LINEで送る
Pocket

デル『XPS 13 2-in-1 (9365)』実機レビュー 後編です。

後編では、各種ベンチマークのほか、起動・シャットダウン時間計測などのレビューを行います。

なお、今回レビューを行うのは、プレミアム・FHDタッチパネル・Pro(ブラック)です。

XPS 13 2-in-1 背面側

【 目 次 】
(前編)
外観デザイン
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
(後編)
ベンチマーク
サウンド チェック
Windows の起動・シャットダウン時間計測
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

※記事内容は 2017年9月22日時点のものになります。

 

ベンチマーク

パソコンの基本性能や、グラフィック性能、ストレージ、バッテリーについての性能を測定します。

基本性能

Windowsに搭載されているシステム評価ツール「WinSAT」によるパソコン性能の測定です。

WinSat スコア
WinSAT スコア

「WinSAT」による測定は、PCの性能を相対的に数値化して表現したもので、各項目の説明は次のとおりです。

CPUScore CPU のスコア
D3DScore ゲーム用グラフィックスのスコア
ただし、従来のゲーム用グラフィックスのスコアのため Windows 10では計測対象外(9.9というスコアは無視)
DiskScore プライマリハードディスクのスコア
GraphicsScore グラフィックスのスコア
MemoryScore メモリのスコア
TimeTaken 前回の評価(「MostRecentAssessment」は直近の評価を表します)
WinSATAssessmentState 評価の状態を表す値(1:評価済み、2:要再評価)
WinSPRLevel 基本スコア(SPR:System Performance Rating)

グラフィック性能

「3DMark」ベンチマークソフトを使ってグラフィック性能を測定します。

3DMark は、「ICE STORM」「CLOUD GATE」「SKY DIVER」「FIRE STRIKE」「TIME SPY」、各シーンの描画の滑らかさをもとにグラフィック性能を測定します。

スコアの高さは描画の快適性を表しています。

Win

測定前に流されるデモ映像を見たイメージとしては、次のような印象でした。

IceStrom なめらか描画
CloudGate おおむね なめらか描画
SkyDiver カクついた描画。我慢できるか微妙なレベル。
FireStrike コマ送り描画
TimeSpy コマ送り描画

「3DMark」ベンチマークソフトを使ったグラフィック性能の測定結果をみると、『XPS 13 2-in-1』プレミアム・FHDタッチパネル・Pro(ブラック)のグラフィック性能レベルは、CPU 内蔵のグラフィックスなりの印象です。

写真や動画の高度な編集作業やゲームなどグラフィック系の処理には不向きなようですが、写真や動画でもライトな編集や YouTubeなどの動画鑑賞は十分楽しめると思います。

動作音については、従来の Core M プロセッサーを継承している CPU を搭載しているだけに、ファンレスで動作音は静かです。

ただ、熱については、底面部は少し熱く、キーボード面も少し暖かくなります。

ストレージ

ストレージのベンチマークです。

ストレージのドライブ構成は次のようになります。

ストレージのドライブ構成

ストレージには、東芝製の SSD 256GB が搭載されています。

ストレージ情報

ストレージのデータ転送速度です。

ストレージのデータ転送速度

SSD が搭載されていると、Windows や アプリの起動も高速で、使っているときの快適性が格段にアップします。

とくに、『XPS 13 2-in-1』に搭載されている SSD は爆速です。モッサリ感がないので使っていても快適です。

 

サウンド チェック

『XPS 13 2-in-1』のサウンド機能には Waves MaxxAudio Pro が搭載されています。

ちなみに、「Waves MaxxAudio」はイスラエルのデジタル音声&音響技術メーカーで、そのサウンドは パソコンやタブレット、スマートフォンなど幅広く採用されています。

Waves MaxxAudio Pro
Waves MaxxAudio Pro コントロール画面

実際に聴いてみた印象は次のとおりです。

■スピーカー
低音域が若干弱いものの音域の広さや音質はまずまず。
(高音質といっても良いくらい)
聞き流しするなら、スピーカーでも十分なレベルです。

■ヘッドフォン
低音域が増幅されサウンド全体に厚みが増します。
サウンドを楽しむなら、ヘッドホンがおすすめです。
通常のヘッドホンで十分楽しめると思います。

 

Windows の起動・シャットダウン時間計測

『XPS 13 2-in-1』プレミアム・FHDタッチパネル・Pro(ブラック)の Windows起動 / シャットダウン時間計測を 5回ずつ実施しました。

<計測条件>

■Windows 起動
電源オン~デスクトップ画面表示までの時間

■シャットダウン時間
スタートメニュー[シャットダウン]クリック~電源オフまでの時間

<計測結果>

起動時間 シャットダウン時間
1 20.7秒 8.9秒
2 22.0秒 9.7秒
3 21.9秒 9.1秒
4 22.0秒 8.7秒
5 21.8秒 8.7秒

 

搭載ソフトウェア

『XPS 13 2-in-1』に標準搭載されているソフトウェアは、Windows標準のソフトのほか、Dell サポート関連ソフトなどがインストールされています。

スタートメニュー
Dell サポート関連ソフト

プリインストールされているソフトウェアは必要最低限といった印象です。

 

付属品

『XPS 13 2-in-1』は専用の化粧箱入っており、プレミアム感を高めてくれます。

もちろん、外箱として梱包箱があり、その中に化粧箱が収納されています

専用化粧箱の外観

専用化粧箱の中身

『XPS 13 2-in-1』の本体ほか同梱品一式です。

『XPS 13 2-in-1』本体セット

同梱品としては、電源アダプター、電源コード、USB-C – USB-Aアダプタ、ドキュメント類が同梱されています。

また、ドキュメント類としては、「クイックスタートガイド」「安全および認可機関に関する情報」が同梱されています。いずれもマルチ言語版です。

『XPS 13 2-in-1』ドキュメント一式

 

まとめ

『XPS 13 2-in-1』は、モバイルノートとして軽快に動作してくれる 2in1 ノートです。

グラフィック性能レベルとしてはモバイルノートなりの性能ですが、トータルバランスに優れ、全体的な使い勝手も好印象です。

使いやすい 2in1 ノートだけに、仕事からプライベートまでシーンに合わせたスタイルで自在に使えるのは大きなメリットです。

2in1 ノートを検討しているなら、チェックしておきたいモデルといえます。

ラインナップしているモデルや価格などの最新情報は、デル直販サイト「デルオンラインストア」でチェックしてみてください。

 


デル直販「デルオンラインストア」公式サイト
New XPS13 2-in-1 (9365)
 

 

 

LINEで送る
Pocket