LINEで送る
Pocket

クーポン情報
レノボ直販サイト「レノボ・ショッピング」では、
『ThinkPad X1 Carbon』 42%オフ・クーポン発行中です。
⇒ レノボ・ショッピング

レノボ『ThinkPad X1 Carbon』2016年モデルの実機レビュー 前編です。

『ThinkPad X1 Carbon』は、薄型・軽量、そして高い性能と堅牢性に優れた機種として知られている 14.0型モバイルノートPC。

2016年モデルになって、より薄く、より軽く、進化した性能や、『ThinkPad X1 Carbon』本体と周辺機器をケーブルレスで接続してくれる「ThinkPad WiGig ドック」についてのレビューを行います。

前編では、外観、スペック、ディスプレイ、キーボードについてのレビューです。

ThinkPad X1 Carbon 正面から撮影

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
 
(後編)
ベンチマーク(基本性能、ストレージ、バッテリーの性能測定)
起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
指紋認証チェック
ThinkPad WiGig ドック ワイヤレス接続
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

 

外観について

『ThinkPad X1 Carbon』のカラーは、ThinkPad 定番のマットなブラックで堅牢性の高さをイメージさせてくれます。

斜め前から

天板を見てみます。

天板

底面部を見てみます。

底面部

底面部の前面側左右にスピーカーが搭載されています。

次に、ヒンジを見てみます。

シッカリとした作りで、グラつきはないです。

シッカリとした作りのヒンジ(外側)

次に、前後左右の側面から見てみます。

前後左右

次に、インターフェースを見てみます。

左側面には、写真の左から「電源コネクタ」、「ThinkPad Onelink+」、「Mini DisplayPort」、「USB3.0 (Powered USB)」 が実装されています。

左側面インターフェース

右側面は、写真の左から「マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック」、「USB3.0」×2、「HDMI」、「セキュリティー キーホール」が実装されています。

右側面インターフェース

本体背面側には「メモリーカードスロット(microSDメディアカードリーダー)」、「SIMカードスロット」が実装されています。

ただし、国内販売モデルは WWAN非対応モデルのため、SIMカードによる通信はできないようです。

カードスロット

また、左側面に実装されている「ThinkPad Onelink+」に、同梱の「ThinkPad Onelink+ イーサネットアダプター」を挿入すれば、LANケーブルによるインターネット接続ができます。

ThinkPad Onelink+ イーサネットアダプターThinkPad Onelink+ イーサネットアダプター

LANケーブル接続LANケーブル接続

内蔵Webカメラと内蔵マイクです。

内蔵Webカメラとマイク

電源スイッチはキーボード面の右上にあります。

電源スイッチ

電源コネクターの形状は左右対称の長方形なので上下を気にすることはありません。

電源コネクターの形状

本体を閉じたときの高さを実測してみました。

ThinkPad X1 Carbon の高さ

測定値は、およそ 15~17 mm といったところでしょうか。

本体の大きさのイメージです。本体の上に載っているのは A4コピー用紙と B5版ノートです。

本体の大きさ比較

次が重さ。
本体の重さを実測すると 1,183g。

本体の重さ

前モデルの 2015モデルをレビューしたときの実測値は 1,263g でしたので、80g 軽量化されたことになります。

本体の質量が 1Kg 程度なので、持ち歩きもラクにできます。

ちなみに、電源アダプターの重さは 171g、電源コードは 50g、そしてイーサネットアダプターは 16gです。本体と合わせても 1,500g という軽さです。

電源アダプターやコードの重さ

なお、電源アダプターのサイズも、手のひらサイズでコンパクトです。

電源アダプターの大きさ比較

『ThinkPad X1 Carbon』の本体は専用の化粧箱に入っており、高級感をイメージさせてくれます。

梱包箱のなかに化粧箱梱包箱のなかに化粧箱が

『ThinkPad X1 Carbon』の化粧箱『ThinkPad X1 Carbon』の化粧箱

化粧箱のなかに本体と付属品が梱包化粧箱のなかに本体と付属品が梱包されています

 

スポンサーリンク

 

スペックについて

『ThinkPad X1 Carbon』レビュー機のスペックです。(公開スペック)

OS Windows 10 Home 64bit (日本語版)
CPU インテル Core i7-6600U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)
メモリ 8GB LPDDR3 1866MHz (オンボード)
ストレージ 256GB SSD SATA (OPAL対応)
光学ドライブ なし
ディスプレイ LEDバックライト付 14.0型 WQHD IPS液晶 (2560×1440ドット、1,677万色以上、16:9)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
ネットワーク 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
※同梱の「ThinkPad Onelink+ イーサネットアダプター」の接続が必要。
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 8260 ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.1
Webカメラ HD 720p カメラ、デジタルマイクロフォン (内蔵)
本体サイズ(W×D×H) 約 333×229×14.95-16.45 mm
本体質量 約 1.18kg
Office なし

上記のスペック構成は、2016年6月14日現在、レノボ直販サイトにラインナップしている「ハイエンドパッケージ」相当のスペック構成になります。

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBoard)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(Graphics)
グラフィックス(CPU内蔵)

2016年モデルでは、前モデルにくらべ、より薄く、より軽く、そして Windows 10 向けに最適化された CPU 第6世代インテル Core プロセッサー・ファミリー (開発コード名:Skylake) の採用によりパワーアップ、より性能が進化しています。

 

ディスプレイ

ディスプレイの解像度は 2,560×1,440 (WQHD) です。

画面解像度画面解像度

写真もキレイに描画できます。

ディスプレイに描画された写真の映像

ディスプレイの映り込み具合を見てみます。

画面映り込み(電源オフ時)

画面映り込み(電源オン時)

ノングレア(非光沢)液晶を採用しているだけに映り込みは気になりません。

次は、視野角を確認してみます。

正面正面

右側 ディスプレイ面から45度の角度右側 ディスプレイ面から45度の角度

右側 ディスプレイ面から30度の角度右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から45度の角度上側 ディスプレイ面から45度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度上側 ディスプレイ面から30度の角度

水平方向、垂直方向ともに、視野角は広いです。

ディスプレイは 180度 開くことのできます。打ち合わせ等で画面を見せたいときに便利です。

ディスプレイ面を開くことのできる最大角度

次は、ディスプレイに表示される文字の大きさを確認してみます。
インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさはこんな感じ。
『ThinkPad X1 Carbon』の公式ページを拡大・縮小せずに初期設定時のサイズで表示したものです。

インターネットエクスプローラーに表示される文字の大きさ

小さな文字が苦手な管理人でもラクに読める大きさです。

ちなみに、このマシンの Windows の設定では、ディスプレイに表示するテキストのサイズは 200% が推奨値となっていました。

Windows の設定でディスプレイに表示するテキストのサイズ

テキストのサイズが 100% だと、さすがに文字の判別は厳しいですが、テキストのサイズ 150% でもラクに読むことができます。

テキストサイズ 150% 設定での表示テキストサイズ 150% 設定での表示

 

キーボード&タッチパッド

キーボードのレイアウトです。

キーボード全体

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 約19mm。フルサイズキーボードと同じくらいのピッチです。

キーピッチは 19mm

なお、キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

キートップは、指先に合わせて ゆるやかに湾曲しています。打ちやすいキーボードとして定評のある ThinkPad シリーズ の特徴のひとつです。

ゆるやかに湾曲しているキートップ

深めのキーストロークで、シッカリとした打感で入力することができます。

キートップ

キーボードにはバックライトが搭載されています。[Fn]+[Space]キー押下により、点灯(弱)→点灯(強)→消灯の切り替えができます。

バックライト点灯(弱)"バックライト点灯(弱)

バックライト点灯(強)"バックライト点灯(強)

次が ThinkPadクリックパッド(タッチパッド)。

タッチパッドのサイズも狭くなく扱いやすいです。

タッチパッド

クリックボタンがタッチパッドの上部にありますが、タッチパッドの左下もしくは右下をクリックしたときも、クリックボタンと同等の操作が可能です。

後編では、『ThinkPad X1 Carbon』の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 


レノボ直販「レノボ・ショッピング」公式サイト
⇒ 『ThinkPad X1 Carbon』 製品詳細
 

※最新クーポンは上記の製品詳細ページ または
 レノボショッピングのトップページでチェックしてください。
⇒ レノボ・ショッピング トップページ

 

LINEで送る
Pocket