LINEで送る
Pocket

クーポン情報
レノボ直販サイト「レノボ・ショッピング」では、
『ThinkPad E560』 最大27%オフ・クーポン発行中です。
⇒ レノボ・ショッピング

レノボ『ThinkPad E560』の実機レビュー 前編です。

『ThinkPad E560』は、コストパフォーマンスに優れた機種として知られている 15.6型スタンダードノートPC。

レビュー機は、最新OS Windows 10 と 最新CPU 第6世代インテル Core i5 に ハイブリッドHDD(SSHD) を搭載したスペック構成のモデルです。

前編では、外観、スペック、ディスプレイ、キーボードについてのレビューを行います。

ThinkPad E560 の正面から撮影

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
 
(後編)
ベンチマーク
起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

 

外観について

『ThinkPad E560』のカラーは、ThinkPad 定番のマットなブラックです。

天板

シャレたデザインのパソコンが増えてきている中、堅実性と堅牢性の高さをイメージさせてくれます。

底面部を見てみます。

底面部

バッテリーは着脱式で取り外しも簡単です。

バッテリは簡単に取り外せる

また、底面のネジ止めされたカバーを開けると、ストレージの換装やメモリの増設も可能です。
※ストレージの換装やメモリ増設などは自己責任となります。

ヒンジを見てみます。

シッカリとした作りで、グラつきはないです。

シッカリとした作りのヒンジ(外側)

シッカリとした作りのヒンジ(内側)

次に、前後左右の側面から見てみます。

前後左右

次に、インターフェースを見てみます。

左側面には、写真の左から「セキュリティー キーホール」、「通気口」、「イーサネット・コネクター(RJ-45)」、「VGAコネクター」、「HDMI」、「USB3.0」、「USB3.0 (Powered USB)」 が実装されています。

左側面インターフェース

右側面は、写真の左から「マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック」、「DVDスーパーマルチドライブ」「USB3.0」、「電源コネクター」、「One Linkコネクター」が実装されています。

右側面インターフェース

また、正面側の左端には「マルチカードリーダー」が実装されています。(ちょっと分かりにくいところです)

SDカードスロット

内蔵Webカメラと内蔵マイクです。

内蔵Webカメラとマイク

レビュー機の Webカメラには、インテル RealSense 3D カメラが搭載されています。

顔認証だけでサインイン(ログイン)できるので、パスワード入力のわずらわしさもなくセキュリティを確保できます。

2016年5月26日現在、レノボ直販サイト「レノボ・ショッピング」ではインテル RealSense 3D カメラへのカスタマイズはできないようです。

電源スイッチはキーボード面の右上にあります。

電源スイッチ

DVDスーパーマルチドライブのトレイです。

DVDスーパーマルチドライブのトレイ

少しプラスチック感がありましたが、通常は頻繁に使うものではないので、あまり気にならないと思います。

本体を閉じたときの高さを実測してみました。

ThinkPad E560 の高さ

測定値は、およそ 29~32 mm です。

本体の大きさのイメージです。本体の上に載っているのは B5版ノートです。B5版ノート 2冊分と同じ大きさです。

本体の大きさ比較

次が重さ。
本体の重さを実測すると約2.4kg。

本体の重さ

モバイルにはキビシイですが、少しの移動なら何とかなりそうな質量です。
(女性がモバイルするのは大変だと思います)

電源アダプターと電源コードの重さは、それぞれ 172g と 61g です。

電源アダプターの重さ

電源コードの重さ

電源アダプターは手のひらサイズでコンパクトです。

電源アダプターの大きさ比較

 

スペックについて

レビュー機のスペックです。(公開スペック)

OS Windows 10 Home 64bit (日本語版)
CPU インテル Core i5-6200U プロセッサー
メモリ 8GB (4GB×2) PC3L-12800 DDR3L SDRAM SODIMM
ストレージ SSHD (500GB HDD 5400rpm + 8GB NAND型キャッシュ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型FHD液晶 (1920×1080 光沢なし IPS) ブラック
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
ネットワーク 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 3165 ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.0
Webカメラ HD 720p カメラ、デジタルマイクロフォン (内蔵)
本体サイズ(W×D×H) 約 377×256×23.8 – 27.1 mm
本体質量 約 2.48kg
Office なし

上記のスペック構成は、2016年5月27日現在、レノボ直販サイトにラインナップしている「Full HD搭載バリューパッケージ」相当のスペック構成になります。

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBoard)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(SPD #1)
メモリスロット#1

CPU-Z(SPD #3)
メモリスロット#3

CPU-Z(Graphics)
グラフィックス(CPU内蔵)

メモリスロットは、#1 ~ #4 まで認識されましたが、メモリカードが挿入されていたのは #1 と #3 になります。

公開されているスペックではメモリスロット数は2つなので、実際は、メモリカード2枚挿しまで対応できるということになります。
(メモリの増設は自己責任でお願いします)

 

ディスプレイ

ディスプレイは 15.6型フルHD(1,920×1,080)のノングレア(非光沢)液晶です。

画面解像度画面解像度

写真もキレイに描画できます。

ディスプレイに描画された写真の映像

ディスプレイの映り込み具合を見てみます。

画面映り込み(電源オフ時)

画面映り込み(電源オン時)

ノングレア(非光沢)液晶を採用しているだけに映り込みは気になりません。

次は、視野角を確認してみます。

正面正面

右側 ディスプレイ面から45度の角度右側 ディスプレイ面から45度の角度

右側 ディスプレイ面から30度の角度右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から45度の角度上側 ディスプレイ面から45度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度上側 ディスプレイ面から30度の角度

水平方向、垂直方向ともに、視野角は広いです。

次が、ディスプレイ面を開くことのできる最大角度。

ディスプレイ面を開くことのできる最大角度

次は、ディスプレイに表示される文字の大きさを確認してみます。
インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさはこんな感じ。
『ThinkPad E560』の公式ページを拡大・縮小せずに初期設定時のサイズで表示したものです。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさ

小さな文字が苦手な管理人でもラクに読める大きさです。

ちなみに、このマシンの Windows の設定では、ディスプレイに表示するテキストのサイズは 125% が推奨値となっていました。

Windows の設定でディスプレイに表示するテキストのサイズ

 

キーボード&タッチパッド

キーボードのレイアウトです。

キーボード全体

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 約18.5mm。フルサイズキーボードと同じくらいのピッチです。

キーピッチは 18.5mm

なお、キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

キートップは、指先に合わせて ゆるやかに湾曲しています。打ちやすいキーボードとして定評のある ThinkPad シリーズ の特徴のひとつです。

ゆるやかに湾曲しているキートップ

キーストロークもイイ感じで、シッカリとした打感で入力することができます。

キートップ

次が ThinkPadクリックパッド(タッチパッド)。

タッチパッドのサイズも狭くなく扱いやすさを感じます。

タッチパッド

ただ、クリックボタンがパッドの上部にあるのは、賛否が分かれるところです。

ちなみに、クリックボタンがパッドの上部にあるのは、トラックポイント(キーボードの中心にある赤ポチ)でマウスポインタを移動させてクリックボタンでクリックする、その連携操作をやり易くするためです。

後編では、『ThinkPad E560』の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 


レノボ直販「レノボ・ショッピング」公式サイト
⇒ 『ThinkPad E560』 製品詳細
 

※最新クーポンはレノボショッピングのトップページでチェックしてください。
⇒ レノボ・ショッピング トップページ

 

LINEで送る
Pocket