LINEで送る
Pocket

東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」にラインナップしている 2016年春モデル『dynabook RZ73/U』、 Windows 7 Professional を搭載した 13.3型モバイルノートです。

dynabook RZ73/Uicon』は、Windows 10 Pro のライセンスを保有し、そのダウングレード権を行使して Windows 7 Professional がプリインストールされたモデル。

OSのライセンスとしては Windows 10 Pro を保有しているので、いつでも Windows 10 の環境へアップグレードすることができます。

スペック的にも、CPUに 第6世代インテル Core i5 プロセッサー、4GB メモリ、1TBハイブリッドHDD を搭載しているので、モバイルノートとして、十分なパフォーマンスが期待できるモデルです。

いまは使いなれている Windows 7 環境で、将来的には Windows 10 の環境で使いたいユーザーさんにおススメのモバイルノートです。

icon
icon

 

主要スペック&価格

『dynabook RZ73/U』2016春モデルの主要スペックです。

OS Windows 7 Professional 32ビット (Service Pack 1 適用済み)
または
Windows 7 Professional 64ビット(Service Pack 1 適用済み)
※ライセンスOS:Windows 10 Pro 64 ビット
CPU 第6世代インテル Core i5-6200U プロセッサー
メモリ 標準 4GB(4GB×1)/ 最大 16GB、PC3L-12800(DDR3L-1600)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応、2スロット(空きスロット×1)
ストレージ 1TBハイブリッドドライブ(HDD〈5,400rpm、Serial ATA対応〉+NAND型フラッシュメモリ
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
ディスプレイ 13.3型ワイド(16:9)FHD 軽量・高輝度・広視野角TFTカラーLED液晶(ノングレア)(省電力LEDバックライト)1,920×1,080ドット
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520(CPUに内蔵)
ワイヤレス IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth Ver2.1+EDR
※Windows 7 環境の場合、Bluetooth Version1.1、1.2、2.0、2.0+EDR、2.1、2.1+EDR対応機器との通信が可能です。また、Windows 10をインストールして使う場合には、Bluetooth Version 1.1、1.2、2.0、2.0+EDR、2.1、2.1+EDR、3.0、4.0、4.1対応機器との通信が可能になります。
Webカメラ 有効画素数 約92万画素カメラ、マイク内蔵
バッテリー駆動時間 約10時間 (JEITAバッテリ動作時間測定法Ver2.0)
本体サイズ(W×D×H) 約316.0×229.0×17.2~21.4 mm
本体質量 約1.41kg
Office Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスパッケージ(Office搭載モデルのみ)
価格(税抜) ■Office搭載モデル
通常価格:180,000円(税込:194,400円)
会員価格:126,000円(税込:136,080円)
■Officeなしモデル
通常価格:161,000円(税込:173,880円)
会員価格:109,000円(税込:117,720円)

※価格は 2016年4月6日時点。配送料無料。

インストールされている Windows 7 Professional は、32ビット版になります。

Windows 7 Professional 64 ビットを使用する際には HDDリカバリーが必要になりますが、もし分からないことがあっても「東芝PCあんしんサポート」へ電話で問い合わせれば手順などをサポートしてもらえます。電話はもちろんフリーダイヤルです。

実際に「東芝PCあんしんサポート」へ電話して聞いてみたところ、電話でもしっかりサポートするとのことでした。

なお、会員価格で購入するには、東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すればOKです。入会・年会費無料で登録できて、登録後スグに会員価格で購入することができます。

ところで、『dynabook RZ73/U』の姉妹モデルには、「dynabook RZ83/U」「dynabook RZ63/U」がラインナップしていますが、これらモデルとの違いは次のようになります。

■「dynabook RZ83/U」との違い

CPU 第6世代インテル Core i7-6500U プロセッサー
メモリ容量 8GB(メモリ仕様は同じ)

■「dynabook RZ63/U」との違い
「dynabook RZ63/U」は、CPU / メモリ / SSD の組み合わせにより、3つの機種がラインナップしています。
 Core i7 / 8GBメモリ / 512GB SSD
 Core i7 / 8GBメモリ / 256GB SSD
 Core i5 / 4GBメモリ / 128GB SSD

CPU 2種類の CPU 搭載モデルがラインナップ
・第6世代インテル Core i7-6500U プロセッサー
・第6世代インテル Core i5-6200U プロセッサー
メモリ容量 2種類の メモリ容量のモデルがラインナップ
・8GB
・4GB
※メモリ仕様は同じ
ストレージ 3種類の ストレージのモデルがラインナップ
・512GB SSD
・256GB SSD
・128GB SSD
ディスプレイ解像度 2種類の ディスプレイ解像度がラインナップ
・フルHD(1,920×1,080ドット)
・HD(1,366×768ドット)
※いずれも 13.3型ワイド(16:9) 軽量・高輝度 TFT カラー LED液晶で、フルHDは Core i7 搭載モデルに採用されています。

『dynabook RZ73/U』は「dynabook RZ83/U」の廉価モデルという位置づけですが、スペック構成からも、モバイルノートとして十分なパフォーマンスが期待できるモデルです。

 

ここがおすすめ!

『dynabook RZ73/U』2016春モデルのおすすめのポイントです。

いまは Windows7 環境、将来は Windows10環境でも使える

このモデルのいちばんのポイントは、「いまは Windows7 環境、将来は Windows10環境でも使える」です。

通常、Windows 7 から Windows 10への無料アップグレードの期間は、今年 2016年 7月までです。

ですが、このモデルは Windows 10 Pro からのダウングレード権を行使して Windows 7 Professional をインストールしているモデルです。

7月を過ぎても Windows 10 へいつでも無料でアップグレードすることができます。

いまは、使いなれている Windows 7 環境で、将来的には Windows 10 の環境で使いたいユーザーさんにはおススメのモバイルノートです。

第6世代インテル Core 搭載

CPUには、最新の第6世代インテル Core プロセッサー(開発コード名:Skylake) を搭載しています。

このプロセッサーは、Windows 10 向けに最適化された CPU なので、将来 Windows 10 にアップグレードしても、Windows 10 と第6世代インテル Core プロセッサーの組み合わせで、より高いパフォーマンスが期待できます。

 

++++++++++

 

『dynabook RZ73/U』2016年春モデル、いまは使いなれている Windows 7 環境で、将来的には Windows 10 の環境で使いたいユーザーさんにおススメのモバイルノートです。

スペック構成からも、モバイルノートとして十分なパフォーマンスが期待できる内容で、長いあいだ愛用できるモデルといえます。

詳細は、東芝ダイレクト公式サイトをチェックしてみてください。

 

東芝ダイレクト公式サイト
⇒ 『dynabook RZ73/U』 製品詳細
icon
⇒ 『Room1048会員』 詳細
icon

 

LINEで送る
Pocket