される文字の大きさを確認してみます。
インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさはこんな感じ。
マウスコンピューター公式ページを拡大・縮小せずに初期設定時のサイズで表示したものです。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさ

ディスプレイ枠の下にある「mouse」のロゴの大きさと比較してみれば、表示される文字の大きさをイメージできると思いますが、小さな文字が苦手な管理人でもラクに読める大きさです。

ちなみに、このマシンの Windows の設定では、ディスプレイに表示するテキストのサイズは 100% が推奨値となっていました。

Windows の設定でディスプレイに表示するテキストのサイズ

 

キーボード&タッチパッド

キーボードのレイアウトです。

キーボード全体

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 約19mm。フルサイズキーボードと同じピッチです。

キーピッチは 19mm

なお、キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

ゆとりのあるキーピッチと深めのキーストロークで打ちやすさを感じます。

ゆとりの配置のキーボード

キーストロークは深め

ゲームで よく使用される「A」「D」「S」「W」キーにはカーソルのマークが刻印されています。

「A」「D」「S」「W」キーにはカーソルのマークが刻印

キーボードにはバックライトが搭載されています。[Fn]+[F4]キー押下により、バックライトの明るさを 5段階で調整できます。

バックライト点灯(明るさ
バックライト点灯(明るさ 最低)

バックライト点灯(明るさ
バックライト点灯(明るさ 最高)

次がタッチパッド。

タッチパッドのサイズは、ほどよい大きさで、スベリや反応も良く、指2本を使ってのジェスチャー操作もスムーズです。

タッチパッド

後編では、『MB-W831X-SH2』の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 


マウスコンピューター公式サイト
⇒ 『MB-W831X-SH2』 製品詳細(訳あり特価品コーナー)
icon
新規格のメモリを採用した後継モデルは こちら
⇒ 『MB-W870S-SH2』 製品詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket