LINEで送る
Pocket

レノボ・ジャパンが販売するノートブック『ThinkPad T440s』をモニターさせていただきました。

『ThinkPad T440s』は、ハイパフォーマンス・ノートブック ThinkPad T シリーズの一つ、14型の薄型・軽量ノートブックです。今回のモニター機はマルチタッチ対応ディスプレイです。タッチパネルの操作性もふまえてレビューしたいと思います。

 

■外観について

『ThinkPad T440s』は14型のノートブックです。ThinkPad X シリーズまではいかなくても薄型・軽量化されているノートブックなので、重さや厚さはほとんど気になりません。

梱包箱には、PC本体の他、電源アダプター、電源コード、外付けバッテリー、そして説明書一式が入っていました。外付けバッテリーは、電源が入っている状態でも外付けバッテリーを交換できるメリットがあります。

外付けバッテリーを採用していることからも分かるように、『ThinkPad T440s』はモバイル目的での使い方を想定した設計になっています。重さはウルトラブックほど軽くはありませんが、ノートブックのカテゴリーのなかでは軽い方なので、モバイル用途としても充分使えるマシンだと思います。

梱包箱に入っていた本体他

電源アダプターの形状が、ThinkPad X シリーズとちょっと違うようです。

本体はこんな感じ。

ThinkPad T440s 本体

本体の大きさは 約331(幅)×226(奥行)mm です。大きさを比較するために A4 のコピー用紙をおいてみました。大きさのイメージとしては、A4サイズの資料を綴じるファイルを持ち歩くイメージですね。

ThinkPad T440s の大きさ比較

本体の底面側。取外しができる外付けバッテリーが採用されています。また、本体を支えるゴム足は四隅に、横方向と縦方向で実装されているので本体をシッカリと固定してくれるつくりとなっています。

ThinkPad T440s の底面

本体正面、背面、左右側面からの外観です。

ThinkPad T440s 正面、背面、左右側面からの外観

厚さは 約20.65mm でSDカードの横幅より少し大きいくらいです。

ThinkPad T440s 厚さ比較

左右側面に実装されているポート類です。ポートの実装位置は個人的には重要な要素だと思っています。ほとんど使わないポートなら実装位置は気にしなくて良いのですが、よく使うポート、たとえばUSBポートなどはポート数、位置などをチェックしておくことをおススメします。

ThinkPad T440s 実装ポート

『ThinkPad T440s』のディスプレイ出力ポートは、VGAのアナログRGB端子とデジタル出力のMini-Displayポートが左右別々に実装されている点が気になります。パソコンの映像をプロジェクターなどでスクリーンに描写するときに使うような特定のポートは片面にまとめて実装しておいた方が使い勝手は良くなると思います。

次に、重さを量ってみました。

『ThinkPad T440s』本体の重さです。外付けバッテリーを取り付けたときの重さです。

本体の重さ(外付けバッテリー装着)本体の重さ(外付けバッテリー装着)

外付けバッテリーの重さです。

外付けバッテリー重さ外付けバッテリー重さ

電源アダプターとケーブルの重さです。

電源アダプター&ケーブルの重さ電源アダプター&ケーブルの重さ

本体を電源アダプター、ケーブルと一緒に持ち歩くときの重さは約2Kg なので、出張や外出先などへ持ち出すときでも、「重い」という感じはしないと思います。

以下、本体外観のその他の写真です。

WEBカメラ(720p HD)WEBカメラ(720p HD)

本体の背面側ヒンジ本体の背面側ヒンジ

電源コネクタの形状電源コネクタの形状(ThinkPad X シリーズと同じ形状です)

指紋センサー指紋センサー

電源スイッチ電源スイッチ

ディスプレイ面は 180度 開けますディスプレイ面は 180度 開けます

起動直後のスタート画面起動直後のスタート画面

 

■基本スペック&ベンチマーク

『ThinkPad T440s』の基本スペックです。

『ThinkPad T440s』の システム情報『ThinkPad T440s』の システム情報

OS Windows 8 Pro 64bit
CPU インテル Core i7-4600U 2.1GHz
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB

CPU、メモリを見れば、ハイスペックであることが分かります。さらに、ストレージにSSDを搭載しているのでディスクアクセスが高速です。SSD は SAMSUNG製のようです。

デバイス情報ストレージのドライバーをみるとSAMSUNG製SSDが搭載されています。

また、ディスプレイの解像度は 1,920 × 1,080 のフルHD、しかもマルチタッチ対応です。

画面の解像度画面の解像度

ちなみに、モニター機の OS は Windows 8 Pro だったので、Windows 8 よりも操作性がアップした Windows 8.1 Pro Update にアップグレードしました。アップグレードの手順については、コチラの記事をご覧ください。
Windows 8 から Windows 8.1 へのアップグレード手順

次に、ストレージのベンチマークを計測してみました。結果は次のとおりです。

ストレージのベンチマーク計測結果
ストレージのベンチマーク計測結果

ストレージに搭載している SAMSUNG製の SSD は、「ThinkPad X240」のモニター機と同じものが搭載されているようです。ベンチマーク結果がほぼ同じ結果となりました。この SSD は「Seq」の書き込み速度に少し弱いところがあるようです。とはいってもHDDよりダンゼン速いことは間違いないです。詳細は「ThinkPad X240」のレビュー記事をご覧ください。
【PCレビュー】レノボ『ThinkPad X240』は外出先でもフルHDの映像を楽しめる高スペックなウルトラブック!

やっぱり、Core i7 プロセッサー + メモリ 8GB + SSD の組み合わせは動きが速いですね。キビキビ・サクサク動きます。フルHDなので HDの動画もキレイに描画され、グラフィックスに「NVIDIA Geforce GT 730M」を搭載しているので YouTube で公開している動きの速いアクション映画の予告もなめらかに描画されました。

また、タッチ対応なので、マウスやタッチパッドでマウスポインタを動かさなくとも目的のポイントをタッチするだけで操作できます。快適に操作できますし、作業効率がとても良くなります。

 

■キーボード&タッチパッド

キーボードとタッチパッドは、「X240」と「X240s」と同じです。
キーボードは一つ一つの形状が大きく、指先に合わせてゆるやかにくぼんでいるので、キーがとても打ちやすく、タッチパッドのジェスチャー機能も使えるので、Windows 8.1 の操作がやりやすいです。今回の『ThinkPad T440s』のモニター機はタッチ対応なので、画面タッチとタッチパッドのジェスチャー機能を併用することができ画面操作がさらに便利に使えました。

キーボード全体キーボード全体

指先にフィットするキートップ指先にフィットするキートップ

 

■ディスプレイ

画面は、14型のフルHD液晶(1,920×1,080)マルチタッチ対応ディスプレイです。ディスプレイサイズが14型なので、近くが見えにくいユーザーさんでも画面の文字は容易に見ることができると思います。

Lenovoサイト ThinkPad T440s ページLenovoサイト ThinkPad T440s ページ

視野角については、ディスプレイはIPS対応ですが、斜めからの角度から見たときの輝度が若干落ちる感じがします。マルチタッチ対応パネルが搭載しているからなのでしょうか?

正面から見たディスプレイ正面から見たディスプレイ

右側から見たディスプレイ右側から見たディスプレイ

左側から見たディスプレイ左側から見たディスプレイ

上側から見たディスプレイ上側から見たディスプレイ

輝度についてはパソコンのディスプレイを斜めから見ることはあまりないので気にしなくても良いかもしれませんね。

あと、画面に何も描画されていないときの映り込みが少し気になりました。とはいっても、画面になにかしらの映像が描画されていれば映り込みはほとんど気になりません。
*太陽光や照明が直接当たれば、映り込みはもちろんきつくなります。

ディスプレイになにも描画されていないときの映り込みディスプレイになにも描画されていないときの映り込み

画面に描画されていれば映り込みは感じない画面に描画されていれば映り込みは感じない

斜めから見たときの輝度や映り込みを差し引いても、マルチタッチディスプレイには相当なアドバンテージがあると思います。タブレット感覚でタッチ操作しながらもキー入力が必要なときはキーボードをたたく、操作性と利便性を実感できると思います。

指先でタッチ指先でタッチ

スマートフォン対応のタッチペンでもOKスマートフォン対応のタッチペンでもOK

タッチ対応パネルは、ねれた指先や汚れた指先でタッチすると汚れがパネルに付きますし、タッチペンでもペン先に油分が含まれているとパネルにタッチした跡が残ります。いずれも柔らかいクロスでふき取ることができるので、それほど神経質になる必要はないと思います。

 

■バッテリー性能

『ThinkPad T440s』のバッテリー駆動時間はスペック上、最大約10.4時間。今回のモニターでも、電力消費量が上がりそうな方法でバッテリー性能を確認してみました。
無線LANを使って、YouTubeで長時間のHD動画を全画面で連続再生させる方法です。これなら、無線LANでの通信は意外と電力を消費しますし、全画面のHD再生でも電力を消費します。

この条件で測定したバッテリ駆動時間は 約4時間でした。

公開されているスペックでのバッテリー駆動時間は、ちょこちょこ作業しながらの使い方での目安です。バッテリー駆動時間は、使用条件によってかなり変動しますが、今回のように、思いきりバッテリーを消費させる使い方でも4割も持続したのですから、外出先でちょこちょこ作業する分には公開スペックの8割くらいは持続するものと思います。

ちなみに、『ThinkPad T440s』の外付けバッテリーは、「ThinkPad x240」の外付けバッテリーと同じです。68番のシールが貼られていました。

『ThinkPad T440s』のバッテリー『ThinkPad T440s』の電源アダプター

『ThinkPad T440s』のバッテリーは平べったい『ThinkPad T440s』の電源アダプターは平べったい

 

■まとめ

今回『ThinkPad T440s』のモニター機のスペックも、かなり高いです。高いスペックに加え、今回のモニター機はマルチタッチ対応パネルを搭載していたので、その辺の感想も掲載させていただきました。

今回『ThinkPad T440s』のモニター機の評価をまとめると次のようになります。
・ウルトラブックほどではないけれど、ノートブックにしては軽量、薄型。
・キビキビ、サクサク動く高スペック。
・キーボードが打ちやすい。
・タッチパネル搭載は快適操作で効率アップ。
・画面に何も描画されていないと映り込みが気になるかも。
 →描画されていれば映り込みはあまり気にならない。
・斜めから画面を見たときの輝度が少し落ちるかも。
 →斜めから見ることはほとんどない(と思われる)。
・タッチパネルとタッチパッドのジェスチャ機能で、Windows 8.1 の操作性がさらにアップしてくれるのでますます便利。

『ThinkPad T440s』、モバイルも普通にできる ハイパフォーマンスなノートブックでした。

レノボオンラインストアから購入する場合は広告限定クーポンを利用するとおトクに購入できます。

 

LINEで送る
Pocket