LINEで送る
Pocket

東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」にラインナップしている『dynabook AZ35/V』、最新の第6世代インテル Core i5 プロセッサーを搭載し、スマートフォンで撮影した写真や動画もかんたんに取り込んで編集もできる、15.6型サイズのスタンダードノートです。

スマホ連携や写真・動画の編集もできる、気軽に使えるモデルです。

『dynabook AZ35/V』の特徴をメモしておきます。

icon
icon

 

主要スペック&価格

『dynabook AZ35/V』2016年夏モデルには、本体カラー「リュクスホワイト」と「ブラック」がラインナップしています。

カラーによりスペックの一部に違いがあるのでチェックが必要です。(価格も違います)

『dynabook AZ35/V』の主要スペックと価格は以下のようになります。

本体カラー リュクスホワイト / ブラック
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU 第6世代インテル Core i5-6200U プロセッサー
メモリ 標準 4GB(4GB×1)/ 最大 16GB、仕様 PC3L-12800(DDR3L-1600)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応、スロット数 2(空き 1)
ストレージ 500GB ハードディスク(5,400rpm、Serial ATA対応)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
ディスプレイ 15.6型ワイド(16:9)HD TFTカラー Clear SuperView LED液晶(省電力LEDバックライト)1,366×768ドット
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520(CPUに内蔵)
LAN ■リュクスホワイト
1000Base-T/100Base-TX/10Base-T(自動認識)
■ブラック
100Base-TX/10Base-T(自動認識)
ワイヤレス IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth Ver4.0
Webカメラ 有効画素数 約92万画素カメラ、デュアルマイク内蔵
バッテリー駆動時間 約5.5時間 (JEITA Ver2.0)
外部ディスプレイ(HDMI接続) ■リュクスホワイト
最大3,840×2,160ドット/30Hz(HDMI 4K)/1,677万色、HDCP対応
■ブラック
最大1,920×1,080ドット(1080P)/1,677万色、HDCP対応
インターフェース ■リュクスホワイト
ヘッドセット/ヘッドホン端子×1、USB3.0×4、LAN(RJ45)×1、HDMI出力端子×1
■ブラック
ヘッドセット/ヘッドホン端子×1)、USB3.0×1、USB2.0×2、LAN(RJ45)×1、HDMI出力端子×1
本体サイズ(W×D×H) 約380.0×259.9×23.5 mm
本体質量 約2.3kg
Office Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスパッケージ(Office搭載モデルのみ)
価格(税抜) リュクスホワイト
■Office搭載モデル
通常価格:156,000円(税込:168,480円)
会員価格: 82,000円(税込: 88,560円)
■Officeなしモデル
通常価格:137,000円(税込:147,960円)
会員価格: 65,000円(税込: 70,200円)
 
ブラック
■Office搭載モデル
通常価格:154,000円(税込:166,320円)
会員価格: 80,000円(税込: 86,400円)
■Officeなしモデル
通常価格:135,000円(税込:145,800円)
会員価格: 63,000円(税込: 68,040円)

※価格は 2016年6月9日時点。配送料無料。

全体的なスペック構成は、スタンダードノートらしい内容です。

カラーによるスペックの違いは、LAN(LANケーブル接続時)、HDMI 外部ディスプレイ出力、インターフェースです。

いずれもリュクスホワイトのほうがスペック的には上になっています。

スペックの違いのなかで影響が大きいのは、個人的には「LAN」。

ひかり回線のインターネット環境なら、パソコンにLANケーブルをつないだときに、その影響は顕著になると思います。

価格的にも会員価格なら約2千円なので、リュクスホワイトを選択したいところです。

なお、会員価格で購入するには、東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すればOKです。入会・年会費無料で登録できて、登録後スグに会員価格で購入することができます。

 

ここがおすすめ!

『dynabook AZ35/V』のおすすめのポイントです。

Windows 10 & 第6世代インテル Core 搭載

『dynabook AZ35/V』には、最新OS Windows 10 と 最新CPU 第6世代インテル Core i5 プロセッサーが搭載されています。

Windows 10 は、スタートメニューが復活、スタートメニューとスタート画面が融合したことで、とても使いやすく改善されており、新しいブラウザの「Edge(エッジ)」や「仮想デスクトップ」の搭載、グラフィック処理系のパフォーマンス・アップなど、新機能の搭載や性能の改善も図られています。

また、第6世代インテル Core プロセッサー (開発コード名:Skylake) は、Windows 10 向けに最適化された CPU です。

Windows 10 と第6世代インテル Core プロセッサーの組み合わせで、より高いパフォーマンスが期待できます。

スマートフォンとの連携もできる

『dynabook AZ35/V』には、スマートフォン連携「sMedio TrueLink+ Phone」があらかじめ搭載されています。

パソコンとスマートフォンをワイヤレスで簡単に接続でき、パソコンの大きな画面と使い慣れたキーボード・マウス操作で電話帳の編集や、スマートフォン上の写真、音楽、ビデオの閲覧・再生ができるほか、パソコン画面上に着信を表示させたり、パソコンからSMSのメッセージ送受信もできます。

sMedio TrueLink+ Phone は、Windows ストアからも無料でダウンロードできるソフトですが、『dynabook AZ35/V』に搭載されている sMedio TrueLink+ Phone は東芝サポートの対象ソフトです。

設定や使い方で分からないことがあっても、気軽に電話で問い合わせることができます。

写真や動画の編集もできる

『dynabook AZ35/V』には、「CyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBA」も搭載されています。

CyberLink PhotoDirector 7 は簡単に直感的な操作で高度な画像編集ができるソフトです。

また、一眼デジカメで撮影したRAWデータの編集や複数の画像を重ね合わせるレイヤー編集など高度な機能も充実しています。

 

++++++++++

 

『dynabook AZ35/V』は、スマホ連携や写真・動画の編集もできる、気軽に使えるスタンダードノートです。

価格的にも、会員価格で 6万円台(税抜)~と、コストパフォーマンスにも優れたモデルです。

詳細は、東芝ダイレクト公式サイトをチェックしてみてください。

 

東芝ダイレクト公式サイト
⇒ 『dynabook AZ35/V』 製品詳細
icon
⇒ 『Room1048会員』 詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket