LINEで送る
Pocket

東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」に、2017年春モデル『dynabook AZ25/C』がラインナップしています。

『dynabook AZ25/C』は基本性能が進化!

こんどのモデルでは、CPU に最新世代の Celeron プロセッサーを搭載。メモリも 高速データ転送の DDR4メモリを採用し、前モデルにくらべ、パフォーマンスのアップが期待できるモデルです。

ここでは、『dynabook AZ25/C』2017年春モデルの特徴をメモしておきます。

icon
icon

 

主要スペック&価格

『dynabook AZ25/C』2017年春モデルの主要スペック&価格です。

OS Windows 10 Home 64ビット(Anniversary Update 適用済)
CPU インテル Celeron プロセッサー 3865U
メモリ 4GB (4GB×1) / 最大 16GB、PC4-17000(DDR4-2133)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応、2スロット(空きスロット×1)
ストレージ 750GB(5,400rpm、Serial ATA対応)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
ディスプレイ 15.6型ワイド(16:9)HD TFTカラー Clear SuperView LED液晶(省電力LEDバックライト)1,366×768ドット
グラフィックス インテル HD グラフィックス 610(CPUに内蔵)
LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T(自動認識、Wake On LAN対応)
ワイヤレス IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth Ver4.1
Webカメラ 有効画素数 約92万画素、デュアルマイク内蔵
バッテリー駆動時間 約7.5時間 (JEITA測定法2.0)
本体サイズ(W×D×H) 約379.0×258.0×23.7 mm
本体質量 約2.4kg
本体カラー ■リュクスホワイト
■プレシャスブラック
■サテンゴールド
Office Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス(Office搭載モデルのみ)
価格(税抜) ■Office搭載モデル
通常価格:123,000円(税込:132,840 円)
会員価格: 91,800円(税込: 99,144円)
 
■Officeなしモデル
通常価格:109,000円(税込:117,720円)
会員価格: 71,800円(税込: 77,544円)

※価格は 2017年3月23日時点。
※配送料無料。

エントリーモデルらしいスペック構成の印象です。

エントリークラスのモデルとはいえ、DVDスーパーマルチドライブや 高速無線LAN、Bluetooth など、シッカリとした基本性能が搭載されています。

ちなみに、『dynabook AZ25/C』は、「dynabook AZ45/C」の廉価モデルともいえます。

AZ45/C の CPU には 最新世代の Core i3 や Core i5 を搭載しており、そこまでの性能レベルは必要ないユーザーさんには『dynabook AZ25/C』がちょうど良いスペック構成だと思います。

ただ、Celeron プロセッサーではパワー不足かな?とお考えのユーザーさんは、「dynabook AZ45/C」をチェックしてみるのもアリです。価格をくらべると、「dynabook AZ45/C」の Core i3 / 4GBメモリ / 750GB HDD 構成の場合、会員価格ベースで 10,000円~15,000円くらいの差があるようです。

なお、会員価格で購入するには、東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すればOKです。入会・年会費無料で登録できて、登録後スグに会員価格で購入することができます。

icon
icon

 

ここがおすすめ!

『dynabook AZ25/C』2017年春モデルのおすすめのポイントです。

基本性能が進化

『dynabook AZ25/C』には、最新世代の Celeron プロセッサーと、高速データ転送の DDR4メモリを搭載しています。

従来モデルから基本性能が進化しており、パフォーマンスのアップが期待できます。

こだわりのサウンド

『dynabook AZ25/C』には、こだわりのサウンドも搭載されています。

スピーカーには、低中音域から高音域まで音域の広さと力強いサウンドが楽しめるオンキヨー製ステレオスピーカーを搭載。

また、サウンドのチューニング機能として、今回のモデルからは、シアターの音響補正技術で世界的に評価の高いブランド「AUDYSSEY」のサウンドエンジンを採用。

音のバランス調整、重低音表現など、高度な音響補正技術によって、洗練された立体的サウンドが再生できるとか。

サウンドモードやエフェクト、イコライザー機能も搭載されているので、お好みのサウンドに調整することもできます。

また、「ハイレゾ音源」の再生も可能で、市販のハイレゾ対応外付けDACやハイレゾ対応ヘッドホンなどをつなげば、原音に近い、より高音質なサウンドが楽しめます。

豊富なソフトウェア

『dynabook AZ25/C』には、スマートフォン連携アプリや写真編集アプリ、動画編集アプリなど、楽しめるソフトウェアが豊富に搭載されています。

搭載されているソフトウェアの一例を挙げると・・・

■動画編集
動画編集には「CyberLink PowerDirector 14 for TOSHIBA」が搭載されています。

「CyberLink PowerDirector 14」は、テンプレートの中にビデオや写真をはめ込むだけで、本格的なムービーを制作できるほか、ビデオカメラやスマートフォンで撮影された2本の動画を簡単に1本のビデオに編集できるマルチカムデザイナーなど充実した機能を搭載しています。

また、動画編集関連ソフトとして「CyberLink Screen Recorder for TOSHIBA」も搭載されています。このソフト、デスクトップを録画することができるので画面操作方法の収録やゲームシーンの収録などでも使えそうです。

■静止画編集/管理
写真編集ソフトには「CyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBA」が搭載されており、直感的な操作で簡単に高度な画像編集が可能です。

また、上級者向けとして、一眼デジカメで撮影したRAWデータの編集や複数の画像を重ね合わせるレイヤー編集など高度な機能も充実しています。

■スマートフォン連携
スマートフォンと連携できるソフトウェア「sMedio TrueLink+ Phone」も搭載されています。

パソコンとスマートフォンをワイヤレスで簡単に接続でき、パソコンの大きな画面と使い慣れたキーボード・マウス操作で電話帳の編集や、スマートフォン上の写真、音楽、ビデオの閲覧・再生ができるほか、パソコン画面上に着信を表示させたり、パソコンからSMSのメッセージ送受信もできます。

■はがき作成
年賀状や暑中見舞いなどの作成に便利な「筆ぐるめ 24 for TOSHIBA」が搭載されています。

■TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+
ハイレゾ音源再生や、超解像技術(レゾリューションプラス)で、クリアで迫力のあるサウンドや、よりキレイな映像を楽しめます。

sMedio TrueLink+ は、Windows ストアから有料でダウンロードできるソフトですが、東芝サポートの対象ソフトです。設定や使い方で分からないことがあっても、気軽に電話で問い合わせることができます。

■ウイルスバスタークラウド 90日版
90日版ですが、期間内はウィルス対策ソフトとして使用できます。

そのほかにも、趣味や実用に使えるソフトウェアが豊富に搭載されています。

なお、搭載されているソフトウェアは、上位モデル「dynabook AZ65/C」や「dynabook AZ45/C」の DVDスーパーマルチドライブ搭載モデルと同等の内容です。

 

++++++++++

 

『dynabook AZ25/C』2017年春モデルは、エントリーモデルらしいスペック構成の 15.6型スタンダードノートPC です。

エントリーモデルながら、最新世代のインテル Celeron プロセッサーと 高速データ転送の DDR4メモリの搭載により、従来モデルから基本性能も進化しています。

進化した基本性能にくわえ、豊富なソフトウェアやハイレゾ音源も楽しめる機能も搭載されているなど、気軽に、いろいろ楽しめるエントリーモデルといえます。

詳細は、東芝ダイレクト公式サイトをチェックしてみてください。

 

東芝ダイレクト公式サイト
⇒ 『dynabook AZ25/C』2017年春モデル 製品詳細
icon
⇒ 『Room1048会員』 詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket