LINEで送る
Pocket

東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」に 2016年春モデル『dynabook AZ35』がラインナップしています。

こんどの『dynabook AZ35icon』は、最新OS Windows 10 に 最新CPU 第6世代インテル Core i5 プロセッサーを搭載。

第6世代インテル Core プロセッサー (開発コード名:Skylake) は、Windows 10 向けに最適化された CPU で、前モデルよりも高いパフォーマンスが期待できます。

さらに、スマホとの連携や写真・動画編集などソフトウェアの機能が強化されて、使いやすさがアップ、活用シーンもさらに広がったモデルです。

icon
icon

 

主要スペック&価格

『dynabook AZ35』2016春モデルの主要スペックです。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU 第6世代インテル Core i5-6200U プロセッサー
メモリ 標準 4GB(4GB×1)/ 最大 16GB、仕様 PC3L-12800(DDR3L-1600)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応、スロット数 2(空き 1)
ストレージ 500GB ハードディスク(5,400rpm、Serial ATA対応)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
ディスプレイ 15.6型ワイド(16:9) HD(1,366×768) TFTカラー Clear SuperView LED液晶
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520(CPUに内蔵)
ワイヤレス IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth Ver4.0
Webカメラ 有効画素数 約92万画素カメラ、デュアルマイク内蔵
バッテリー駆動時間 約5.5時間 (JEITA Ver2.0)
本体カラー リュクスホワイト / ブラック
本体サイズ(W×D×H) 約380.0×259.9×23.5 mm
本体質量 約2.3kg
Office Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスパッケージ(Office搭載モデルのみ)
価格(税抜) リュクスホワイト
■Office搭載モデル
通常価格:156,000円(税込:168,480円)
会員価格:83,000円(税込:89,640円)
■Officeなしモデル
通常価格:137,000円(税込:147,960円)
会員価格:66,000円(税込:71,280円)
 
ブラック
■Office搭載モデル
通常価格:154,000円(税込:166,320円)
会員価格:81,000円(税込:87,480円)
■Officeなしモデル
通常価格:135,000円(税込:145,800円)
会員価格:64,000円(税込:69,120円)

※価格は 2016年2月23日時点。配送料無料。

スタンダードノートとして定番ともいえるスペック構成です。

新モデルになって、CPU に第6世代インテル Core i5 プロセッサーを採用している点は高評価です。

本体カラーは、「リュクスホワイト」「ブラック」がラインナップされています。

「ブラック」が若干低めの価格設定になっていますが、その価格差は、LAN、外部ディスプレイ出力解像度、インターフェース(USBポート数)の違いによるものです。

これらを比較すると次のようになります。

本体カラー リュクスホワイト ブラック
LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T(自動認識) 100Base-TX/10Base-T(自動認識)
外部ディスプレイ 最大3,840×2,160ドット/30Hz(HDMI 4K)/1,677万色、HDCP対応 最大1,920×1,080ドット(1080P)/1,677万色、HDCP対応
インターフェース ヘッドセット/ヘッドホン端子×1、USB3.0×4、LAN(RJ45)×1、HDMI出力端子×1 ヘッドセット/ヘッドホン端子×1、USB3.0×1、USB2.0×2、LAN(RJ45)×1、HDMI出力端子×1

会員価格で購入するには、東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すればOKです。入会・年会費無料で登録できて、登録後スグに会員価格で購入することができます。

 

ここがおすすめ!

『dynabook AZ35』2016春モデルのおすすめのポイントです。

Windows 10 & 第6世代インテル Core 搭載

従来から搭載されていた 最新OS Windows 10 にくわえ、『dynabook AZ35』2016春モデルでは、最新CPU 第6世代インテル Core プロセッサーも搭載されています。

Windows 10 は、スタートメニューが復活、スタートメニューとスタート画面が融合したことで、とても使いやすく改善されています。また、新しいブラウザの「Edge(エッジ)」や「仮想デスクトップ」の搭載、グラフィック処理系のパフォーマンス・アップなど、新機能の搭載や性能の改善も図られています。

そして、第6世代インテル Core プロセッサー (開発コード名:Skylake) は、Windows 10 向けに最適化された CPU です。

Windows 10 と第6世代インテル Core プロセッサーの組み合わせで、より高いパフォーマンスが期待できます。

こだわりのサウンド

スピーカーには、オンキョー製ステレオスピーカーを搭載、アメリカ生まれのオーディオブランド「Skullcandy」(スカルキャンディ)による「DTS Sound」をチューニングで、ハイクオリティサウンドが楽しめます。

また、市販のハイレゾ対応外付けDACやハイレゾ対応ヘッドホンなどをつなげば、ハイレゾ音源を楽しむこともできます。

機能強化された搭載ソフトウェア

搭載ソフトウェアの機能強化によって、より快適に楽しめるようになったのが 2015年春モデルの特徴です。

この『dynabook AZ35』2016春モデルでは、とくに以下のソフトウェアが強化されています。

■動画編集

「Corel VideoStudioR X7 VE for TOSHIBA」から「CyberLink PowerDirector 14 for TOSHIBA」に搭載ソフトウェアが変更されています。

「CyberLink PowerDirector 14」は、テンプレートの中にビデオや写真をはめ込むだけで、本格的なムービーを制作できるほか、ビデオカメラやスマートフォンで撮影された2本の動画を簡単に1本のビデオに編集できるマルチカムデザイナーなど充実した機能を搭載しています。

また、動画編集関連ソフトでは「CyberLink ScreenRecorder for TOSHIBA」が追加されています。
このソフト、デスクトップを録画する機能が搭載されており、画面操作方法の収録やゲームシーンの収録などで使えそうです。

■静止画編集/管理

「Corel PaintShopR Pro for TOSHIBA」から「CyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBA」に搭載ソフトウェアが変更されています。

「CyberLink PhotoDirector 7」は簡単に直感的な操作で高度な画像編集ができるソフトです。また、一眼デジカメで撮影したRAWデータの編集や複数の画像を重ね合わせるレイヤー編集など高度な機能も充実しています。

■スマートフォン連携

「sMedio TrueLink+ Phone」があらたに追加されました。

このソフト、スマートフォンと連携できるソフトウェアです。
パソコンとスマートフォンをワイヤレスで簡単に接続でき、パソコンの大きな画面と使い慣れたキーボード・マウス操作で電話帳の編集や、スマートフォン上の写真、音楽、ビデオの閲覧・再生ができるほか、パソコン画面上に着信を表示させたり、パソコンからSMSのメッセージ送受信もできます。

■はがき作成

「筆ぐるめ 22 for TOSHIBA」から「筆ぐるめ 23 for TOSHIBA」にバージョンアップしています。

 

上記の機能強化されたソフトウェアのほかにも・・・

□TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+
ハイレゾ音源再生や、超解像技術(レゾリューションプラス)で、クリアで迫力のあるサウンドや、よりキレイな映像を楽しめます。

□ウイルスバスタークラウド 90日版
90日版ですが、期間内はウィルス対策ソフトとして使用できます。

そのほかにも、趣味や実用に使えるソフトウェアが豊富に搭載されています。

 

++++++++++

 

『dynabook AZ35』は、Windows 10 & 第6世代インテル Core i5 を搭載し、価格的にみても会員価格なら 6万円台(税抜)~と、コストパフォーマンスに優れた 15.6型スタンダードノートPCです。

スマホとの連携や写真・動画編集などソフトウェア機能の強化により、さらに使いやすくなったモデルといえます。

詳細は、東芝ダイレクト公式サイトをチェックしてみてください。

 

東芝ダイレクト公式サイト
⇒ 『dynabook AZ35』 製品詳細
icon
⇒ 『Room1048会員』 詳細
icon

⇒ 『dynabook AZ35』 2015年秋冬モデルはこちら
icon

 

LINEで送る
Pocket