LINEで送る
Pocket

東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」にラインナップしている『dynabook AZ47icon』、最新OS Windows 10 & 第5世代インテル Core i5プロセッサー搭載の 17.3型大画面ノートが 会員価格 8万円台(税抜)からの価格で販売中です。

会員価格で購入するには、東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すればOKです。
入会・年会費無料で登録できて、登録後スグに会員価格で購入することができます。

icon
icon

 

主要スペック&価格

『dynabook AZ47』の主要スペックです。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU ■第5世代インテル Core i5-5200U プロセッサー
または
■第6世代インテル Core i5-6200U プロセッサー
メモリ 標準 8GB(8GB×1) / 最大 16GB、仕様 PC3L-12800(DDR3L-1600)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応
ストレージ 1TBハイブリッドドライブ(HDD 5,400rpm、Serial ATA対応)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
ディスプレイ 17.3型ワイド(16:9) HD+(1600×900) Clear SuperView LED液晶
グラフィックス ■インテル HD グラフィックス 5500(CPUに内蔵)
または
■インテル HD グラフィックス520(CPUに内蔵)
ワイヤレス IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth Ver4.0
Webカメラ 有効画素数 約92万画素、デュアルマイク内蔵
バッテリー駆動時間 約4.0時間 (JEITAバッテリ動作時間測定法 Ver2.0))
本体サイズ(W×D×H) 約412.7×279.4×26.5 mm
本体質量 約2.9kg
Office Microsoft Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス パッケージ (Office搭載モデルのみ)
価格(税抜) 第5世代インテル Core i5 搭載モデル
■Officeあり
通常価格:186,000円(税込:200,880円)
会員価格:99,500円(税込:107,460円)
■Officeなし
通常価格:167,000円(税込:180,360円)
会員価格:84,000円(税込:90,720円)
 
第6世代インテル Core i5 搭載モデル
■Officeあり
通常価格:191,000円(税込:206,280円)
会員価格:104,500円(税込:112,860円)
■Officeなし
通常価格:172,000円(税込:185,760円)
会員価格:87,500円(税込:94,500円)

*価格は 2015年11月17日時点。
*送料は東芝ダイレクト負担。(送料無料です!)

17.3型の大画面ノートが、会員価格ベースで税抜8万円台から購入できるのは魅力です。
CPU、メモリ、ストレージの基本スペックをみても、快適に動作する内容です。

ただ、画面解像度が HD+(1600×900)であることはチェックが必要です。

フルHD(1920×1080)の高精細さには及ばないものの、HD+の画素数は、フルHD以外の 15.6インチノートPCの液晶に多く採用されている解像度 HD(1366×768) の 約1.5倍の画素数があります。

画素数が大きいほど、精細でキメの細かい描画が可能です。

フルHD搭載モデルは『dynabook AZ67』をご覧ください。

≪関連記事≫
東芝2015秋冬モデル『dynabook AZ67』Windows10&第6世代Core i7搭載の 17インチ大画面ノート!

 

おすすめのポイント

『dynabook AZ47』のおすすめのポイントです。

優れたコストパフォーマンス

CPU、メモリ、ストレージの基本スペックが高く、会員価格で 8万円台からの価格設定は魅力です。
オフィスソフト搭載モデルを選択しても 税込10.5万円はお買い得ですね。

とくに、東芝のパソコンはプリインストールしているソフトウェア(アプリ)も豊富です。

その一例を見てみると・・・

◆Corel VideoStudio X7 VE for TOSHIBA
動画の編集が楽しめます。

◆Corel PaintShop Pro for TOSHIBA
写真の編集が楽しめます。

◆筆ぐるめ 22 for TOSHIBA
年賀状などこだわりのハガキ作成が楽しめます。

◆TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+
ハイレゾ音源再生や、超解像技術(レゾリューションプラス)で、クリアで迫力のあるサウンドや、よりキレイな映像を楽しめます。

◆CyberLink PowerDVD for TOSHIBA
17.3型の大画面で DVDの映画を楽しめます。

◆ウイルスバスタークラウド 90日版
90日間の体験版ですが、期間内はウィルス対策ソフトとして使用できます。体験期間終了後は、正式に購入するか、あるいはお気に入りのウィルス対策ソフト入れ替えることもできます。

ほかにも趣味や実用に利用できるソフトウェアが数多く搭載されています。

趣味や実用に役立つソフトウェアが入っていれば、届いたその日からパソコンを楽しむことができます。

迫力のDTSサウンド

『dynabook AZ47』には、オンキヨー製ステレオスピーカーが内蔵されています。

そのスピーカーから奏でるサウンドは、Skullcandy(スカルキャンディー)が DTS Sound(Digital Theater Systems)の設定を最適にチューニング。

質の高い迫力のあるサウンドが楽しめます。

また、ヘッドホン端子から出力されるサウンドも Skullcandy がチューニングしているので、ヘッドホンでも上質なサウンドを楽しむことができます。

Windows 10 搭載

Windows 10 は、スタートメニューが復活、スタートメニューとスタート画面が融合したことで、とても使いやすく改善されています。

新しいブラウザの「Edge(エッジ)」や「仮想デスクトップ」の搭載、グラフィック処理系のパフォーマンス・アップなど、新機能の搭載や性能の改善も図られています。

とくに、第6世代インテル Core i5搭載モデルは、Windows 10 と第6世代インテル Core プロセッサーの組み合わせで、より高いパフォーマンスが期待できます。

第6世代インテル Core プロセッサー (開発コード名:Skylake) は、Windows 10 向けに最適化された CPU で、インテルの公式サイトによると、第6世代 Core プロセッサーは、5年前の PC との比較で、約2.5倍のパフォーマンスと 約3倍のバッテリー駆動時間を達成しているそうです。

豊富な機能

スマートフォンなどで撮影した写真や動画などをワイヤレスで『dynabook AZ47』に取り込んだり、レグザブルーレイやレグザサーバーで録画したTV番組を『dynabook AZ47』で観ることができたり、ほかのデバイスとの連携が楽しめます。

パソコンとほかのデバイスを連携させれば、パソコンの楽しみが広がります。

また、『dynabook AZ47』のワイヤレス機能は、高速無線LANにも対応しています。
IEEE802.11ac の無線LAN環境であれば、従来の無線LAN規格「IEEE802.11n」の 約 1.4倍の通信速度、理論値ベースで433Mbpsの高速なデータ転送速度でインターネットを快適に楽しめます。

 

++++++++++

 

『dynabook AZ47』、高い基本スペックと、豊富な機能や役立つソフトが搭載された大画面ノートです。
大画面ノートなので表示される文字も大きく見やすいです。

大画面ノートをお探しのユーザーさんは、ぜひチェックしてみてください。

 

東芝ダイレクト公式サイト
⇒ 『dynabook AZ47』 製品詳細
icon
⇒ 『Room1048会員』 詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket