LINEで送る
Pocket

デル『New XPS 13』展示モデルのレビューです。

『New XPS 13』は、最新OS Windows 10 と 最新CPU 第6世代インテル Core プロセッサー(開発コード名:Skylake)を搭載した 13.3型モバイルノートPCです。

展示モデルを見た感想を含め、『New XPS 13』の特徴などをメモしておきます。

New XPS 13 外観

~ 目 次 ~
『New XPS 13』の特徴
主要スペック
まとめ

 

『New XPS 13』の特徴

狭額縁のフレームレス

『New XPS 13』の特徴は、なんといってもフレームレス!

ベゼル(ディスプレイのフレーム枠)の幅は、わずか 5.2mm!

New XPS 13 ベゼル

狭額縁のディスプレイは、「InfinityEdge ディスプレイ」というネーミングで、この InfinityEdge ディスプレイが 13.3インチのディスプレイでありながら、本体のサイズ 11インチを実現しています。

ベゼル幅がとても薄いので、WEBカメラの搭載場所も独特です。

New XPS 13 WEBカメラ

Windows 10 & 第6世代インテル Core 搭載

『New XPS 13』には、最新OS Windows 10 と 最新CPU 第6世代インテル Core プロセッサー・ファミリーが搭載されています。

Windows 10 は、スタートメニューが復活、スタートメニューとスタート画面が融合したことで、とても使いやすく改善されていて、新しいブラウザの「Edge(エッジ)」や「仮想デスクトップ」の搭載、グラフィック処理系のパフォーマンス・アップなど、新機能の搭載や性能の改善も図られています。

また、第6世代インテル Core プロセッサー (開発コード名:Skylake) は、Windows 10 向けに最適化された CPU で、インテルの公式サイトによると、5年前の PC との比較では、約2.5倍のパフォーマンスと 約3倍のバッテリー駆動時間を達成しているそうです。

Windows 10 と第6世代インテル Core プロセッサーの組み合わせで、より高いパフォーマンスが期待できます。

高いモバイル性

モバイルノートとしては、性能も重要ですが、持ち運びやすさも大切な評価ポイントです。

『New XPS 13』の本体のサイズは、幅304×奥行き200×高さ9~15 mm。

13.3型のディスプレイサイズでありながら、本体は 11型サイズであることは上述したとおりです。

実際に比較対象として、A4サイズの大きさを見てみると 幅297×縦210 mm。

いかに『New XPS 13』がコンパクトなサイズであるかが分かります。

質量を見ても、タッチ対応ディスプレイで 1.29kg。

実際に手に取ってみても、その軽さを実感することができます。

そして、バッテリーの持続時間は最大18時間。ほぼ 1日中、電源コンセントを気にすることなくバッテリー駆動で使うことができます。

また、『New XPS 13』のボディには、アルミフレームとカーボンファイバ素材が採用されており、堅牢性を高めつつ、デザイン的にもカッコよく仕上げられています。

New XPS 13 ゴールドとシルバーの2カラーがラインナップゴールドとシルバーの2カラーがラインナップ

パームレストは見た目にも質感が高く、使用感としても高評価です。

画面がキレイ

『New XPS 13』のディスプレイに描画される映像は、高精細でキレイです。
ディスプレイの解像度は、フルHD(1920×1080)と QHD+(3200×1800)の2種類がラインナップ。
写真の左側の機種がフルHD、右側が QHD+です。

New XPS 13 ディスプレイ

どちらもキレイに描画されているのが分かると思います。

実際に2台並べて、細部の細かい描画や色調を見くらべると、やはり QHD+ のほうがキレイですね。

キーボード&タッチパッド

キーボードのタッチもやわらかく入力しやすいです。

本体がコンパクトサイズでも、キーボードは、使いやすくデスクトップのキーボードと同じような感覚で扱うことができます。

New XPS 13 キーボード

サイズもデスクトップのキーボードと同等のサイズなので打ちやすく、キーピッチ(キーの中心から隣りのキーの中心までの距離)やキーストローク(キーを押せる深さ)も、ちょうど良い感じで使うことができます。

New XPS 13 キーボード(斜めから)

タッチパッドもかなり大きめのサイズで扱いやすいのです。
ただ、クリックボタンと一体型になっているので、扱いやすさについては、好みが分かれるかも。

インターフェース

コンパクトサイズながらも、USB、カードリーダーなど、最低限のインターフェースは搭載されています。

まず、本体右側を見てみます。
手前側から「スピーカー」「メディアカードリーダー」「USB 3.0(Powershare対応)」「セキュリティケーブルスロット」が搭載されています。

New XPS 13 右側面

つぎに、本体左側を見てみます。
手前側から「スピーカー」「バッテリー充電ステータスボタン・ライト」「ヘッドセットポート」「USB 3.0」「Thunderbolt 3 / USB3.1 Type-Cポート」「電源アダプタポート」が搭載されています。

New XPS 13 左側面

HDMI専用のポートは搭載されていませんが、「Thunderbolt 3 / USB3.1 Type-Cポート」に、「USB Type-C 映像信号 → HDMI変換アダプター」をつなげば対応可能です。

 

使い方や予算に合わせた機種がラインナップ

『New XPS 13』には、「スタンダード」「プレミアム」「プラチナ」がラインナップ。

機種により、CPU、メモリ容量、ストレージ SSD容量、ディスプレイ解像度・タッチ対応など、スペック構成に違いがありますが、
ここでは、スタンダードモデルのスペック構成を紹介します。

OS Windows 10 Home 64ビット 日本語
CPU 第6世代インテル Core i5-6200U (3M キャッシュ, 最大 2.8 GHzまで可能)
メモリ 4GB LPDDR3 1866MHz
ストレージ 128GB SSD
光学ドライブ なし
※USB対応の外付けDVDドライブなどで対応可能です。
ディスプレイ 13.3 インチ FHD AG (1920 x 1080) InfinityEdge ディスプレイ
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
ワイヤレス DW1820A 2×2 802.11ac 2.4/5GHz + Bluetooth4.1
※高速無線LANにも対応しています。
Webカメラ ワイドスクリーンHD(720p)Webカメラ、デュアルデジタルアレイマイク
※アレイマイクとは、複数個のマイク素子が並んでいるデバイスという意味で、必要な音だけを聞き取ることができるマイクです。
バッテリー駆動時間 最大18時間
本体サイズ(W×D×H) 304×200×9-15 mm
本体質量 約1.20 kg
本体カラー シルバー / ゴールド(新色)
Office なし(カスタマイズ可)
価格(税抜) 通常価格:144,980円
※ゴールドが通常価格より10,000円オフの134,980円!
 150台限定、2015年12月7日(月)まで

※スペック&価格は 2015年12月1日時点。

 

++++++++++

 

『New XPS 13』、コンパクトで高性能なフレームレス・モバイルノートPCです。

デザイン的にもカッコよく、狭額縁のディスプレイや、そこに描画されている映像のキレイさ、そしてキーボードの使いやすさなど、とても完成度の高いモバイルノートといえます。

詳細は、デル直販サイト「デルオンラインストア」でチェックしてみてください。

 

デルオンラインストア
New XPS 13 (2015/10/20発売)

 

LINEで送る
Pocket